ネット広告費がTV広告費を抜くのは時間の問題

経済・社会

電通によれば、2016年の日本の総広告費は6兆2,880億円、前年比101.9%と、5年連続でプラス成長となったそうです。
自分が広告代理店を辞めたのは、今から17年前の2000年でその年の総広告費は6兆1,102億円です。そうなんです、広告業界は17年間でたったの3%しか伸びていない厳しい業界です。ただ、成長こそしていませんが、インターネットの急成長によりこの間に広告業界の中身は一変してしまいました。
そこで今回は、これらの近年の広告媒体の変遷についてみていきたいと思います。

■広告業界を激変させたインタ-ネット

下のグラフは2016年と2000年の媒体別広告費です。


マス4媒体と呼ばれるテレビ、新聞、雑誌、ラジオが45.5%(そのうちテレビが31.3%)、インターネット広告が20.8%、プロモーションが 33.7%となってます。
これをもう1つ下のグラフ(2000年の媒体別広告費)と見比べると大きく変化していることに気がつきます。
2000年から2016年の間に・・・ 、
インターネット広告が1%から 21%にまで急成長し、
逆に新聞・雑誌という紙媒体が半分以下にまで急減しています。
自分のまわりでも、よく新聞社や雑誌社の友人から「苦しい!苦しい!」と悲鳴をあげているのを聞きますが、この想像以上の変化に驚きました。

間もなくTV広告費とネット広告費が逆転!

次のグラフは各媒体ごとの売上を時系列で見たものです。インターネット広告が順調に売上を伸ばしてきているのがわかると思います。このペースでインターネット広告が伸びていくと2020年には、テレビの広告費とインターネットの広告費が逆転してしまうのです。

長年広告業界にいた自分としては、考えさせられるものがあります。
自分が会社を辞めた時にはたった1%のシェアしかなかったインターネット広告が、 マスの世界で長年王者として君臨してきたあのテレビ広告を抜くのです。

改めて「時代の大きな流れ」というものには、誰もが逆らうことができないと感じました。
ちなみに、電通によれば全世界の広告費では来年2018年にはインターネット広告がテレビ広告を抜いてしまうそうです。
なんか、一つの時代が終わったような気がします。

▶▶▶ 人口ピラミッドから見た世界と日本の
    将来
▶▶▶ 戦後日本の実質経済成長率の推移
▶▶▶ 平成30年間の主な出来事と日本の
    変化?
▶▶▶ 所得の二極化が進み中間層が崩壊
▶▶▶ 日本に住んでいる外国人の数は?
▶▶▶ 食料自給率、日本はどの程度?
▶▶▶ 世界のGDPシェアの変遷 
    ~世界経済勢力図の現在・過去・未来

タイトルとURLをコピーしました