認知症とアルツハイマー病の違いは?

認知症とアルツハイマー病社会&国際問題

よく耳にする認知症という病気やアルツハイマー病という病気ですが、いったいこの2つはどう違うのでしょうか?
今回はこのこの認知症とアルツハイマー病について詳しく調べてみました。

認知症はどんな病気?

まず「認知症」ですが・・・、
この「認知症」は病名ではなく、いろいろな原因で脳の細胞が死んでしまったり、働きが悪くなったりしたためにさまざまな障害が起こり、生活するうえで支障が出ている状態のことを指します。
また以前よく使われた痴呆症という言葉は、認知症と同義語ですが「痴呆」という言葉には「愚か」「頭の働きが鈍い」「劣っている」などのマイナスイメージがあるため、2004年 厚生労働省による公募に基づき現在では「痴呆症」という言葉は使用されず、「認知症」という言葉に統一されているそうです。

この認知症の症状には、記憶障害を中心とした認知症の方に必ず見られる「中核症状」と、そこに本人の性格や環境の変化などが加わって起こる「周辺症状」があります。
この周辺症状は人それぞれ異なり、また接する人や日時によっても大きく変わってくるので、認知症の人の介護を大変なものにしているそうです。

認知症の症状

出典:厚生労働省サイト

アルツハイマーは認知症の代表的なタイプ

認知症にはいくつかの種類があり、主なものとしては、数が多い順にアルツハイマー型認知症、脳血管性認知症、レビー小体型認知症、前頭側頭型認知症が挙げられます。

このうち約60%はアルツハイマー型認知症が原因で、約20%は脳血管型認知症によるものとされています。そのため、一般的に「認知症=アルツハイマー病」と勘違いしている人が多いのです。

認知症の代表的なタイプの割合グラフ

出典:厚生労働省サイト

しかし、認知症はその種類によって、脳内でおきている変化や変化が起こる場所などが異なり、その症状も変わってきます。

◆アルツハイマー型認知症

これは、脳細胞にアミロイドβをはじめとする老廃物が溜まり、徐々に細胞が死滅して、脳が萎縮する病気です。短期記憶をつかさどる海馬が最初に萎縮するため物忘れがひどくなり、同じことを何度も聞く、簡単な計算ができなくなる、道に迷うといった症状が見られます。

◆レビー小体型認知症

この患者の脳の神経細胞を顕微鏡で観察すると、レビー小体というかたまりが観察されることからその名前がつけられたそうです。几帳面な性格の人や中年期にパニック障害や鬱の傾向があった人に発症するケースが多いようです。幻視が特徴的で、歩行障害や薬剤過敏症や大声での寝言などの特徴的な症状がある一方で、短期記憶は比較的保たれている場合が多いそうですが、諸症状の個人差も大きく診断が難しいケースがあるようです。

◆脳血管性認知症

脳の血管が詰まる「脳梗塞」や血管が破れる「脳出血」などの脳血管障害などにより、その周囲の神経細胞がダメージを受けて発症します。症状はダメージを受けた部位により異なり、判断力や記憶は比較的保たれている一方、言語障害が目立ったり、意欲や自発性がなくなったり、感情の起伏が激しくなる症状が見られます。発症後も脳出血や脳梗塞の再発のたびに階段状に症状が進行することもあるそうです。

◆前頭側頭型認知症

脳の前頭葉と側頭葉の神経細胞が壊れていく病気です。「ピック球」というかたまりが観察されるケースが多く、「ピック病」とも呼ばれます。芸術家や自由業、自営業の人などに多く、興奮しやすく衝動的になり、周囲に合わせられなくなります。ただこの病型は、少量の向精神薬を使うことで通常の社会生活を保つことができるようになるそうです。ます。病院に連れていくまでが大変なのですが、医療の力が一番発揮できる認知症とも言えます

また、これらの認知機能障害による「もの忘れ」は「加齢によるもの忘れ」とは以下のように大きく異なります。

認知症と加齢の物忘れ比較表

出典:厚生労働省サイト

このような認知症の患者数は、2012年で462万人と、65歳以上の高齢者の7人に1人(有病率15.0%)ですが、厚生労働省の予想では2025年には約700万人、5人に1人になるとされています。

近年では、高齢の認知症患者の運転による交通事故が増えています。当の本人は事故を起したことすら全く覚えていないそうです。
今後ますます増加する高齢者数のことを考えると、一部の人だけでなく社会全体での認知症予防や患者対応が避けられなくなるのでしょうね。

▶ インフルエンザと普通の風邪は、どう違う?

▶ ウィルスと細菌の違いは?

▶ 脳卒中、脳溢血、脳梗塞、脳出血って・・・どう違うの?

▶ 脳神経外科と神経内科の違いは?

▶ 整骨院と接骨院ってどう違うの?

 

タイトルとURLをコピーしました