外国人の和食・日本料理イメージは?

外国人の和食・日本料理イメージ国際比較・ランキング

 

私たち日本人が毎日食べている和食。外国人からも「ヘルシー」と非常に人気ですね。
そこで今回は、マルハニチロが2015年5月に実施した「「和食・日本料理に関する調査」の結果をご紹介します。調査対象者は「、全国の 15 歳~69 歳の男女 合計1,000名」です。

まず始めに、「和食・日本料理のイメージは?」と尋ねると・・・、

「体によい・健康的」63.0%が最も多く、次いで「家庭の味」55.1%、「伝統的」44.7%、「おいしい」44.1%、「あっさり・薄味」42.7%が続きました。和食以外にも洋食、中華料理、アジア料理について同様にイメージを聞きましたが、それらの結果と比較した場合、これら 5 つのイメージは和食・日本料理で最も高くなりました。

続いて、「和食に関する考え」と尋ねると・・・、

「朝食は、洋食より和食がいいと思う」人は、68.3%(「あてはまる」37.0%、「どちらかといえばあてはまる」31.3%)、
「和食といえば、肉料理より魚料理だと思う」人は、 90.3%(「あてはまる」50.2%、「どちらかといえばあてはまる」40.1%)
「和食が好きか聞いたところ、好きな人の割合は 94.4%(「あてはまる」64.8%、「どちらかといえばあてはまる」29.6%)、
もっと和食・日本料理を食べる機会を増やしたいと思うか聞いたところ、増やしたいと思う人は82.6%(「あてはまる」35.2%、「どちらかといえばあてはまる」47.4%)
となりました。

やっぱり、和食・日本料理は日本人に強く支持されているんですね。

次に、「好きな和食・日本料理のメニューは?」と尋ねると・・・、

1 位は「寿司」となり、続いて2 位「刺身」、3 位「みそ汁」、4位「天ぷら」、5 位「炊き込みご飯・混ぜご飯」と続きました。 

次に、「簡単に作れるようになるとうれしい和食・日本料理のメニュー」と・・・、

1 位は「炊き込みご飯・混ぜご飯」と「茶碗蒸し」、3 位「煮物(肉じゃが除く)」、4 位「肉じゃが」、5 位「しょうが焼き」となりました。

続いて、「食べたい・食べてみたいと思う日本各地の郷土料理は?」と尋ねると・・・、

どれも人気が高く僅差でしたが、1 位「ひつまぶし(愛知)」、2位「讃岐うどん(香川)」、3 位「うなぎの蒲焼き(静岡)」、4位「かつおのたたき(高知)」、5位「信州そば(長野)」という結果でした。

最後に、「和食・日本料理に欠かせないと思うものは?」と尋ねると・・・、

やはり「お米・ごはん」が最も多く71.2%、次いで、「旬の食材・季節感」70.8%、「だし・うまみ」59.0%、「みそ汁」58.3%、「新鮮な食材」55.0%と続きました。
やっぱり、温かいご飯と、旬の食材・新鮮な食材を使ったおかずやみそ汁という組み合わせが、和食の理想の献立なのかもしれませんね。

▶▶▶ 人口ピラミッドから見た世界と日本の
    将来
▶▶▶ 戦後日本の実質経済成長率の推移
▶▶▶ 平成30年間の主な出来事と日本の
    変化?
▶▶▶ 所得の二極化が進み中間層が崩壊
▶▶▶ 日本に住んでいる外国人の数は?
▶▶▶ 食料自給率、日本はどの程度?
▶▶▶ 世界のGDPシェアの変遷 
    ~世界経済勢力図の現在・過去・未来

タイトルとURLをコピーしました