2020年にはどんなことが予定されているのか?

社会一般

早いもので、2020年まであと3か月ほどになりました。まあ、2020年といえば「東京オリンピック・パラリンピック」ですが、他にも様々なイベント・行事が予定されています。
そこで今回は、「2020年に予定されている国内外のビックイベント・行事」を調べてみました。

スポンサーリンク

2020年1-3月の予定

1月内 台湾総統選・議会選(台湾)
今の香港情勢や中国が今年の国慶節(10月1日)に建国70年の大規模記念式典&軍事パレードを開くことを考えると、そろそろ一波乱あっても不思議ではないですね。

1月内 新NAFTA発効(アメリカ・メキシコ・カナダ)
日本にはあまり影響はないと思われますが、これを期にトランプ政権の中国や日本への締め付けが厳しくなるのではないでしょうか?秋には大統領選挙もあるし・・・。怖いですねぇ。

3月26日 東京オリンピックの聖火リレーがスタート
福島県の楢葉町・広野町「ナショナルトレーニングセンターJヴィレッジからスタートし、全国47都道府県を巡ります。まあ、「名ばかりの復興五輪」と言われている東京オリンピックですが、一応聖火リレーだけは被災地福島のスタートです。

2020年4-6月の予定

4月内 韓国議会選(韓国)
大統領に権力が集中している韓国では、この選挙の結果で国政が大きく変わるとは考えられませんが、ただこの時期までに今の日韓関係が片付いているとは考えにくいので、きっと選挙戦では各候補とも「激しい日本たたき」をするのでしょうね。まったく、もう・・・!

春予定 「高輪ゲートウェイ駅」が暫定開業
 JR山手線の新しい駅「高輪ゲートウェイ駅」が田町~品川駅間にオープンする予定です。ただ、駅周辺の品川車両基地(約13ha)の再開発は2024年のオープンとなっており、それまではこの駅はどうするんでしょうねぇ。いくら東京オリンピックを睨んだ開業とはいえ、JR東日本さん、ちょっと無謀すぎるのでは・・・。

2020年7-9月の予定

7~8月 米・中ともに火星探査機の打ち上げ予定
米国は火星探査機「マーズ2020」打ち上げ予定と発表し、同様に中国も火星探査機を打ち上げ予定と発表しています。なんか、この宇宙を舞台とした両国の国の威信を賭けた争いは凄そうですね。

7月24日 東京オリンピック・パラリンピック開催
ついに7月24日(金曜日)~8月9日(日曜日) までの間オリンピックが開催されます。無事何もなく終わればいいですね。

 →→→ 「2020年東京オリンピック」関連記事

7月30日 小池百合子東京都知事任期終了
2016年8月2日に就任した小池都知事の1期目の任期が終了します。ただ、次の都知事選日程は来年6月30日~7月29日の見通しなので、本人が立候補すればきっと再選するでしょうね。特に失策やスキャンダルもないので!

9月内 香港立法議会選
これもいろいろありそうですね。いずれにしろ、建国70周年の記念式典を終えた後の中国はかなり無茶することも考えられるので、ここ1年ぐらいは中国から目が離せませんね。

2020年10-12月の予定

10月 ドバイ万国博覧会が開催
日本も日本館の出展が決定しており、経産省の方ではすでに公式ウェブサイトを公開しています。しかし、今の中東の情勢を考えると、どうなるか全く見えませんね。

10月3日 米国大統領選挙の実施
いよいよ4年に一度、オリンピックのある年に行われる米国大統領選挙ですね。個人的にはトランプ再選だけは避けて欲しいと思います。彼が再選したら、次の4年は無茶苦茶なことをやりそうなので・・・。
▶▶▶ トランプ大統領の公約と現在の実現状況は?

12月31日 英国の延期されたブレグジットの移行期限
 メイ首相の辞任以来、混迷の度を深めている英国ですが、2020年末が最終タイムリミットです。その前に何とかソフトランディングさせて欲しいですね。

上記以外でも、東京オリンピックを睨んだたくさんのホテルの開業や再開発エリアのオープンが予定されていますが、少子高齢化で人口の減っていく日本でバブル期のような不動産投資ばかりして大丈夫なんでしょうか?

それにしても来年は、世界的に大きな転換期になるかもしれないような大きな政治的イベントが多いですね。何もできず口だけ達者な安倍政権の元、日本だけ世界の新潮流から乗り遅れないことを祈ります。

30年後の2050年には日本と世界はどうなっているのだろうか?
以前、平成の30年間がどんな時代だったのかを振り返りましたが、今回は逆に「30年後の2050年には日本と世界はどうなっているのだろうか?」を様々な機関の未来予測をもとに考えてみまし...
人口ピラミッドから見た世界と日本の将来
国連の予測では、世界の人口は現在の70億人から、2030年までに約85億人、2050年までには100億人突破、2100年ごろには約112億人にまで爆発的に増加し続けるようです。 そこで今回は、世界の人口ピラミッドや様々な地域と国を人口ピラミッドを見てみた。
日本の人口ピラミッドはたった60年でここまで変わってしまった
来年の2020年には、「団塊世代」(1947-1949年生)も、いよいよ70代に突入し、日本の超高齢化社会が加速されます。 そこで、今回は「日本の人口ピラミッド」がこの半世紀弱の間にどのように変化してきたか、そして今後どうなっていくのかを調べてみました。
戦後の日本の実質経済成長率の推移
よくTVや新聞を見ていると、国の経済の状況を現す基準として「実質経済成長率」というものが使われていますが、この実質経済成長率の正確な意味はご存知ですか? 実質経済成長率の算出方法...
平成30年間の主な出来事とその中で確実に進んでいた日本の凋落
1989年1月7日に昭和天皇が崩御され、幕を開けた平成も昨年の4月で幕を閉じました。 その平成の30年の間には世界中でいろいろなことがありましたが、自分は未だ頭の中でごちゃごちゃ...
トランプ大統領の公約と現在の実現状況は?
この秋になると、米国では来年2020年11月の大統領選に向けた様々な動きが出てきます。そこで今回は、トランプ大統領が就任前後に掲げた数々の公約(=政策)について、その内容を再確認す...
タイトルとURLをコピーしました