2020東京オリンピックが失敗に終わる理由

新国立競技場の完成写真国際比較・ランキング

2020東京オリンピック開催まであと半年を切りましたね。
TVでは連日オリンピック関連の報道をしてますが・・・、あまり盛り上がっていないと思いませんか?
自分は以前から、「2020東京オリンピック開催は、無責任な政治家たちの犯罪的行為」だと思っています。
そこで、今回は自分がなぜ2020東京オリンピックが失敗すると考えているかご説明します。

スポンサーリンク

前回とは日本の人口構造が大きく変化

前回の東京オリンピックが行われたのは日本の高度成長期真っ盛りの1964年です。
世の中には多くの若者が溢れ、日本全体が活気に溢れていた時代です。

下図は、その1964年当時と2020年時の日本の人口ピラミッドです。


1964年当時の日本の人口ピラミッド

2020年時の日本の人口ピラミッド

まず、1964年当時です。
この時代は、チャレンジ精神に溢れスポーツに関心の高い10代~30代の若者が、国民全体のなんと54.6%も占めていたのです。逆に、スポーツとは縁のなさそうな65歳以上の高齢者は、6.1%しかいないのです。
これじゃー、国民一丸となって盛り上がるのは当たり前でしょう。当時の自分はまだ4歳だったのでよくわかりませんが、きっと凄かったんでしょうね。

次に、超高齢化社会の2020年です。
10代~30代の若者の比率は29.9%で、65歳以上の高齢者の比率は28.4%です。

そうなんです、高度成長期と低成長期という時代背景だけでなく、人口構造が大きく異なっているのです。
これじゃー、いくらマスコミや政治家が騒ぎ立てようが、2020東京オリンピックは盛り上がりに欠けても当たり前でしょう。
多くの国民は自分たちの老後を心配し、オリンピックどころではないのです。開催地である東京はともかく、高齢者が多い地方では全く盛り上がらないのではないでしょうか?

1964年の東京オリンピックは「1兆円オリンピック」と呼ばれ1兆円前後の投資をしましたが、2020オリンピックはその倍以上の2兆円越えという莫大な投資です。

東京都では大会10年後の「2030年までの経済波及効果は32兆円で雇用創出は194万人」と言っていますが、きっと国民の多くは大会が終わったらすぐにオリンピックのことなど忘れてしまい、経済波及効果などほとんどないのではないでしょうか?

過去のオリンピックと比べても特異な2020東京

次に、ここ30年に行われた過去のオリンピック開催国の当時の人口構成を調べてみました。
下の表の若者比率は10代~30代の構成比、高齢者比率は65歳以上の構成比です。

開催年開催都市若者
比率
高齢者
比率
2016年リオブラジル49.2%8.1%
2012年ロンドンイギリス38.2%16.4%
2008年北京中国49.2%7.8%
2004年アテネギリシャ41.1%18.1%
2000年シドニー豪州43.4%12.3%
1996年アトランタアメリカ45.2%12.5%
1992年バルセロナスペイン46.9%13.9%
1988年ソウル韓国56.6%4.7%
     
1964年東京日本54.6%6.1%
2020年東京日本29.9%28.4%

2020年の東京オリンピックの数字は異常だと思いませんか?

日本のような若者比率と高齢者比率がほぼ同じような社会構造の中で行われたオリンピックなど過去にないのです。きっとごく一部の高齢者を除き、大半のお年寄りはオリンピックの競技など関心がないと思います。

日本のような超高齢化社会で、「スポーツの祭典であるオリンピック」を開催すること自体無理があるのです。

まあ、日本のことだからオリンピックは上手く運営していくと思いますが・・・、国民は莫大な投資(=税金)に見合った見返りを得ることは出来ないでしょうね。

2020東京オリンピックの全体経費の内訳
2020東京オリンピックとパラリンピック、開催まであと半年。今日も、様々なオリンピック関係のマスコミ報道が流れていますね。 そこで今回は、日本の招致委員会が誘致の際に、オリンピ...
2020年東京オリンピックの経済波及効果
 今年の3月、東京都は2020年東京オリンピック・パラリンピックの開催に伴う2030年までの経済波及効果が、全国で約32兆円となり、また約194万人の雇用が生まれると発表してい...
東京オリンピックに向け、タトゥーの人も温泉入浴OKへ?
これまで、日本の大半の温泉やプールなどでは、昔からのマイナスイメージの強さから、「入れ墨・タトゥーお断り」としてきました。 しかし、多くの外国人観光客が来日が予想される「東京オリンピック」に向け、この日本特有の「ルール」が変わりそうな様子です。
東京オリンピックのスポンサー
東京オリンピックまであと半年となりましたね。 最近は、テレビでもいろいろな業種のCMで「東京オリンピック公式スポンサー」というフレーズや映像をちょくちょく見かけるようになりまし...
オリンピック日本代表チームとW杯日本代表チームはどう違うの?
森保一監督の元、大幅に若返った現在のサッカー日本代表チームですが、先日のキリンチャレンジカップ2018でも、最新のFIFAランキング5位のウルグアイ代表を接戦の末4-3で打ち破るな...

参考)過去のオリンピック開催国の開催当時の人口ピラミッド

2016年 リオデジャネイロ(ブラジル)

10代~30代の若者の比率 49.2%
65歳以上の高齢者の比率 8.1%

2016年 リオデジャネイロ

2012年 ロンドン(イギリス)

10代~30代の若者の比率 38.2%
65歳以上の高齢者の比率 16.4%

2012年 ロンドン

2008年 北京(中国)

10代~30代の若者の比率 49.2%
65歳以上の高齢者の比率 7.8%

2008年 北京

2004年 アテネ(ギリシャ)

10代~30代の若者の比率 41.1%
65歳以上の高齢者の比率 18.1%

2004年 アテネ

2000年 シドニー(オーストラリア)

10代~30代の若者の比率 43.4%
65歳以上の高齢者の比率 12.3%

2000年 シドニー

1996年 アトランタ(アメリカ)

10代~30代の若者の比率 45.2%
65歳以上の高齢者の比率 12.5%

1996年 アトランタ

1992年 バルセロナ(スペイン)

10代~30代の若者の比率 46.9%
65歳以上の高齢者の比率 13.9%

1992年 バルセロナ

1988年 ソウル(韓国)

10代~30代の若者の比率 56.6%
65歳以上の高齢者の比率 4.7%


1988年 ソウル

30年後の2050年には日本と世界はどうなっているのだろうか?
以前、平成の30年間がどんな時代だったのかを振り返りましたが、今回は逆に「30年後の2050年には日本と世界はどうなっているのだろうか?」を様々な機関の未来予測をもとに考えてみまし...
人口ピラミッドから見た世界と日本の将来
国連の予測では、世界の人口は現在の70億人から、2030年までに約85億人、2050年までには100億人突破、2100年ごろには約112億人にまで爆発的に増加し続けるようです。 そこで今回は、世界の人口ピラミッドや様々な地域と国を人口ピラミッドを見てみた。
戦後の日本の実質経済成長率の推移
よくTVや新聞を見ていると、国の経済の状況を現す基準として「実質経済成長率」というものが使われていますが、この実質経済成長率の正確な意味はご存知ですか? 実質経済成長率の算出方法...
世界のGDPシェアの変遷 ~世界経済勢力図の現在・過去・未来
米国のトランプ政権が誕生して3年が過ぎ、米国の保護主義経済政策はますます加速しています。 そこで今回は、この半世紀で世界の経済勢力図がどのように変わってきたのか、名目GDPの世...
所得の二極化が進み中間層が崩壊
「はたらけど、はたらけど猶わが生活楽にならざり、ぢっと手を見る」 これは石川啄木の有名な俳句ですが、まさに今の日本の庶民の現状を表しているような気がしませんか? そこで今回は、...
驚きの昭和の常識ランキング
平成も終わり、令和が始まりました。現在の世の中や人々の暮らしは、その2つ前の「昭和」の時代とは大きく変わっています。 そこで今回は「信じられない昭和の常識」をGooがアンケート、...
タイトルとURLをコピーしました