W杯で活躍するロナウドやメッシの年収は?

ネイマール メッシ ロナウド経済・社会

連日熱戦が繰り広げられているW杯が、そこで活躍しているメッシやロナウドなどのスーパースター選手たちの年収はいったいどのくらいなのでしょうか?

米国の有名なビジネス誌フォーブスは毎年「世界のスポーツ選手の年収上位100名」を公表していますが、2018年6月に発表された最新のものを見てみました。

メッシ・ロナウドともに100億円超えの年収!

それによると、1位はボクシング選手のフロイド・メイウェザー・ジュニアで2億8500万ドル(約300億円)です。たった1年の収入が300億円ですよ。日本人の平均生涯賃金は2.5億円と言われていますが、なんととその120年分以上をたった1年で稼いでしまうのですから本当に驚きですね。

2位にはサッカー選手のリオネル・メッシで1億1100万ドル(約120億円)です。さすがサッカー界のスーパースターメッシですね。
ちなみにFCバルセロナとの契約金は年間総額で4200万ユーロ(約55億6000万円)だそうなので、残りの64億円以上は広告や事業での収入ということになります。

続く3位は、またまたサッカー選手のクリスティアーノ・ロナウドで1億800万ドル(約119億円)です。ロナウドのレアル・マドリードとの正確な契約金の額はわかりませんが、業界では年間総額で約60億円とも言われています。やはり、ロナウドもメッシ同様に広告や事業での収入が60億円近くあるようです。

ppbear
ppbear

あまりにも金額が大きすぎて、ピンとこないなぁ・・・

ネイマールも100億円!

もう一人のサッカー界の若きスーパースター、ネイマールは約100億円で第4位にランクインしてます。前述のメッシとロナウドはそれぞれ30歳、33歳と30代ですが、ネイマールはこれからが楽しみなまだ25歳です。
ネイマールとパリ・サンジェルマンと契約は推定年俸3000万ユーロ(約39億円)と発表されているので、やはりメッシとロナウドと同様に広告や事業での収入が60億円近くあるようです。

フォーブスの発表を見る限り、この3人以外にベスト20にランクインしているサッカー選手はおらず、サッカー界でもやはりこの3人は別格のようですね。

▶ 20代・30代・40代・50代の平均年収はそれぞれどのくらい?

▶ 東京都職員の年収や退職金はいくら?

▶ 都議会議員の給与ってご存知?

▶ 国会議員の給与・年収ってご存知?

<世界のスポーツ選手の年収ベスト20:出典フォーブス

順位名前国籍スポーツ年収
1フロイド・メイウェザー・Jr アメリカボクシ
ング
2億8500万ドル
2リオネル・メッシ アルゼンチンサッカー1億1100万ドル
3クリスティアーノ・ロナウド ポルトガルサッカー1億800万ドル
4コナー・マクレガー アイルランド総合
格闘技
9900万ドル
5ネイマール ブラジルサッカー9000万ドル
6レブロン・ジェームズ アメリカバスケ8550万ドル
7ロジャー・フェデラー スイステニス7720万ドル
8ステフィン・カリー アメリカバスケ7690万ドル
9マット・ライアン アメリカアメフト6730万ドル
10マシュー・スタッフォード アメリカアメフト5950万ドル
11ケビン・デュラント アメリカバスケ5730万ドル
12ルイス・ハミルトン イギリスMotor
Sport
5100万ドル
13ラッセル・ウェストブルック アメリカバスケ4760万ドル
14ジェームズ・ハーデン アメリカバスケ4640万ドル
15サウル・アルバレス メキシコボクシング4450万ドル
16タイガー・ウッズ アメリカゴルフ4330万ドル
17ドリュー・ブリーズ アメリカアメフト4290万ドル
18セバスチャン・ベッテル ドイツMotor
Sport
4230万ドル
19デレック・カー アメリカアメフト4210万ドル
20ラファエル・ナダル スペインテニス4140万ドル
タイトルとURLをコピーしました