地球温暖化防止はカーボンニュートラルの実現がカギを握る

社会問題

昨年2019年も、ニューヨークの国連本部で開かれた「温暖化対策サミット」ですが、米国やブラジル、サウジアラビアなどキーとなる国は参加しておらず、結局何の具体的な進展は見られず、スウェーデンの環境活動家グレタ・トゥーンベリさん(16)さんの「裏切り、許さない」という怒りの演説だけが話題となりました。

しかし、自分が気になったのは世界気象機関(WMO)の報告の中で使われていた『カーボンニュートラル』という言葉です。過去になんとなく耳にしたことがあるような気がしますが、はっきりした意味がわからなかったので、今回は地球温暖化防止のカギを握る、この『カーボンニュートラル』について調べてみました。

スポンサーリンク

日本も「カーボンネガティブ」な国の代表

世界気象機関(WMO)の報告では、2014年から2019年までの5年間の世界の平均気温は、観測史上最も暑くなり地球温暖化の兆候やその影響が加速しているそうです。また、同期間の海面上昇についても著しい加速がみられたそうです。

その原因は、二酸化炭素(CO2)排出量が過去最高(2015年から2019年はその前の5年間と比べ2割上昇)となったことだそうです。

そのため、このような地球温暖化を解決するためには、次の10年間で二酸化炭素排出量を劇的に削減し、2050年までにカーボンニュートラルを実現するしかないそうです。
このカーボンニュートラルとは簡単に言うと、「排出される二酸化炭素と吸収される二酸化炭素が同じ量にする」ということだそうです。

ちなみに、排出される二酸化炭素が吸収される二酸化炭素を上回る場合は「カーボンネガティブ(プラス)」、排出される二酸化炭素が吸収される二酸化炭素を下回る場合は「カーボンポジティブ (マイナス)」と呼ぶそうです。当たり前なんですが、現在の日本は「圧倒的なカーボンネガティブ」な国だそうです。

 →→→ トランプ大統領が疑う地球温暖化問題とCO2排出削減目標

カーボンニュートラルを実現する方法は?

簡単に言ってしまえば、

●二酸化炭素を吸収する植物を増やす
●二酸化炭素を生み出す化石燃料の使用量を減らす

ということです。しかし、最近では「大気中の二酸化炭素を回収し、地中深くに埋設・隔離・貯留する」といった緊急策も研究されています。

とはいうものの、世界中の多くの国では「地球温暖化防止」よりも、「自国の経済発展と繁栄」を優先課題としており、一向に地球温暖化防止が進んでいないのが現状です。
このことは、前述のニューヨークでの「温暖化対策サミット」で高校生環境活動家グレタ・トゥーンベリさんの大人社会に対する「怒りの演説」の背景でもあります。

世界中で顕著化する異常気象

自分も「最近の日本の気候・天候は異常だ」と感じる今日この頃ですが、みなさんもマスコミ報道でご存じの通り世界では桁違いの「異常」気象が起こっています。ここ夏だけを見ても・・・、

西ヨーロッパの熱波

フランス南部のガラルグルモンテュでは、フランスの気象観測史上最高となる45.6℃を超える熱波に見舞われました。この熱波はフランスのみならず欧州全体にわたっており、各地で熱さで道路のアスファルトが傷む被害をもたらしたり、スペインでは高温で山火事が自然発生し、数千ヘクタールに及ぶ土地が焼け野原になってしまったそうです。

米中西部のミシシッピ川流域での未曽有の大洪水

豪雨や降雪及び急速な雪解けが原因で、米国のネブラスカ、アイオワ、ミズーリ各州などミシシッピ川、ミズーリ川上流域で大規模な洪水が起き、全米で約2億人が洪水のリスクにさらされたそうです。

超大型ハリケーン「ドリアン」によりバハマが壊滅的な被害

カテゴリー5の超大型ハリケーン「ドリアン」はバハマを直撃し、1万戸を超える家屋を倒壊し、死者50人以上、行方不明者2,500人以上を出しました。

 →→→ 台風19号襲来時に多摩川と阿武隈川はどのように変化していったのか?

メキシコで異常な量の雹(ひょう)

メキシコのグアダラハラでは、尋常ではない量の雹(ひょう)が降ったあとに豪雨となり、この山あいの都市は3フィート(約91cm)の氷に埋もれてしまった。

シベリア、アラスカなどの北極圏で高温による山火事が多発

6月のシベリアは1981年から2010年の平均よりも10度も高いという異常な高温に見舞われ、大規模な山火事が百件以上も発生した。同様にアラスカやカナダでも、多数の大規模な山火事が発生している。

「地球温暖化対策」は一部の先進国だけでやっても何の意味もないので、アメリカやブラジルや中国等を巻き込み、ほんとに早いうちに地球全体でカーボンニュートラルを実現して欲しいものですね。

ppbear
ppbear

ほんと、そうですよ。

https://feel-japan.net/?p=2368

北京の砂漠化問題とPM2.5や黄砂による日本への影響
いろいろマスコミを騒がせるお隣中国ですが、驚くなかれその中国は1960年頃から国土の砂漠化が急速に進み、今では国土の1/4以上が砂漠化しているそうです。 この中国の砂漠化、日本に...
エネルギー自給率や再生可能エネルギー比率、日本はどの程度?
現在、日本は中国、アメリカ、インドに次いで世界第4位のエネルギー消費国になっています。 しかしながら、国内の原油や天然ガスなどの化石エネルギー資源が非常に乏しく、使用しているエネ...

 

再生可能エネルギー比率が最も高い都道府県は、なぜか大分県!?
スペインのマドリードで開催されていた第25回国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP25)は、今回もさしたる成果を得られないまま閉幕しました。毎年、地球温暖化が原因と思われる異常気...
日本の国土と同じ広さが約11年で砂漠化している中国
中国の砂漠は、すでに国土全体の約2割を占めるようになっています。しかし、地球温暖化が進行する中、近年この中国の砂漠化は急速に進行しています。 そこで今回は「中国の砂漠化」につい...
国民不在で勝手に進められる日本の原子力政策
先日、認可法人・使用済燃料再処理機構は、「青森県六ケ所村で進めているの原子力発電所から出る使用済み核燃料の再処理工場建設総事業費が現在の見込みより1.3兆円膨らみ、13.9兆円...
タイトルとURLをコピーしました