平成の30年間で政府予算は1.6倍、社会保障費は3倍増に!

財政破綻政治・行政

2020年度の政府予算額は100兆円を超え、過去最大の102.7兆円。平成が始まった1989年度と比べるとこの30年で約1.6倍です。
一方でいわゆる「国の借金」は4.7倍に膨れ上がりました。
そこで今回は、その政府予算額の内訳の変化について詳しく見てみました。(データ出典:日経新聞HP)

スポンサーリンク

社会保障費が約3倍に増大

30年間で1.6倍にも膨れ上がった政府予算額ですが、実はこの間の日本の実質GDPは1.3倍程度しか伸びていないのです。つまり、国自体の赤字経営を30年間も続けてきたことと同じですね。その結果が1200兆円を超える「国の借金」です。

さて、下のグラフは1989年度と2018年度の日本の国家予算の歳出構成を比較したものです。
30年前と比べて大きく増えている歳出は、高齢化の進む中で医療費を中心とした社会保障費で、歳出に占める割合は18%から33%にまで膨らみ、額にしてみると10兆円から3倍増の30兆円にまで増えているのです。

また、借金返済にあてる国債費も、約2倍ほどに膨張しています。

日本の国家予算の歳出構成を比較

日本の国家予算の歳出構成 出典:日経HP

<社会保障費推移グラフ>

社会保障費推移グラフ

社会保障費推移グラフ 出典:日経HP

今後、ますます高齢化の進む中で65歳以上の人口も増え、この社会保障費は加速度的に増加すると言われています。政府はどうするつもりなんでしょうか?ほんと、恐ろしいですね。

次の時代の資産を創る公共事業費は低迷

一方、次の時代の資産を創る公共事業費は、1989年度には歳出の10%を占めていましたが、その後90年代半ばにピークを迎え、2018年度には6%にまで縮小しました。

<公共事業費推移グラフ>

公共事業費推移グラフ

公共事業費推移グラフ 出典:日経HP

予算ベースでこの公共事業費に迫る規模になったのが、教育・科学関係費と防衛費です。2018年度予算案では、安倍政権が「人づくり革命」として力を入れる教育・科学関係費は89年度と比べ1.1倍の5.4兆円で約5000億円増、過去最高のを計上した防衛費は1.3倍の5.2兆円で約1兆3000億円増となっています。

 →→→ でたらめ政策アベノミクスは日本をダメにする
 →→→ 奨学金制度や大学授業料無償化などの教育分野にカネを使わない日本
 →→→ 日本の社会インフラの老朽化問題を考える

「何も産まない」「何も残らない」社会保障費と国債費だけがどんどん増えていくこの日本はどうなってしまうのでしょうか・・・。

戦後の日本の実質経済成長率の推移
よくTVや新聞を見ていると、国の経済の状況を現す基準として「実質経済成長率」というものが使われていますが、この実質経済成長率の正確な意味はご存知ですか? 実質経済成長率の算出方法...
所得の二極化が進み中間層が崩壊し貧困層が急増している日本
「はたらけど、はたらけど猶わが生活楽にならざり、ぢっと手を見る」 これは石川啄木の有名な俳句ですが、まさに今の日本の庶民の現状を表しているような気がしませんか? そこで今回は、...

https://feel-japan.net/?p=6867

片手で簡単に使えるペットボトルオープナー! ~プロダクトレビュー
自分は、7年ほど前に脳出血で倒れて以来、その後遺症で右手が全く使えません。まあもう慣れましたが、左手一本で生活していると、身近なことでも不自由なことがいろいろあります。 その...
タイトルとURLをコピーしました