車椅子利用者でも超低価格で安全に天然温泉を楽しめる伊豆潮風館

片麻痺障害ライフ

先週前半は天候も良かったので久しぶりに東京を離れ、2泊3日で伊豆の温泉でのんびりしてきました。自分は「時間はあるが、お金はない」典型的な生活をしている人間なので、今回も身体障害者割引をフル活用させていただきました。その結果、家を出て家に帰るまでに使ったお金は・・・僅か12,000円程度で済みました。にもかかわらず、思う存分温泉に浸かり、のんびりと過ごすことが出来ました。

そこで今回は自分が利用させて頂いた「伊豆潮風館」についてご案内します。

スポンサーリンク

伊豆潮風館って何?

この館のオフィシャルサイトによると・・・、

伊豆潮風館は、障害者とそのご家族が宿泊休養し、健康の増進とレクリエーションの場として埼玉県が開設した静岡県伊東市にある保養施設ですが、埼玉以外にお住いの一般の方々も気軽にご利用いただくことができます。 バリアフリーが整っていますので、障害者や高齢者の皆様に非常にやさしい施設となっております。

となっていたので、早速利用してみました。

立地とアクセス

潮風館は伊豆高原のほぼ中心にあり、有名な大室山と海岸の真ん中辺りにあります。まあ、伊豆観光する拠点には丁度いい場所でしょう。ただ、海沿いにある熱海や伊東に比べると「虫」が多いのでこれからの季節には虫除けは必需品です。一方でエサが豊富なので「野鳥」はたくさんいて、自然の中で鳴き声を楽しむことができます。

都心からのアクセスは・・・、

車なら、東名高速道路→小田原厚木道路→国道135号でスムーズにいって3~4時間、冬場以外の土休日は5時間以上は覚悟しておいた方がいいと思います。

電車なら新幹線か特急踊り子号+普通列車で2時間強です。まあ、人それぞれ事情があるとは思いますが、無理をしたくない方は往復は電車を利用し伊東当たりでレンタカーを借りるのがベストでしょう。(20年以上湘南地方に住み、毎週のように車で伊豆に出かけていた自分の経験から)

今回自分は以下のようにして品川から潮風館まで行きました。

品川(10:35)→熱海(12:11) 普通列車 約1時間半
熱海(13:41)→伊豆高原(14:37) 普通列車 約1時間
※伊豆高原駅から潮風館までは館の無料送迎バスで10分弱

自分は国内を旅行する場合、新幹線以外の特急は利用しません。理由は、日本のほとんどの特急電車の車輌には電動車椅子を置くスペースが無い(=乗車できない)からです。最近やっと車椅子スペースが設けられた特急も出てきているのですが、一つの編成に1,2席しかない為、予約を取るのが至難の業なのです。そのため、いつも自分は目的地までの飛行機や新幹線がない場合は、時間がいくらかかっても普通列車を乗り継いで旅をしています。まあ、それも気軽でいい旅ですが。今回も全行程普通列車を利用し、熱海で途中下車して、1時間ほど熱海の街をぶらぶら散歩したので4時間以上かかりました。

ちなみに往復にかかった交通費は、わずか3,000円でした。

宿泊料

潮風館のHPによると、宿泊費は1泊2食税込で以下のようになっています。なお、夕食は3つコースがありそれぞれ料金は異っているのでご注意ください。このご時世でこの料金は、ほんとありがたい限りです。ちなみに自分は特別室に食事なしの素泊まり2泊だったので、(2,100+1,100+150)×2=6,700円でした。

区分宿泊料食事料入湯税合計
朝食夕食
障害者
及び
付添者(介護者)
大人2,100円1,150円Aコース2,300円150円5,700円
Bコース3,100円6,500円
Cコース3,910円7,310円
鮮魚姿盛コース6,320円9,720円
小学生1,500円1,150円Aコース2,300円150円5,100円
Bコース3,100円5,900円
Cコース3,910円6,710円
子供夕食コース2,200円5,000円
お子様ランチ1,200円4,000円
高齢者65歳
以上
3,900円1,150円Aコース2,300円150円7,500円
Bコース3,100円8,300円
Cコース3,910円9,110円
鮮魚姿盛コース6,320円11,520円
その他埼玉県内
居住者
大人4,700円1,150円Aコース2,300円150円8,300円
Bコース3,100円9,100円
Cコース3,910円9,910円
鮮魚姿盛コース6,320円12,320円
小学生3,000円1,150円Aコース2,300円150円6,600円
Bコース3,100円7,400円
Cコース3,910円8,210円
子供夕食コース2,200円6,500円
お子様ランチ1,200円5,500円
埼玉県外
居住者
大人5,200円1,150円Aコース2,300円150円8,800円
Bコース3,100円9,600円
Cコース3,910円10,410円
鮮魚姿盛コース6,320円12,820円
小学生3,400円1,150円Aコース2,300円150円7,000円
Bコース3,100円7,800円
Cコース3,910円8,610円
子供夕食コース2,200円6,900円
お子様ランチ1,200円5,900円

注)特別室の宿泊料は上記の宿泊料に、お1人につき1泊1,100円が加算されます。

部屋

自分が泊まった部屋は「特別室」という部屋で、通常の和室や和洋室よりも5割ほど高い(と言ってもプラス1,100円ですが・・・)部屋でした。造りはバストイレ付きの和洋室で、やや年期は感じましたが、40-50㎡ぐらいはあるオーシャンビューのいい部屋でした。(後から知ったのですがここは全室オーシャンビューだそうです)

自分は全く使用しませんでしたが、非常に奇麗な10畳の床の間付の和室です。左手の窓からテラスに出ることも可能です。

和室と繋がっている洋間の一部分です。ベッドやリビングテーブルがあり、自分はここで過ごしました。

なお、部屋のトイレはよくショッピングセンターなどにある「車椅子用トイレ」とほぼ同じ造りでした。
また、洋間部分は車椅子で自由に移動が可能で非常に便利でした。ただ、残念だったのは部屋の入り口のドアが普通のホテルのドアしかもカギは昔ながらの差し込みキーだったので、部屋の出入は毎回苦労しました。車椅子対応ルームを謳っている以上は、自動ドアにするなど何らかの形で対応して欲しいものです。

風呂

館のHPでは“アルカリ性単純温泉は刺激が少ないため利用範囲が広く、静かに落ちついて休む際に適しております。効能は神経痛・筋肉痛・関節痛・五十肩・慢性消化器病・冷え症・疲労回復・病後回復期・健康増進・運動麻痺・関節のこわばり・打ち身・挫きと紹介されていますが、熱海や伊東の湯と比べると温泉マニアの自分にとってはややもの足りない感じもしました。とは言ってもやはり天然温泉、香りやぽかぽかする湯上り感はなかなか自宅の風呂や普通の銭湯では味わえないものがありました。

展望大浴場・・・天気が今一でしたが、貸し切り状態で最高でした!

ちなみに、ここ潮風館には男女別の展望大浴場以外に、障害者設備付き家族風呂(大)と障害者設備付き家族風呂(小)がありましたが、自分は展望大浴場に4回ほど入りました。フロントに頼めば浴室用車椅子を借りることも出来るのですが、自走式のものがなかったので、自分は浴場に備え付けの特別な杖各所に設置された手摺を利用して入浴しましたが、特に危険を感じることはありませんでした。

目の前に広がる海原を眺めながら浸かる湯は最高でした。自分は熱い湯は苦手なのですが、ここのお湯の温度は41℃前後だったので思う存分長風呂を楽しむこともできました。なお、家族風呂を利用する場合はフロントでの事前予約が必要のようで、また車椅子リフトを利用する場合は館のスタッフが操作の手伝いをしてくれるそうです。ほんと、ありがたいですね。

自分はこの奥の席を利用しました。洗面器用の台は初めてみましたが非常に助かりました。また、湯船へも手摺を伝わって簡単に入ることが可能でした。

こちら側は健常者用かな?自分には近寄ることすら出来ませんでした。

脱衣室も広々しており車椅子で余裕で動き回ることが出来ました。ちなみに一番奥の洗面化粧台は車椅子用に鏡が傾斜していました。

障害者の保養・宿泊施設|埼玉県伊豆潮風館|障害者設備付き家族風呂(大)1

障害者設備付き家族風呂(大)

  • 障害者の保養・宿泊施設|埼玉県伊豆潮風館|障害者設備付き家族風呂(大)2

    障害者設備付き家族風呂(大)の浴室

  • 障害者の保養・宿泊施設|埼玉県伊豆潮風館|障害者設備付き家族風呂(小)1

    障害者設備付き家族風呂(小)

  • 障害者の保養・宿泊施設|埼玉県伊豆潮風館|障害者設備付き家族風呂(小)2

    障害者設備付き家族風呂(小)の浴室

部屋の方と比べると、お風呂の方の身体障害者対応度は格段上で感動モノでした。お陰様で2泊3日の間に大浴場は4回も利用させて頂きました。

その他

食事の方も非常にお安く新鮮な伊豆の山海の美味を満喫できるようですが、自分は嚥下障害がありほとんどの料理を食べることができないので今回も食事無しでお願いしたため料理については割愛させて頂きます。

最後に今回ここ潮風館を利用させて頂き、感動した点を2つご紹介します。

まず最初は、「リフト付きの無料送迎バス」です。多くの宿泊施設やレジャー施設には送迎バスはあるのですが、電動車椅子では利用できません。そのため、自分は7-8kmぐらいなら電動車椅子で2-3時間程度で行けるのでいつも高価な介護タクシーは使わず自分で移動しています。今回も駅から宿までは4-5kmだったので自分で行くつもりでした。しかし、宿の人が「送迎バスは車椅子に乗ったまま乗れますよ」と教えてくれたので、14:50のバスを利用させて頂きました。

この改造バスが都会でも増えてくれると助かるんですが・・・。 

障害者の保養・宿泊施設|埼玉県伊豆潮風館|送迎用マイクロバス

マイクロバスの後方部が改造されており、かなり強力な電動リフトが設置されていました。乗り込みまで2-3分程度で済み、ホント感動モノでした。

二つ目は、広々としたテラスです。フロントロビーの目の前にテーブルとイスが置かれたテラスがあり、そこでコーヒーやビールを飲みながら本を読んだりタバコを吸ったりできるのです。しかも目の前には海が・・・。最初から潮風館は公的施設なので、タバコは諦めていた自分にとっては感動モノでした。観光やレジャーには興味がなかった自分は、今回滞在中のほとんどの時間はお風呂とこのテラスで過ごしました。

この施設は、平日なら直前でも空きがかなりあるので、自分は天気を見極めながら今後もちょくちょく利用したい考えています。自分と同じ様に車椅子利用の方には、超お薦めなので一度もご利用してみてはいかがでしょうか?

車椅子利用者でも超低価格で安全に天然温泉を楽しめる道後温泉友輪荘
先日、以前から「そのうちのんびり行ってみよう」と考えていた日本三古湯の一つといわれる“道後温泉”へ気ままな一人旅を楽しんできました。 自分は「時間はあるが、お金はない」典型的...
電動車椅子Whill C2で航空機しかも格安LCCに初めて搭乗!
自分はもうかれこれ3年近く電動車椅子Whill c2を愛用しており、これまで東京近郊の様々な観光地をJRなどの鉄道を使い一人旅してきました。しかし、「たまには遠出してみたい」と思い...
車椅子利用者でも超低価格で安全に大浴場を楽しめる横浜あゆみ荘
先日、「横浜あゆみ荘」という施設で約3年ぶりにゆっくりと湯船に浸かることができました。倒れる前までは温泉巡りが趣味だった自分には誰もいない大浴場でゆったりと湯船に浸かることができ本...
Whill C2に乗っての川崎駅周辺散策とバリアフリー状況観察記
早いもので、東京に緊急事態宣言が発令されて2週間以上経ちました。その間、自分は近所の商店街とスーパーでの以外の外出は控えていたのですが、一昨日は気温はやや低かったのですが天気が良か...
地方都市における“公共交通機関のバリアフリー化”が予想外に進展!
自分は3年ほど前から「Whill」という電動車椅子を利用し都心部で細々と生活しているのですが、最近は「国内一人旅」にはまり、先日も愛媛県松山市に行ってきました。 当初自分は「...
脳卒中、脳溢血、脳梗塞、脳出血って・・・どう違うの?
厚生労働省では、以下のように定義しています。 “脳卒中”とは・・・、 「脳の血管が詰まったり、破れたりして、その先の細胞に栄養が届かなくなって、細胞が死んでしまう病気」 さらに、“脳卒中”は、その原因の違いにより、以下の3種類に分類されています。
都心部のバリアフリー化推進に大きく貢献した東京オリンピック・パラリンピック
自分は、昨年末にWhill C2という電動車椅子を手に入れて以来、ちょくちょく都心の方に出かけるようになりました。Whill C2を手に入れる前は、介助してくれる人がいないと一人で...
タイトルとURLをコピーしました