欧州を襲う新型コロナ第二波の現状と日本

コロナ第二波に襲われる欧州の学校国際社会

一向に収まる気配のない新型コロナウィルスによるパンデミック。今年の3月に発生源の中国から本格的に世界へ広がり出して、早や7ヶ月が経ってしまいました。この間、片麻痺で介助無しでは外出も出来ない自分は、ずっと家の中にいます。

マスコミからは最近では、「アフターコロナ社会が来るのはまだまだ数年先!」といった専門家の声も聞こえてきています。一方で、日本政府は「経済を動かすための急場しのぎ各種施策」を8月以降急ピッチで始めました。

2020年10月15日現在で、世界全体の新型コロナの感染者数は累積で約3,850万人死亡者数も109万人を超えました。自分は日本政府のいったいこの先、日本や世界がどうなってしまうのかは誰にもわかりません。
そこで今回は、今年の2月から現在までの世界のコロナ感染状況についてまとめてみました。

スポンサーリンク

客観的に見た現在の世界のコロナ感染状況は?

まず初めに、これまでに世界全体で1日の新規感染者数と累積死亡者数がどうなってきたかを見てみました。なお、データの出典は米国のジョンズ・ホプキンス大学です。

下のグラフは、世界全体の1日のコロナ新規感染者数の推移を表しています。
世界的に見ると、新規感染者数は3月初旬から急激に増加し始めていますが、これはイタリアをはじめヨーロッパ全土で感染が広がりはじめたためです。世界保健機関(WHO)も、3月11日には今回の新型コロナウイルスのパンデミック」を宣言を発表しました。その後、4月中旬から5月中旬ぐらいは新規感染者数は10万人弱/日で高止まりしていましが、6月になると米国やブラジルなどアメリカ大陸で急増したはじめ、8月になると遂に1日の新規感染者数は30万人を超えてしまいました。直近では6,7月に比べてやや増加スピードは衰えたものの、それでも35万人を超えてまだ増え続けているのが現状です。

コロナ感染者数推移-世界

一方、新型コロナ感染による世界全体での毎日の死亡者数は、下のグラフのようになっています。
これを見ると、新型コロナ感染死亡者数の推移と前述の新規感染者数の推移とはだいぶ異なっているのがわかります。死亡者数は新規感染者数と同じように3月初旬から急激に増えだし、4月の中旬に1日8,000人強で一度ピークをむかえ、その後は6月上旬まではピーク時の半分ぐらいまで徐々に減少しています。これは先進国が多いヨーロッパで新型コロナに対する医療体制の立て直しが進んできたためだと言われています。
しかしながら、米国で新規感染者が急増した6月になると再び死亡者数も増加傾向に戻ります。ところが死亡者数は新規感染者数とは異なり、8月以降は1日平均5~6,000人前後で横ばい状態が続いています。なお、時々数字が飛び跳ねているのは、7月以降にアフリカなどの発展途上国にまで感染が拡大し始め、デイリーの数字が把握できなくまとめていっぺん報告するに国が増えたためです。

それにしても、夏以降なぜ世界全体の死亡者数は横止まったのでしょうか・・・。
一説によると、発展途上国の多くでは新型コロナに感染し発病しても病院にすら行くことができない人々が大勢いて、自宅でそのまま死んでしまい、新型コロナ感染者そのものにもカウントされていないからだそうです。なんとなく、納得できてしまうのが怖いですね。

コロナ累積感染死亡者数-世界

地域別に見た世界のコロナ感染状況推移は?

下のグラフは、地域別に見た新型コロナの新規感染者数(7日移動平均)の推移です。(データ出典:日経新聞)

地域別に見たコロナ累積感染者数推移

 

これを見ますと、一目瞭然で今は欧州が危険な状況に直面しているのがわかります。
下のグラフは、個別の欧州主要国における新規感染者数推移です。

コロナ累積感染者数-英国

 イギリス

コロナ累積感染者数-フランス

 フランス

コロナ累積感染者数-スペイン

 スペイン

コロナ累積感染者数-ドイツ

 ドイツ

ご覧のように、欧州各国では春の感染拡大第一波を超える第二波に襲われている真っ最中です。このように欧州で感染が増えている理由は、各国が7月以降夏のバカンス時期合わせ経済再開のアクセルを踏んだことが一因と言われています。現在はイギリスやフランスなど各国はこの第二波を抑え込む為に追加規制を打ち出し始めています。まさに、日本政府のやっていることの正反対です。

参考までに、日本の新規感染者数推移の現状もご紹介します。

コロナ累積感染者数-日本

 日本

日本では、春の感染拡大第一波こそ緊急事態宣言発令で押さえ込みましたが、その後の7月から始まった第二波は政府が中途半端な対応をしたため、未だに抑え込めていないのが現状と言えると思います。
世界がこんな状況なのに、今日本の政府はGoToキャンペーンの急速な拡大海外からの来日拡大政策を推し進め始めました。
本当に、世界情勢を無視したこんなガラパゴス政策を推し進めて、日本は大丈夫なのでしょうか?
皆さんは、どう思いますか?

コロナのようなウイルス感染症で過去100年で大流行したものは?
今世界中が対応に苦しんでいる中国武漢から広がった新型コロナウイルスによる感染症ですが、3月頃から感染は世界中に拡大し、今では全世界での累積感染者数は1,600万人を超え、死者は60...
ウィルスと細菌の違いは?インフルエンザと普通の風邪の違いは?
しばしば混同して理解されることも多いウイルスと細菌。ところで、この2つの違いをご存知ですか? 自分は知らなかったので今一度両者の違いを調べてみました。なお、この記事の情報源は厚生...
30年後の2050年には日本と世界はどうなっているのだろうか?
以前、平成の30年間がどんな時代だったのかを振り返りましたが、今回は逆に「30年後の2050年には日本と世界はどうなっているのだろうか?」を様々な機関の未来予測をもとに考えてみまし...
人口ピラミッドから見た世界と日本の将来
国連の予測では、世界の人口は現在の70億人から、2030年までに約85億人、2050年までには100億人突破、2100年ごろには約112億人にまで爆発的に増加し続けるようです。 そこで今回は、世界の人口ピラミッドや様々な地域と国を人口ピラミッドを見てみた。
平成30年間の主な出来事とその中で確実に進んでいた日本の凋落
1989年1月7日に昭和天皇が崩御され、幕を開けた平成も昨年の4月で幕を閉じました。 その平成の30年の間には世界中でいろいろなことがありましたが、自分は未だ頭の中でごちゃごちゃ...
タイトルとURLをコピーしました