歯科(歯医者)と口腔外科の違いは?

健康関係

 

今、自分は歯医者に通っているのですが・・・、
先日先生から「左下の親知らずは抜歯した方がいいですよ。患者さんの方で知っている口腔外科のある病院があれば、紹介状を書きますよ。」と言われました。どうやら親知らずの抜歯は、設備等の関係から普通の歯医者さんではやらないそうです。
そこで今回は、口腔外科(こうくうげか)とは何か、一般の歯医者さんとの違いについて調べてみました。

口腔外科とは?

口腔外科とは歯科の中の一つの専門分野で、主に「お口の中の外科処置を専門に行う科」のことを指すそうです。

たとえば・・・
・“親知らず”など深くに埋まっている歯や難症例(動脈や神経に近いところなど)の抜歯
・お口のケガや顎の骨折口内炎などの粘膜の病気
・顎の骨にできた腫瘍や膿の袋などの病気
・悪化した虫歯や歯周病が原因で生じる炎症疾患
・口腔がん
・顎骨の病変(範囲は頚部郭清など広範囲)や口唇口蓋裂、顎骨周囲の骨折
などが主な対象だそうです。

日本人は外国人に比べ「顎が小さい」ため、親知らずに関連したトラブルを抱える人が多いといわれており、海外に比べ比較的身近な専門分野となっているそうです。

ちなみに、歯科は大きく分けて、虫歯、歯周病、義歯などの「一般歯科」、歯並びを治す「矯正歯科」、子供の治療をメインとする「小児歯科」、そして「口腔外科」に分けられているそうです。またこれらの歯科医療行為はすべて、同じ歯科医師免許で行うことが可能だそうです。

まあ、理想は皆さん一人ひとりがかかりつけ歯科を持ち、普段はかかりつけ歯科で定期健診、虫歯や歯周病、入れ歯の治療し、外科処置など特殊な治療をする場合は、口腔外科等の専門分野でかかりつけ歯科と分担して治療を受ることだそうです。

インプラントとは?

“親知らずの抜歯”以外で口腔外科でよく行われる治療の1つに「インプラント治療」というものがあります。

虫歯、歯槽膿漏(しそうのうろう)、外傷などで永久歯を失うと、もうそこの歯は生えてこないため、通常取り外しのできる“入れ歯”を入れます。しかしこの入れ歯というのは、歯ぐきの上に乗っているだけなので強い力でものが噛めない、異物感が強く不快といった欠点があります。

しかし、インプラントというのは歯を失った部位の「アゴ骨に植立する人工歯根のこと」だそうです。この人工歯根の材質は金属のチタンといった生体親和性のあるものが使われるそうです。アゴ骨に人工歯根を植えることにより、従来入れ歯しかできなかったところが、あたかも自分の歯のように噛む事ができるそうです。

現在のところインプラントを使った治療は健康保険の適用外で自費診療となります。その費用は、平均的にはインプラント1本あたり約30万円~が一般的な治療費だそうです。これは私たち庶民にとっては高嶺の花ですねぇ。
また、仮に高いお金を払って人工歯を入れても、症例によっては予後が悪い(合わない)ことがあるそうです。

恐ろしいですね!

▶▶▶ 30年後の2050年には日本と世界はどうなっているのだろうか?
▶▶▶ ここ50年で日本の一人当たり国民総所得(名目GNI)はどう変わった?
▶▶▶ 驚きの日本の人口ピラミッド推移
▶▶▶ 人口ピラミッドから見た世界と日本の将来
▶▶▶ 戦後日本の実質経済成長率の推移
▶▶▶ 平成30年間の主な出来事と日本の
    変化?
▶▶▶ 所得の二極化が進み中間層が崩壊
▶▶▶ 日本に住んでいる外国人の数は?
▶▶▶ トランプ大統領の公約と現在の実現状況は?

タイトルとURLをコピーしました