仮想通貨取引にチャレンジしてみました ~レビュー

仮想通貨取引経済
今年になり2人の子供も家を離れたため、30年ぶりの一人暮らし。毎日毎日、朝から晩まで何もやることがない退屈な日々!
最近あまりにも暇なので、暇つぶし代わりにここ1年ほどで金融商品としてだいぶ世界的にも市民権を得てきた「仮想通貨取引」を始めてみました。まあ、あくまでも余裕資金を使った趣味の範囲内ですが・・・。
スポンサーリンク

取引開始まで1-2時間ほどで可能な仮想通貨取引!

実際に取引を開始する前に自分がやったことは、以下の通りです。
  1. 「仮想通貨」そのものへの理解促進
    → ある程度の知識は以前から持ってはいましたが、今一度頭の中を整理してみました。
  2. 「取引口座」を開設する業者(取引所)選び
    → 多少手数料は高くても信頼性が高い大手と決めていたのでCoinCheck」「GMOコイン」「DMM bitcoinを比較しました。
  3. 「取引口座」を開設し、入金
    → 自分は総合的にみてGMOを選び口座を開設しました。オンラインで本人確認も出来たため、口座開設自体にかかった時間は30分弱でした。

買いレートと売りレートの差の大きさにビックリ!

このあと試しに5,000円だけ入金して、ビットコイン(BTC)現物成り行き注文で購入してみました。結果は以下の通りです。
【売買内容】
■取引銘柄:BTC
■売買区分:買
■売買数量:0.0007BTC
■売買価格:6,660,754円
■売買日時:2021/04/02 18:08:43
リアルタイムの相場画面を見ていて驚いたのですが、このBTC取引では売却価格と購入価格の間に約3%も開きがあるのです。ドル円為替取引(FX)の3倍です。
キャプチャ.JPG
こんなに売りと買いの価格に差があったら、FXとは違いちょっとそっと相場の変動ではさやを抜くことは出来ません
自分は実際に取引を始めるまでは、「仮想通貨取引も為替取引と同じように1日数回の短期売買で小さな利益を積み上げていくのだろう。1年365日24時間取引可能なので、いい暇つぶしになるだろう!」と考えていました。
しかし、1日で商品の値段が3%以上上下するのはまれで、相場の波を利用して1日何回も売買して利益を出すことなど不可能に近いことだったのです。つまり、取引手数料ゼロでもデイトレには向かない金融商品だったのです。
ただ、レバレッジ取引やカラ売りもできるようなので、もう少し真剣に勉強してから投資額を引き上げることにしました。
まっ、しばらくの間は5,000円でいろいろ試してみます。
タイトルとURLをコピーしました