オーソライズドジェネリックって何?

健康・病気

先日病院で診察の順番を待っている時、壁に貼られていたポスターのひとつに「オーソライズドジェネリック(AG)のおすすめ」 というものがありました。自分はジェネリック医薬品というものは知っていましたが 、最近登場した「オーソライズドジェネリック(AG)」については知りませんでした。
そこで今回は、ジェネリックとオーソライズドジェネリック(AG)について調べました。

そもそもジェネリック医薬品(=後発医薬品)は、新薬(=先発医薬品)の特許が切れたあとに販売される、新薬と同じ有効成分で同じ効き目がある価格の安い薬のこと。
しかし、「安かろう、悪かろう」という考え方が昔からあるここ日本では、ジェネリック医薬品が味や香りなどの添加物や製造方法などが先発薬とまったく同じではないことから、医師や患者の信頼度が今ひとつで、そのことがジェネリック医薬品の普及を妨げているそうです。

*欧米に比べ、大幅に低い日本のジェネリック医療品シェア

しかし、オーソライズドジェネリック(AG)は、新薬メーカーがジェネリックメーカーに対して特許の使用権を与えているで、原薬(薬の有効成分)や添加物、製造方法まで完全に同一に同じなのです。違いと言えば、新薬メーカーが販売している薬か、ジェネリックメーカーとして販売されている薬かの違いくらいだそうです。

そこで長年医療費の膨張に悩む厚生労働省は、ジェネリック品の処方に前向きでない医師の信頼を得やすいこのオーソライズドジェネリック(AG)の使用を強力に推奨しているわけです。

▶ 脳卒中、脳溢血、脳梗塞、脳出血って・・・どう違うの?

▶  神経内科と脳神経外科の違いは?

▶  整骨院と接骨院ってどう違うの?

タイトルとURLをコピーしました