Go To Travel で近くのホテルに泊まり、Go To Eatで食事をしました!

スーパーホテル東京・JR蒲田西口レジャー・観光

マスコミがさんざん騒いでいる今年の7月後半にスタートした「Go To Travel キャンペーン」ですが、皆さんはもう利用しましたか?
自分は対象から外されていた東京都民だったのと身体が不自由ということで、つい最近までまったく関心がありませんでした。しかし、10月に入って都民も対象になったり都民限定の都民割もっとTokyo」や「Go To Eat キャンペーン」も始まったので、自分もネットで色々調べて、ついに先日これらのキャンペーンを利用してみました。

そこで今回は、そのレビューをご紹介します。

スポンサーリンク

都民割の利用はまだまだ非現実的!

まず始めに、自分が「どのように考え実際に予約していったのか?」をご説明します。
片マヒで車椅子を利用している自分が、旅行することはなかなか至難の業です。そこで、今回は以下の条件でホテルを探しました。

  1. 手摺り付き大浴場とシングルルームがあるホテル
    ~今年になってから1度も湯船に浸かったことがなったので、絶対に大浴場に入りたかった。
  2. 自宅から介護タクシー(片道5,000円以内)で行ける範囲のホテル
    ~事前予約で自宅の玄関まで迎えに来てくれ、かつ車椅子に乗ったままで乗車出来る介護タクシーを利用。
  3. Go To Travelと都民割が使えるホテル

結果的に、この3つの条件を満たすホテルは以下の5ホテルしかありませんでした。

  1. スーパーホテルJR蒲田西口
  2. ホテルルートイン東京蒲田 -あやめ橋
  3. アパホテル大森駅前
  4. 京急 EXイン羽田
  5. アワーズイン阪急

暇に任せて色々比較検討したのですが、最終的に1のスーパーホテルJR蒲田西口に決めました。最後まで5のアワーズイン阪急と迷いましたが、ホテル独自の食事券付きプランが決め手となりました。また、どのホテルも東京都の資料では「都民割対応ホテル」の一覧に載っているのですが、残念ながら実際には対応プランは一つもありませんでした。単なる「客寄せパンダ」と非難されても仕方がないと思います。

十二分に満足出来たプランでした!

スーパーホテルJR蒲田西口で実際に利用したプランは、「★GoTo★朝食・夕食券付大人気の提携飲食店コラボ5000円分お食事券セット」です。その具体的な内容は・・・、

・1泊朝食付
~部屋はビジネスホテルの割にはゆったり!
~TVは東芝製壁掛け大型液晶、無料wifi完備
~朝食は和洋中バイキング
高濃度炭酸泉の大浴場
・近所にある提携飲食店で使える5000円分お食事券付

上記のようなプランで料金は¥10,000ですが、Go To Travel利用で35%引きで実際にチェックイン時に支払った金額は¥6,500でした。さらに、チェックイン時に・・・、

地域共通クーポン¥2,000分
食事券¥5,000分
全国のスーパーホテルで次回から使えるポイント¥500分

¥7,500分が還元されるのです。なお、地域共通クーポンは東京や隣接県のコンビニで使えるので無理矢理お土産など買う必要はありません。

最後に実際、自分がどのように過ごしたか、感想を交えながらご紹介します。

■14:45 自宅発
※玄関から車椅子に乗ったまま車でホテルへ。非常に楽でした。
■15:00 ホテル着→チェックイン
※ホテルの公式HPから予約してあったので、フロントで車椅子に乗ったまま身分証明書提示→体温測定→地域共通クーポンと食事券受け取り→ものの1~2分でチェックインを終える。その後、車椅子のまま部屋へ入り、しばらく寛ぐ。
■16:00 大浴場で約2時間ほどゆっくり入浴
※お風呂は温めの炭酸泉だったので、麻痺側の手足をマッサージしながら長時間浸かる。炭酸泉自体は炭酸濃度が低いためか、ほとんど汗も出ずイマイチ!また、洗い場のイスも低い木製のものしかなく、自分のような足腰の不自由な人にとっては最悪。ただ、平日の昼間だったのでガラガラでまあまあ快適でした。
なお健常者には関係ないと思いますが、ここの脱衣室にはイスが全く無く、立ったまま着替えることが出来ない自分は非常に困りました。(最終的には誰もいなかったので床に寝っ転がりながら着替えました。)


■19:00 フロントで一緒に食事をする娘&息子と合流し、食事へ
※提携先の店は5つあったが、事前に「Go To Eat キャンペーン」で予約してあったホテルから20mほどのところにある山水苑(焼肉店)に向う。このお店はこじんまりしていますが、牛角や牛繁などのチェーン店とは違い座席はゆったりとしていて十分寛げました。また、味の方も非常に美味しく、3人とも「チェーン店とは違うなぁ!」大満足でした。お代は¥12,000でうち¥5,000はホテルで貰った食事券で、残りは現金で支払いました。ただ、「Go To Eat キャンペーン」一人当たり¥1,000、計¥3,000分のホットペッパーのポイントが還元される(1週間後)ので実質¥4,000(翌日コンビニで使った¥2,000分の地域共通クーポンのことを考えると実質¥2,000)で3人で美味しい焼肉をお腹いっぱい食べたことになります。

山水苑 蒲田

■21:30 ホテルに戻る
※子供たちと別れ、部屋に戻り缶ビールを飲みながらTVを12時ぐらいまで楽しみ就寝。この部屋のTVは、東芝の4K対応壁掛けTVで65インチもあり、非常に綺麗で驚きました。(家のTVは安物の32インチなので買換えたくなりました)

自分は朝食は食べれないので、翌日は10:00にチェックアウトし、車で近くのコンビニに寄り地域共通クーポンを使って買物をして帰宅しました。

今回の旅行?を総括すると、実質¥6,500+¥2,000=¥8,500の出費温泉と夕食が楽しめたので、非常に満足しています。まあ、ホテルの方は全館禁煙で喫煙室すらなく喫煙者の自分にとっては今一つでしたが、それを補っても余りあるほど夕食の方は大満足でした。

また、近いうちに自分に合った旅行プランを探して「Go To Trave」 と「Go To Eat」を利用したいと思います。

東急沿線で紅葉を楽しめる場所お薦め7選
今回は、自分が長年暮らしている「東急沿線」で手軽に紅葉が楽しめるスポットをご紹介します。どのスポットも車がなくても東急の駅から徒歩で行ける場所で、どれもお薦めなのですが我が家から近い順にご紹介していきます。
大田・品川・目黒区にある駅徒歩3分の天然温泉銭湯 お薦め7選
東京の銭湯宝島ともいわれる目黒区・品川区・大田区の“駅徒歩3分(約200m)以内の銭湯”の中でお薦めの7銭湯をリストアップしてみました。 みなさんも、様々な街探索がてらに「立ち寄り湯」を楽しんでみてはいかがですか?
「駐車場」がある温泉銭湯リスト(東京23区)
今回は、東京23区内で“天然温泉”かつ“3台以上の駐車場”のある銭湯をピックアップしてみました。 湯上がりの一杯や街歩きを楽しむことはできませんが、やっぱり車は便利。自分も脳卒中で倒れる前は、車専門でした。
炭酸泉のある銭湯リスト~東京23区編
「日本の温泉法では、お湯1Lに炭酸ガスが0.25g以上溶けたものが、“炭酸泉”と定義され、その中でも、1g以上のものを“高濃度炭酸泉”」と呼ぶそうです。 ちなみに、飲料の炭酸濃度は「1Lあたり3-4g」だそうで、高濃度炭酸泉の3-4倍あるそうです。
大田区の池上本門寺界隈のお薦め散歩コースと人気のお店
皆さんは、「池上本門寺」というお寺をご存じでしょうか? この池上本門寺は、1282年10月13日に日蓮上人が入滅された霊跡で、日蓮宗の大本山です。毎年10月11日~13日はお会式...
タイトルとURLをコピーしました