今年のプロ野球選手の年俸ベスト30は?

プロ野球スポーツ

日本のプロスポーツの中で最も年俸が高いと言われるプロ野球選手。今回は、そんなプロ野球選手の中で2017-2018年契約更改後の年俸が最も高い30人を調べて見ました。

 選手名年俸投手所属
1柳田 悠岐  5.5億 
2D.サファテ   5.0億
2E.メヒア  5.0億 西
2金子 千尋  5.0億
5菅野 智之 4.5億
6鳥谷 敬  4.0億 
6A.ゲレーロ 4.0億 
6和田 毅 4.0億
6摂津 正 4.0億
6R.バンデンハーク 4.0億
6内川 聖一 4.0億 
6松田 宣浩 4.0億 
6A.デスパイネ 4.0億 
14五十嵐 亮太   3.6億
15S.マシソン3.55億  
16R.メッセンジャー  3.5億
16 筒香 嘉智  3.5億 
16中島 宏之 3.5億 
16坂本 勇人  3.5億 
16青木 宣親  3.5億 
21K.ジョンソン  3.45億
22W.ロサリオ  3.4億 
23W.バレンティン 3.34億 
24陽 岱鋼3.0億 
24岸 孝之 3.0億
24増井 浩俊3.0億
24B.レアード 3.0億 
28中村 剛也 2.8億 西
28山田 哲人  2.8億 
30S.ロメロ 2.75億 
ppbear
ppbear

・・・凄い

1位の選手の年俸はなんと5.5億円

 

第1位は福岡ソフトバンクホークスの柳田悠岐選手5.5億円です。すごいですね。日本国民の平均年収420万円の100倍以上ですよ。

続く第2位は3人いて、投手のD.サファテ 選手(ソフトバンク) とE.メヒア選手(西武ライオンズ)と金子千尋選手(オリックス)で5.0億円、第5位はジャイアンツの金子千尋選手で4.5億円です。

こうみると1-4位までがパ・リーグの選手です。昔は、全体的にセ・リーグに比べ、パ・リーグは給料が安いというイメージが有りましたが・・・、ずいぶん変わりましたね。

第6位は4.0億円で8人います。

さて30位まで入った選手の内訳ですが、投手は14人、野手16人と約半数が投手となっています。まあ、ピッチャーは一般的に選手生命が短いから当然かもしれませんね。

次に球団別に見てみると・・・、なんとソフトバンクの選手8人もいます。それも全員が14位以内です。さすが孫さん。ちなみに孫さんの年収は95億円で上場企業役員でトップ!

 →→→ 高額な役員報酬を支払っている企業は?(日本)
 →→→ 世界で最も高額な年間報酬を得ている企業役員は?

ソフトバンクの次に多いのは読売ジャイアンツで5人です。まあ、ジャイアンツは昔から高い給料で有名ですよ。次に多いのは意外にも、オリックスで4人です。

逆に、悲しいかな30位以内に1人も選手がいない球団もあり、それは・・・中日ドラゴンズとロッテオリオンズです。

おやじ
おやじ

それにしてもソフトバンクは凄いなぁ。

球団別の年俸総額

 

次に球団別に登録全選手の年俸総額を見てみました。
トップは、ダントツで福岡ソフトバンクホークスで62億円。選手一人あたりの平均は、なんと8,900万円です。これは最下位の球団の2.8倍です。

これだけ球団ごとの差があると、いい選手は自然とソフトバンクに行きたがりますよね。
ちなみに昨年2017年の日本一は・・・、ソフトバンクでした。

続く2位は、巨人・読売ジャイアンツで47億円、3位は阪神タイガースで36億円でした。

 球団名リーグ総額
1福岡ソフトバンクホークス62億
2巨人・読売ジャイアンツ47億
3阪神タイガース36億
4オリックス・バファローズ32億
5埼玉西武ライオンズ30億
6東京ヤクルトスワローズ30億
7東北楽天ゴールデンイーグルス28億
8横浜DeNAベイスターズ27億
9広島東洋カープ25億
10北海道日本ハムファイターズ24億
11中日ドラゴンズ22億
12千葉ロッテマリーンズ22億

しかし、冷静に考えると12球団全体の年俸総額は、385億円とすごい金額になります。

ちなみにプロ野球の1軍選手の最低年俸は1500万円と決められているそうです。
・・・やはりプロ野球選手は高給取りなんですね。

おやじ
おやじ

これじゃ、子どもをプロ野球選手にしたがる親が多いのはわかるなぁ~。

▶ W杯で活躍するロナウドやメッシの年収は?

▶ 今年のJ1リーグサッカー選手の年俸ベスト30は?

▶ 国会議員の給与・年収ってご存知?

▶ 都職員の年収や退職金

▶ 政治家や公務員の高すぎる給料と一般庶民の低すぎる給料

▶ 都議会議員の給与ってご存知?

タイトルとURLをコピーしました