福島第一原発事故処理費用はいったいいくらかかるのだろうか?

福島第1原発の処理水タンク経済

早いもので、東京電力福島第一原発事故発生から約10年が経ちます。今だに原発事故の処理は続いており、最近では放射性物質に汚染した水から要な放射性物質を取り除いた処理水を貯蔵している敷地内のタンク1000基が22年10月にも満杯になるため、貯まった処理水の海中放出が国会閉期中に安倍政権内で勝手に閣議決定されました。
相変わらず、国民に隠れて好き勝手をやっている安倍政権ですね。

そこで今回は、福島第一原発事故の処理について調べてみました。

スポンサーリンク

原発事故の処理費は21.5兆円!

事故発生から5年以上たった2016年12月に、経済産業省が発表した福島第一原発事故の処理費は21.5兆円です。

この21.5兆円が、いかに莫大な金額であるかと言うと・・・、

ロンドン(CNNMoney) 再保険業務の世界大手であるドイツのミュンヘン再保険は5日までに、2016年に世界各地で発生した自然災害による被害額は1750億米ドル(現在のレートで約20兆円)に達し、過去4年では最高額を記録したと報告した。  引用元) CNN

皮肉なことに、原発事故の処理費用は、2016年に世界中で発生した自然災害の被害額合計とほぼ同じぐらいの金額なのです。
また、昨年度の東電の連結での売上高は 6.1兆円。つまり、事故の処理費は東電の3年半分の売上なのです。

東電同様に、原発が元で会社が傾きかけている東芝の場合、2016年度の売上高は約5.5兆円で赤字額は7191億円。つまり、この赤字額は東芝の年間売上高の13%にすぎません。

ちょっと乱暴な計算ですが・・・、

原発事故前年の2010年度の東電の売上高は約5兆円、そのうち27%(=1.35兆円)が原発で発電された電力です。そこで、原発分の売上の利益率が20%だと想定すると・・・、
原発であげられる利益は年間2,700億円。つまり、事故処理費21.5兆円を原発の利益で埋めるには、約80年もかかるということになります。

いつ起こるかわからない直下型地震のことを考えビクビクしながら、いくつもの原発を再稼働させて、何十年間も稼働させ続ける必要があるのでしょうか?

この21.5兆円の処理費で本当に終わるのか?

この原発事故の処理費、2013年時点での経産省の試算では、11兆円でした。前回の試算と今回の試算の詳しい内容を見てみます。

2013年
試算
2016年
試算
増減率
廃炉費2.0兆円8.0兆円400%
除染費2.5兆円4.0兆円160%
中間貯蔵施設費1.1兆円1,6兆円145%
賠償5.4兆円7.9兆円146%

飛び抜けて増加率が高いのが廃炉費用です。2013年時点では、全体費用に占める割合は18%だったのに、今回の試算では 37%と飛びぬけています。

廃炉費用が高い理由は、一般的に廃炉には30~40年もかかると言われ、その間、毎年数千億円がかかり続けるためのようです。

おそらく廃炉が完了するまでの間に、また何回か費用の試算が行われその都度増えてくるような気がします。そしてその理由・・・、「初めてのことなのでやってみなければわからなかった」 ということでしょうか。

(追記:2019-10-05)

最近、民間シンクタンク「日本経済研究センター」が福島第一原発事故の処理費の試算結果を発表しました。それによると総額は81兆~35兆円で2016年に経産省が発表した試算結果21.5兆円をはるかに上回っています。その理由は、現在もよく報道される汚染水の浄化処理のための費用を大きく見積もったためだそうです。
本当にいったいいくらかかるのでしょうか?

 -------------------
1960年代から国が主導して行ってきた原発事業。ただ、いったん事故があると、その被害は資本主義経済の常識では考えられないような額になるのです。

詳しいことはわかりませんが、この半世紀の間に、様々な分野で発電技術が進んでいるはずです。政府は、こんなリスクの大きい原発事業を本気で切り捨て、次世代エネルギーの再生可能エネルギーへ移行していく気はないのでしょうか?

自分には、今の政府は、知識の少ないお客さんに対して・・・、
棚の裏にはもっといい商品(再生可能エネルギー)があるのに、
今店頭に並んでいる商品(原発エネルギー)を、
執拗に売り込んでくる中国の店員と、何ら変わらない気がしてなりません。

中国商人と同じように、目先の自分の利益のことしか考えず、真面目な顔して国民を騙す安倍総理は、さすが政治家一族のボンボンですね。

チェルノブイリ事故で脱原発を決意したイタリア国民の勇気
2011年3月に起きた福島原発事故からあっという間に9年が過ぎました。しかし、日本政府ののらりくらりの対応で、未だに被災者の多くは悲惨な生活をし、また「原発反対」という世論の声に押...
世界の国別原発の数と今後の原発動向
2011年3月の東日本大震災の福島原発事故以来、日本にある原発はいったん運転を停止しました。しかし、いくつかの原発では再稼働を開始し、2018年3月現在、日本で稼動している...
エネルギー革命で、ドイツは2022年には原発ゼロ!
みなさんは、ドイツで押し進められている「エネルギー革命」ってご存知ですか? 自分は、「欧州では風力発電などの再生可能エネルギーの利用が進んでいる」ぐらいしか知らず、「エネルギ...
国民不在で勝手に進められる日本の原子力政策
先日、認可法人・使用済燃料再処理機構は、「青森県六ケ所村で進めているの原子力発電所から出る使用済み核燃料の再処理工場建設総事業費が現在の見込みより1.3兆円膨らみ、13.9兆円...
エネルギー自給率や再生可能エネルギー比率、日本はどの程度?
現在、日本は中国、アメリカ、インドに次いで世界第4位のエネルギー消費国になっています。 しかしながら、国内の原油や天然ガスなどの化石エネルギー資源が非常に乏しく、使用しているエネ...
タイトルとURLをコピーしました