カフェオレ・カフェラッテ・カフェカプチーノの違って何?

経済・社会

コーヒー通の方はよくご存知かもしれませんが、みなさんはよくコーヒーショップのメニューで見かける「カフェオレ」と「カフェラッテ」と「カフェカプチーノ」の違ってご存知ですか?

まず、カフェ・オ・レはフランス語で、レはミルク(牛乳)の意味です。
つまりカフェオレは、普通のコーヒーにミルク(牛乳)を混ぜたものです。

一方のカフェ・ラッテは、イタリア語で、ラッテはイタリア語のミルク(牛乳)の意味です。
さらに、カフェラッテはエスプレッソにミルク(牛乳)を混ぜたものなのです。

つまり、どちらも日本語に直訳すると「ミルク入りコーヒー」または「コーヒー牛乳」で同じなんですが、ミルクと混ぜるコーヒーの種類が違うのです。

カフェ・ラッテの写真

では、普通のコーヒーとエスプレッソの違いは?

ふつうのコーヒーとは従来から日本でおなじみの紙フィルターなどで濾して作る「ドリップ・コーヒー」のことですが、「エスプレッソ」とはイタリアから来たといわれるコーヒーのいれかたで、高い圧力をかけて短時間で抽出する「エスプレッソ・マシーン」で作ります。
また、一般的に、「ドリップ」には比較的浅煎りの豆(酸味が多く苦みが少ない)を使うのに対し、「エスプレッソ」には深煎りの豆(酸味が少なく苦みが多い)を使います。
そのため、「エスプレッソ」は濃く、旨味が凝縮され、カフェインが少ないコーヒーで表面が細密な泡で覆われていることがあります。

スターバックスのエスプレッソ・マシーン

出典:スターバックスサイト

ミルクの量は絶対にこの量と言うことはなく、個人の好みやお店のやり方で割合を変えています。

一般的には、カフェオレの場合は通常コーヒー50%:ミルク50%、
カフェラッテの場合はコーヒー20%:ミルク80%です。
カフェラッテはミルクを沢山いれて量を多くし、エスプレッソの苦味を薄め、だれにでも飲みやすいようにしているようです。
また、カフェラッテは細かな泡がありますが、この泡はコーヒーの気泡です。
一部の人は。カフェラテはコーヒー+あわ立てミルクと思っていますが、それは誤解です。

一般的に、カフェオレはマイルドな薄味でお子様向き飲み物、一方のカフェラテはコクがあり苦味もあるけどほのかな甘味がある大人向け飲み物のイメージがあります。

では、カフェラッテとカプチーノの違いは?

どちらもイタリア発でエスプレッソ+ミルクと言うところは同じです。
何が違うかと言うとミルクが量と質が違います。
カフェラテは上記のとおり20:80でミルクはスチームミルク (泡が立たないよう温めたミルク) 。
カプチーノはエスプレッソ3、スチームミルク3、フォームミルク4、の割合です。
 ※フォームミルクとは蒸気で泡立てた牛乳のこと
この割合についてはお店によって多少違いはありますが、フォームミルクが入っているかどうかが違いで、つまりミルクがあわ立っているのがカプチーノなのです。

みなさんは、「カフェオレ」「カフェラッテ」「カフェカプチーノ」どれがお好みですか?

おやじ
おやじ

わしゃー、アイスカフェオレだなぁ。

▶ インフルエンザと普通の風邪は、どう違う?

▶ ウィルスと細菌の違いは?

▶ 脳卒中、脳溢血、脳梗塞、脳出血って・・・どう違うの?

▶ 脳神経外科と神経内科の違いは?

▶ 「懐石料理」と「会席料理」の違いは?

タイトルとURLをコピーしました