シンガポールは国の優れた政策によりアジアの中心地へ

国際社会

今、世界中のグローバル企業が注目している「シンガポール」。そのシンガポールは東京23区とだいたい同じぐらいの面積ですが、ここ20-30年でアジアの中心地として急成長を遂げました。
自分も10年前までは出張で毎月のように行ってましたが、現在のシンガポールはその頃に比べはるかに進化しているようです。
そこで今回は、今のシンガポールについて調べてみました。

スポンサーリンク

シンガポールの基本データ

◉国土面積:719km2

東京23区の面積619km2の1.15倍程度で非常に狭い国土です。まあ、いわゆる「都市国家」ですね。

◉人口及び人口密度:561万人、7,796人/km2

◉公用語:英語、マレー語、中国語(マンダリン)、タミル語

人口は東京23区の6割ほどで、人口密度は東京23区の半分程度です。自分は「シンガポール=高人口密度」というイメージが強かったのですが・・・、まさか東京23区の半分とは驚きました。また、シンガポールとよく比較される香港は、面積で約2倍、人口で1.4倍ほどとなっています。

シンガポールの国土地図

出典:グーグルマップ

◉国籍別人口と民族構成

シンガポールは総人口の約1/3が中長期滞在の外国人という特異な国です。
 ・シンガポール人(シンガポール国籍保有者)・・・344万人
 ・永住者(永住権を保有する外国人)・・・53万人
 ・永住者を除く外国人(ビジネス等で中長期滞在の外国人)・・・167万人

また、昔から「華僑の国」と言われるシンガポールですが、その住民(シンガポール国籍+永住者)の民族別の内訳は以下の通りです。
 ・中国人・・・290万人 (74%)
 ・マレー人・・・52万人 (13%)
 ・インド人・・・35万人 (9%)
 ・その他・・・13万人 (3%)

やはり、圧倒的に中国人が多く、またその大半は中国南部の広東省をルーツとしていると言われています。

急増するグローバル企業によるアジア地域統括本部の設置

上記のような特徴を持つシンガポールですが、2000年頃から急速に世界中のグローバル企業がアジア統括本部を設置し始めました。その数は、東京の8倍、香港の3倍以上で4,200社となっています。やはり、経済の重心東アジアから東南アジアへと完全に移っているのですね。

主要都市のアジア地域統括本部の設置数

では、なぜ各企業はアジア統括本部をシンガポールに設置するのでしょうか?一般的には以下の5つが大きく影響していると言われています。

  1. 政治的に安定している
    “シンガポール建国の父”と言われる「リー・クワンユー」が強烈なリーダーシップで作り上げた民主主義国家で今や大きな国家政策の変動など考えにくいと言われています。
  2. 治安が良い
    シンガポールは犯罪発生率で東京より低く、世界的な様々な調査機関からも東京を凌ぐ非常に治安の良い国(都市)の評価を受けています。ちなみに、イギリスのエコノミスト紙によって世界各国がどの程度安全なのかを数値化した世界平和度指数の2019年ランキングでは、日本(9位)より上の163ヶ国中7位となっています。
  3. 低い法人税や税制優遇措置
    シンガポールの法人税率は17%であり世界でも最も低い税率国の一つと言われています。ちなみに日本は30%以上で世界でも最も高い税率国の一つと言われています。ほんとうに、「日本の歴史=お役人様による搾取の歴史」なんですね。
  4. 地理的優位
    シンガポールは今後数十年間で、世界で最も成長が見込まれているASEAN10カ国の中心に位置すると同時に中国やインドへも数時間で行くことができます。ASEANと中国、インドの主要都市までの航空機の所要時間は以下の通りです。

     約1時間クアラルンプール
     約2時間 ジャカルタ、ホーチミン、プノンペン
     約2時間半 バンコク
     約3時間 ヤンゴン 
     約3時間半 マニラ
     約4時間 香港、バンガロール
     約5時間半 上海、ムンバイ
     約7時間 東京

    ※ASEAN10カ国:インドネシア,カンボジア,シンガポール,タイ,フィリピン,ブルネイ,ベトナム,マレーシア,ミャンマー,ラオス

  5. 英語が公用語として浸透
    シンガポールの公用語は4つあり、 英語、 中国語(マンダリン)、タミル語、 マレー語です。ほぼすべてのシンガポール人が英語ともうひとつの言語を話すことができます。ただ、ここの英語はシングリッシュと呼ばれ、かなりくせのある英語なのでビジネスするときには、注意が必要です。

日本を遥かに凌ぐ一人当たりのGDP

シンガポールの一人当たりの名目GDPは2010年に日本を抜き、2018年には日本の1.44倍の64,582米ドルにまでなりました。これは米国をも上回っおり、世界のトップクラス数字です。(データ出典:世銀DB)

シンガポールと日本の一人当たりの名目GDP推移

シンガポールと日本の一人当たりの名目GDP推移

先日、森ビルが「虎ノ門・麻布台プロジェクト」という壮大な計画を発表しましたが、竣工の2023年には今よりもさらにアジアでの地位低下が予想される東京。そんな東京へ、外資は投資しないのではないでしょうか?
みなさんはどう思いますか?

おやじ
おやじ

東京も早く明確な未来像を示さないと、人も金も企業も逃げていくだけだぞー。

世界のGDPシェアの変遷 ~世界経済勢力図の現在・過去・未来
米国のトランプ政権が誕生して3年が過ぎ、米国の保護主義経済政策はますます加速しています。 そこで今回は、この半世紀で世界の経済勢力図がどのように変わってきたのか、名目GDPの世...
日本企業の驚くべき衰退とここまで高まっている外資の持ち株比率
最近のTVの民放の報道番組は、「目先の時事問題」ばかりを取り上げるものばかりで、制作が大変な「中期的な視野に立った番組」はほとんどなく、たまにあったとしてもコメンテーターの知識レベ...
30年後の2050年には日本と世界はどうなっているのだろうか?
以前、平成の30年間がどんな時代だったのかを振り返りましたが、今回は逆に「30年後の2050年には日本と世界はどうなっているのだろうか?」を様々な機関の未来予測をもとに考えてみまし...
人口ピラミッドから見た世界と日本の将来
国連の予測では、世界の人口は現在の70億人から、2030年までに約85億人、2050年までには100億人突破、2100年ごろには約112億人にまで爆発的に増加し続けるようです。 そこで今回は、世界の人口ピラミッドや様々な地域と国を人口ピラミッドを見てみた。
インドの人口は2070年には脅威の23億人!
世界で一番人口の多い国といえば、ご存知の通り「中国」。 しかし、5年後の2022年にはインドが中国と並び、その後はインドが世界一になり続けるそうです。 そこで今回は、インドや...
タイトルとURLをコピーしました