今日は貴重な入浴デー ~ 10/12徒然日記

片麻痺おやじの徒然日記

昨晩は晩酌をしながら「2022年ワールドカップアジア最終予選」をみてその後祝杯を挙げていたら睡魔に負けてしまいそのままで熟睡。ということで日記初日から1日遅れての投稿になってしまいました。・・・・まあ、いいか!

10/12(火)の主なアクションは以下の通りでした。

・天気:曇り時々雨
13:30~17:30 入浴サービス
・他の時間帯は自宅

右半身麻痺の自分は、もうかれこれ9年近く介助なしでは入浴出来ない生活をしています。そんな自分にとってデイサービスの入浴は非常に大切な“仕事?”です。昨日はその入浴デイサービスの日でした。
この非常に助かる介護サービスなのですが、半日コースでサービスを提供している業者は非常に少なく、自分も5月に引っ越しをしてからは、先月まで近くの業者に空きがなかったためこの夏はお風呂に入れるのは“週1回、しかも着替え時間を含めてわずか30分”と悲惨な生活でした。しかし、嬉しいことに9月後半からようやく週2回になりました。ありがたい限りです。

★デイサービスのご紹介【入浴編】★

今回は、自分一人では入浴が出来ない方やご家族にそのような方がいる方々のために、この「半日入浴デイサービス」についての1ユーザーとして生の声をお伝えします。ちなみに自分は8年以上この介護サービスを利用させていただいており、利用経験のある業者数は3か所です。

普通の高齢者向けデイサービスは、朝9時頃から夕方5時頃と昼間の間中滞在するという1日型が基本で、その滞在時間中にお昼ご飯やおやつを食べたり入浴をします。つまり「介護が必要なお年寄りを昼間の時間帯お預りしてご家族の負担を軽減する」というのが厚労省のねらいです。また、厚労省の方では認知症予防の為の様々なカリキュラムを用意していると言っていますが・・・8年間自分が見てきた限り、大半の人はボーとTVのワイドショーを眺めているか居眠りをしています。とても認知症予防の効果があるとは思えません。

また、業者ごとの専用送迎車で自宅の玄関まで送り迎えしてくれます。歩行器利用者や車椅子利用者でも大丈夫です。

では現在自分の利用している「半日入浴デイサービス」では、行政が決めている施設での最低滞在時間(自分から見れば湯船に5分間浸かるために課せられる拘束時間)は3時間15分と短めなので、自分は入浴時間以外は本を読んだりスマホでニュースを見たりして時間を潰しています。
また、送迎サービスは1日型と同様です。ただ自分は、雨の日以外は電動車椅子を使い自分で通っています。というのもゆうに50kgを超える電動車椅子を車に積み込むのは非常に大変で、送迎ドライバーさんに大きな負担をかけてしまうからです。そのため、例外的に送迎なしという特別な契約を結んでいます。

実際のサービス内容は各事業所により若干の違いは有りますが、以下の通りです。

バイタルチェック→病院ではないのでどの業者も体温、血圧、心拍数を測定するのですが機具も測定方法もかなり適当です。自分のように脳血管疾患や心疾患のある方は自分で測定し、湯舟に浸かるかどうか自分で判断したほうが無難です。
サポート付き入浴→着替えやドライヤーの時間も入れて1人30分程度です。浴室や浴槽は十分な広さです。転倒に関しては身体の大きい男性の場合、「このヘルパーでは無理だろう」と感じることがしばしばあります。人手不足の影響なのか、「これじゃ老々介護だろう!」と思える業者もいます。そのため、当日の自分の入浴担当に一抹の不安を感じたら入浴せずすぐ帰っています。
老化防止体操→椅子に座ったままでできる簡単なストレッチ体操を5分程度。リハビリではないので筋力維持や関節可動域維持などは期待できません。

 

まあ、こんなところです。後の時間は大半の人がTVを見るか昼寝をしています。中にはおしゃべりをしている人もいますが非常に少数です。ちなみに自分は従業員の方と必要な事を話す以外には口を聞いたことはありません。理由は、麻痺による言語障害と聞こえてくるおしゃべりの内容から考えると年齢が違いすぎて(皆自分の20-30歳上)共通の話題もなく生活習慣や価値観も違いすぎる為です。

最後に、自分が「半日入浴デイサービス」の利用をお薦めする方を書きます。

週に2-3回ぐらいは湯舟に浸かりたいが、1日中デイサービスにいるのはイヤな方

まさに自分そのものですが、「入浴の日は情報収集の日」と割切り、スマホで音楽でも聞きながら映画を見たり本でも読んでいれば2-3時間はすぐです。ちょっときつい言い方になりますが、周りのお年寄りと同じ様にぼ~としながらくだらないワイドショーを見るのだけはやめたほうがいいと思います。耳が遠い方が多いのでやたら音が大きく、また死ぬほどキライなタレントがわめき散らしていても、スイッチを切ったりチャンネルを変えることはできないので、無茶苦茶ストレスが溜まりますよ。

 

タイトルとURLをコピーしました