中国で発生した新型肺炎をひき起こす新型コロナウイルスって何?

健康・病気

今、中国の武漢で発生し世界中が大騒ぎしている新型肺炎ですが、その原因と言われている新型コロナウイルスって、一体何なんでしょうか?
今回は、今現在までにわかっている情報をもとに、この新型肺炎と新型コロナウイルスについて詳しく調べてみました。

なお、この件に関しては世界中の様々なメディアが情報を発信していますが、この記事の情報源は最も信頼度が高い日本の国立感染症研究所HP、厚生労働省HP及び世界保健機関 (WHO) HPです。

スポンサーリンク

新型肺炎って何?

昨年の2019年12月に、中国内陸部の湖北省武漢で発生した、新型のコロナウイルスによる肺炎のことを日本のメディアは「新型肺炎」と呼んでいます。しかし今後、いろいろなことがわかってくればメディアの暴走を防ぐために、世界保健機関(WHO)の方で「SARS(重症急性呼吸器症候群)」、「MERS(中東呼吸器症候群)」のように正式名称が発表されると思います。

厚生労働省によると、この新型肺炎の患者の症状は、発熱、全身倦怠感、乾いた咳、呼吸困難だそうで、重症化すると死にまでいたるそうです。
また、2020年1月22日中国政府はこの新型肺炎について、「ヒトからヒトへの感染」も発生していると発表しました。当然のことながら予防薬や治療薬などなく、日々の報道を見る限り、まだまだ広がりそうなので恐ろしい限りです。
なお、中国の保健当局の公式発表によると、2020年1月23日現在この新型肺炎の中国国内の患者数は571人、死者は17人となっています。
 追記1) 1月24日現在 患者数は630人、死者は26人
 追記2) 1月25日現在 患者数は1287人、死者は41人
 追記3) 1月26日現在 患者数は1975人、死者は56人
 追記4) 1月27日現在 患者数は2744人、死者は80人
 追記5) 
CNNによると、1月27日現在の中国本土以外では、以下の国や地域で57人に陽性反応が出ている。
オーストラリア(5例)、フランス(3例)、香港(8例)、日本(4例)、マカオ(5例)、マレーシア(4例)、ネパール(1例)、シンガポール(4例)、韓国(4例)、台湾(4例)、タイ(8例)、米国(5例)、ベトナム(2例)
追記6) 1月28日現在 患者数は4515人、死者は106人

ちなみに、2002年に中国広東省で発生し、世界中を恐怖に巻き込んだSERS(サーズ)は、WHOの発表では最終的な疑い例を含む患者数は8,069人死者は775人(致命率9.6%)となっています。

なお、今回の新型肺炎はまだまだ重傷で入院している人もかなり多く、今後は感染者の致命率も急上昇することが国際的に懸念されています。

そもそもウイルスって何?

ウイルス細菌とともに様々な病気をひき起こす病原体の一つです。このウイルスには細胞はなく、非常に単純な構造で、タンパク質でできた「カプシド」と呼ばれる殻のなかに遺伝子情報となる核酸が収められているだけだそうです。そのため、ウイスス自体は1mmの1/10000以下と非常に小さく、私達が学校で使ったような光学の顕微鏡では見ることができません。ちなみに一般的な生物の細胞と比べると、ウイルスの大きさは100〜1000分の1程度しかないそうです。

電子顕微鏡で見たウィルス

電子顕微鏡で見たウィルス

また、ウイルスは自分自身で増殖することはできず、他の生物の細胞の中に入り込み、その細胞がもっているDNAやRNAの増殖機構を借りて、自分のDNA(またはRNA)を増殖させます。つまり、他の生物の細胞に侵入して「寄生」しないと増えることができないそうです。

ただ、恐ろしいことにウイルスには抗生物質(ペニシリンなど)はまったく効かず、ほとんどのウイルスにはウイルスそのものをやっつける薬はなく、直すには個々人の体内にある自己防衛システム、つまり白血球が退治するしかないのですのが現状だそうです。

原因である新型コロナウイルスって何?

世界保健機関(WHO)によれば、この新型肺炎を引き起こす病原体は新型のコロナウイルスで、深刻な大流行を起こしたSARS(サーズ)やMERS(マーズ)の病原体であるSARSコロナウイルスやMERSコロナウイルスと非常に似ているそうです。

そもそもコロナウイルスって何?

 

コロナウイルスは、ヒトに感染するコロナウイルス動物に感染するコロナウイルスがあるそうです。その動物の種類は様々でペットや家畜から野生動物までいて、これまでにイヌ、ネコ、ウシ、ブタ、ニワトリ、ウマ、アルパカ、ラクダ、シロイルカ、キリン、フェレット、スンクス、コウモリ、スズメなどで、それぞれの動物に固有のコロナウイルスが検出されているそうです。
また、一般的にコロナウイルスの種特異性は高く、種の壁を越えてヒトや動物に感染することは殆どないそうですが、世界中を恐怖に巻き込んだSARS(サーズ)やMERS(マーズ)は動物からヒトに感染した例です。

また、厚生労働省によると、ヒトに感染するコロナウイルスは現在6種類あり、風邪をひき起こすウイルス4種類と重症肺炎をひき起こすウイルス2種類だそうです。これらの病原体が症状や感染経路などの特徴を以下の通りです。

1.風邪のコロナウイルス
ヒトに日常的に感染する4種類のコロナウイルス(Human Coronavirus:HCoV)は、HCoV-229E、HCoV-OC43、HCoV-NL63、HCoV-HKU1というもので、風邪の10~15%(流行期35%)はこれら4種のコロナウイルスが原因なっているそうです。一般的に多くの感染者は軽症ですみますが、一部の患者は高熱を引き起こすこともあるそうです。

2.重症急性呼吸器症候群コロナウイルス(SARS-CoV)
SARS-CoVは、2002年に中国広東省で発生したいわゆるSARS(サーズ)ひき起こた病原体で、コウモリのコロナウイルスがヒトに感染して重症肺炎を引き起こすと考えられているそうです。ただ、詳しい感染源はいまだによくわかっていないようです。

3.中東呼吸器症候群コロナウイルス(MERS-CoV)
MERS-CoVは、2012年にサウジアラビアで発生したいわゆるMERS(マーズ)ひき起こた病原体で、ヒトコブラクダのコロナウイルスがヒトに感染して重症肺炎を引き起こすと考えられているそうです。

武漢に進出している日本企業

武漢はもともと重工業都市であったため、早くから日本の自動車メーカー進出し、自動車産業都市として発展してきた歴史があります。武漢日本商工会によれば2019年1月時点で、進出している日系企業は自動車関連企業を中心に152社、在住日本人数は460人です。主要な日系企業は、ホンダ日産、新日鉄住金(現日本製鉄)、ブリジストン、村田製作所、ソニー住友電装、理研、ソフトバンク、KDDI、みずほ銀行、三菱UFJ銀行などがあり、2014年にはイオンモールも進出をしています。

自分も15年ほど前に一度出張で行ったことがありますが、今回の場合、春節休み直前だったのでビジネス出張でこの武漢を訪れた日本人も多いのではないでしょうか?心配ですね・・・。

新型肺炎と同じような感染症で過去100年で大流行したものは?
今世界中が大騒ぎになっている、中国武漢から広がった新型コロナウイルスによる新型肺炎ですが、患者数は1/23の571人、死者は17人から本日までのたった5日間で患者数は2800人以上...
ウィルスと細菌の違いは?インフルエンザと普通の風邪の違いは?
しばしば混同して理解されることも多いウイルスと細菌。ところで、この2つの違いをご存知ですか? 自分は知らなかったので今一度両者の違いを調べてみました。なお、この記事の情報源は厚...
国民を馬鹿にしきっている腐った日本のTV局を許していいのか?
先ほどTVを見ていると、全国ネットのとあるチャンネルのニュースで以下のような報道がありました。 先ほど入った中国政府の報道によると、「新型コロナウイルスにより感染者は、内訳は...
タイトルとURLをコピーしました