世界大学ランキング2020年

国際比較・ランキング

先日、イギリスの高等教育専門誌「THE(Times Higher Education)」から2020年の「THE世界大学ランキング」が発表されました。そこで今回は、世界のトップ大学ベスト10を見てみました。以前、全米大学ランキングを見てみましたが、世界全体ではどうなんでしょうか?

 →→→ 「全米大学ランキング」2019はどうなっているの?

トップは4年連続の英国オックスフォード大学

ランキングの対象となっている大学は、92カ国1300校以上だそうで、日本の大学もたくさん含まれています。このランキングでは各大学の「教育の質」「研究の量と評価」「論文の引用回数」「産業界からの収入」「国際的なネットワークなどを元に評価しているそうです。その結果は以下の通りです。

1位 オックスフォード大学(英国)

トップは4年連続で1位の英国のイングランド東部にあるオックスフォード大学です。この大学は11世紀の末に設立されたと言われており、現存する大学としては英語圏では最古の大学だそうです。また、王族の大学としても有名で、6人のイギリス国王が学び、日本からも今上天皇、皇后雅子らの皇族が留学していたそうです。

卒業生(含む中退)には多くの英国首相や各国の大物政治家やエリート官僚がたくさんいますが、なぜか大物ビジネスパーソンはほとんどいません。

2位 カリフォルニア工科大学(米国)

続いて2位は、お昨年の5位から急上昇した米国のカリフォルニア工科大学です。1764年に設立されたこの大学は「少数精鋭」で有名で、現在の学生数は非常に少なく、2,000人ほどだそうです。

卒業生(含む中退)には、政財界人はあまりいませんが、代わりに有名な学者や科学者はたくさんいるようです。ちなみに、ノーベル賞受賞者は38名もおり、学生数を考えると「世界の頭脳」と言われるのも納得できますね。近年では中国系・韓国系を中心とするアジア系学生の割合が増え、現在は在校生の1/3程度を占めているということです。

3位 ケンブリッジ大学(英国)

3位も英国のケンブリッジ大学です。この大学も非常に歴史は古く、13世紀初頭に設立されたと言われています。昔から前述のオックスフォード大学とは強いライバル関係にあり、特に、毎年春にロンドンのテムズ川で行われるボートレース(レガッタ)は世界的にも有名です。

この大学の卒業生(含む中退)には、アイザック・ニュートン、チャールズ・ダーウィン、ジョン・メイナード・ケインズ等、近世以降の社会の変革に大きく貢献した数々の著名人がいます。

4位 スタンフォード大学(米国)

4位は米国の名門大学として有名なスタンフォード大学です。この大学は1891年にセントラルパシフィック鉄道の創立者&カリフォルニア州知事だったリーランド・スタンフォード氏により設立されたそうです。MBAコースがある経営大学院は世界最難関と言われています。

卒業生(含む中退)には、Yahoo!の共同創始者&元CEOであるジェリー・ヤンやナイキ創始者&現CEOであるフィリップ・ナイト、第31代大統領であるハーバート・フーヴァー、他にもたくさんの米国政財界の著名人や芸術家がいて、なんと驚くことにプロゴルファーのタイガー・ウッズもOBだそうです。また、このスタンフォード大学は西海岸にあるためか、卒業生に日本人もたくさんいるのが特徴です。

5位 マサチューセッツ工科大学(米国)

5位もMITという呼び名で世界的に有名な米国のマサチューセッツ工科大学です。この大学は理系の世界トップレベルの大学として有名です。

卒業生(含む中退)には、2位のカリフォルニア工科大学同様に政財界人はあまりいませんが、代わりに有名な学者や科学者はたくさんいるのが特徴的です。ちなみに、ノーベル賞受賞者は世界トップで81名もおります。
個人的にやや気になる点は、近年では中国系・韓国系を中心とするアジア系学生の割合が高く、現在では在校生の1/4~1/3を占めているということです。

6位 プリンストン大学(米国)

6位は1746年に設置された米国の「プリンストン大学」です。当初はニュージャージー大学として設立され、1896年に現在の名称となったそうです。

卒業生(含む中退)には、GoogleのCEOであるエリック・シュミットやAmazon.comの共同創設者&CEOであるジェフ・ベゾス、さらにはジョン・F・ケネディ(健康上の理由から中途退学しハーバード大学へ転校)もそうです。また、理系を中心に有名な学者や科学者が多いのも特徴で、ノーベル賞受賞も41人もいるそうです。

7位 ハーヴァード大学(米国)

7位は名門大学として名高い「ハーバード大学」です。このハーバード大学は植民地時代の1636年に設置されたアメリカ最古の大学だそうです。

卒業生(含む中退)には、マイクロソフトの創始者であるビル・ゲイツやFacebook創設者であるマーク・ザッカーバーグ、前アメリカ大統領であるバラク・オバマ、さらにはフランクリン・D・ルーズベルトやジョン・F・ケネディがいます。また、ノーベル賞受賞も48人もいるそうです。
やっぱり、「ハーバード」は凄いですねぇ。
それから、なぜか日本でお笑い芸人?をしているパトリック・ハーランも1993年ハーバード大学卒だそうです。

8位 イエール大学(米国)

8位も米国の大学で植民地時代の1701年創立の名門「イエール大学」です。日本人には知名度がやや低いこの大学ですが、保守的な傾向がありマイノリティーの受け入れに消極的と言われています。

卒業生(含む中退)には、第41代大統領であるジョージ・H・W・ブッシュ、第42代大統領であるビル・クリントンなど5人の大統領やたくさんの政財界の著名人や芸術家がいます。

9位 シカゴ大学(米国)

9位も米国の大学で1890年に設立された「シカゴ大学」です。この大学は設立当初から研究に重点が置かれており、世界初の核反応実験に成功や放射性炭素年代測定法の開発、ジェット気流の発見、レム睡眠の発見、ベトナム戦争にて用いられた枯葉剤の発明等数々の実績があります。

卒業生(含む中退)には、経済界を中心にたくさんの著名人がいます。ちなみに大学のモットーは、”Crescat scientia; vita excolatur (知識を創出し人類の生活を啓発せよ)”だそうです。

10位 インペリアル・コレッジ・ロンドン(英国)

10位はロンドンに本部を置くイギリスの公立研究大学である「インペリアル・コレッジ・ロンドン」です。設立は1907年で、理学、工学および医学に特化した世界有数の理工系名門大学です。

このようにベスト10はいずれも世界的に有名な米英の名門大学ばかりで、特に米国の大学は7校もランクインしています。まあ、平凡な日々を送っている自分のような庶民には、まったく縁のない世界です。

参考までに11位~20位までの大学は以下の通りですが、やはり米国の大学ばかりです。まあ、世界で認められるには米国の大学を出なければダメということですね。

11位 ペンシルバニア大学(米国)

12位 ジョンズ・ホプキンス大学(米国)

13位 カリフォルニア大バークレー校(米国)

13位 スイス連邦工科大チューリッヒ校(スイス)

15位 ユニバーシティ・カレッジ・ロンドン(英国)

16位 コロンビア大学(米国)

17位 カリフォルニア大ロサンゼルス校(米国)

18位 トロント大学(カナダ)

19位 コーネル大学(米国)

20位 デューク大学(米国)

日本の大学のランクは・・・。

このランキングの中で日本の大学を見てみると、

36位 東京大学

65位 京都大学

【251~300位】東北大学、東京工業大学

【301~350位】名古屋大学、大阪大学

【351~400位】産業医科大学

【401~500位】藤田医科大学、北海道大学、九州大学、帝京大学、東京医科歯科大学、筑波大学

【501~600位】関西医科大学、横浜市立大学

【601~800位】会津大学、広島大学、東京慈恵会医科大学、慶應義塾大学、近畿大学、神戸大学、久留米大学、日本医科大学、首都大学東京、早稲田大学

【801~1000位】愛知医科大学、千葉大学、浜松医科大学、兵庫医科大学、順天堂大学、金沢大学、熊本大学、京都府立医科大学、室蘭工業大学、新潟大学、岡山大学、大阪市立大学、立教大学、札幌医科大学、聖マリアンナ医科大学、東京農工大学、東京医科大学、東京理科大学

となっています。なんか、この結果は自分たち日本人が見慣れている「偏差値ランキング」とはだいぶ違いますね。医学系の大学の中には、自分は名前すら聞いたことの大学もあります。また、帝京大学が早慶よりも上とは・・・、なんか違うような気がします。

まあ、結局欧米人から見たら「日本の大学なんて・・・」ということなんでしょうね。

参考までに、日本以外のアジアの大学で上位に食い込んでいるのは以下の大学です。

23位 清華大(中国)
24位 北京大(中国)
25位 シンガポール国立大(シンガポール)
35位 香港大(香港)
64位 ソウル大

それにしても、中国の大学は凄いですね。きっと14億人の中から選ばれた天才たちが、これからはノーベル賞もたくさん取るのでしょうね。

▶▶▶ 30年後の2050年には日本と世界はどうなっているのだろうか?
▶▶▶ ここ50年で日本の一人当たり国民総所得(名目GNI)はどう変わった?
▶▶▶ 驚きの日本の人口ピラミッド推移
▶▶▶ 人口ピラミッドから見た世界と日本の将来
▶▶▶ 戦後日本の実質経済成長率の推移
▶▶▶ 平成30年間の主な出来事と日本の
    変化?
▶▶▶ 所得の二極化が進み中間層が崩壊
▶▶▶ 日本に住んでいる外国人の数は?
▶▶▶ トランプ大統領の公約と現在の実現状況は?

タイトルとURLをコピーしました