海外に住む日本人(海外在留邦人)の数

海外在留日本人

 

以前、「日本に住んでいる外国人の数」についての記事を書きましたが、今回は逆に「海外に住む日本人の数」について調べてみました。なお各数字の情報ソースは外務省HPです。

平成28年の時点で、海外に住む日本人の総数は、133万8,477人です。おおよそ30年前の平成元年の59万人と比べると、2.3倍に増えています。しかし、日本に住む外国人の総数が223万人であることを考えるとまだまだ少ないような気もします。
内訳をみてみると、「長期滞在者」(3か月以上の海外在留者のうち、海外での生活は一時的なもので、いずれわが国に戻るつもりの邦人)は87万人で全体の約65%を占め、「永住者」(当該在留国等より永住権を認められており、生活の本拠をわが国から海外へ移した邦人)は46万人となっている。

では、日本人はいったいどこの国に住んでいるかを見てみると・・・、
最も多いのは「米国」で42万人、全体の約32%を占めています。2位は大幅に減り「中国」で13万人で、両国で在留邦人の4割以上を占めています。
バブル崩壊後の日本企業の東南アジア・中国進出により、これらの国に住む日本人が米国よりも多いのではないかと思っていた自分にはこのダントツのトップ米国には驚きました。今日からトランプ大統領も来日していますが、日米の結びつきは経済面だけではなく人的側面でもかなり深いのですね。
3位以降は、「オーストラリア」 9.3万人(留学中心)、「タイ」  7.3万人(ビジネス中心)、「カナダ」 7.0万人(留学中心)、「英国」 6.5万人(ビジネス&留学)、「ブラジル」 5.3万人(ビジネス中心)、「ドイツ」 4.4万人(ビジネス中心)、「フランス」 4.2万人(ビジネス&留学)、「韓国」 3.8万人(ビジネス中心)、の順となっており、これら10か国で全体の約8割を占めています。

続いて国別のここ10年の年次推移を見てみると・・・、
大幅に増加しているのが「オーストラリア」「タイ」「カナダ」で、微増傾向にあるのが「米国」です。
逆に減少傾向にあるのが「ブラジル」で、また以前は増加傾向にあった「中国」も平成24年をピーク減少傾向に転じています。これもきっと「世界の工場中国」の時代がピークを越えたことを表しているのでしょう。

次に地域別に男女比率を見てみると・・・、
大洋州、西欧、北米では男性よりも女性の方が多くなっています。理由はこれらの地域はビジネスだけではなく留学・研究目的の人が多いためです。

▶▶▶ 人口ピラミッドから見た世界と日本の
    将来
▶▶▶ 戦後日本の実質経済成長率の推移
▶▶▶ 平成30年間の主な出来事と日本の
    変化?
▶▶▶ 所得の二極化が進み中間層が崩壊
▶▶▶ 日本に住んでいる外国人の数は?
▶▶▶ 食料自給率、日本はどの程度?
▶▶▶ 世界のGDPシェアの変遷 
    ~世界経済勢力図の現在・過去・未来

Ad

意外な事実

  1. 療養泉は高血圧などに医療的な効果が期待できるってご存知?

    みなさんは、「療養泉」って、聞いたことありますか?漢字を見れば想像できるように・...
  2. ズワイガニ

    ずわいがにの漁獲量日本一は、なぜか兵庫県!?

    冬真っ盛り、カニの美味しい季節ですねぇ。
  3. 化石海水

    “化石海水”って、何?

    先日、「東京周辺の温泉は、その多くが非火山性温泉の1つである“化石海水”である」と聞...
  4. 黒湯

    「黒湯」がある銭湯リスト(東京23区)

    今回は、自分の大好きな「黒湯のある東京23区内の銭湯」をご紹介します。
  5. 高齢者のインターネット利用状況は?

    先日、総務省の方から平成29年版「情報通信白書」が発表されました。
  6. 有給休暇

    有給休暇取得に罪悪感をおぼえる日本人

    早いものでもう7月、ヨーロッパではバカンスシーズンの到来ですね。
  7. 中国人

    中国人は関西ではなく、なぜ東京に住むのか?

    以前も「日本に住んでいる外国人の数は?」という記事で触れましたが、現在、日本居住の外国人は220万人...

Ad

人気の記事

  1. 中国の街の雑踏
  2. 神経内科
  3. スティーブン・バノン

ピックアップ記事

  1. 岩盤浴
    最近のスーパー銭湯には、必ずと言ってもいいほど、“岩盤浴”施設があります。
  2. 大谷翔平
    今、日本中の注目を集めている北海道日本ハムファイターズ大谷翔平選手。
  3. 地震
    最近、日本国内では大きな地震がたびたび発生し、各地で大きな被害をもたらしています。
  4. 自分は片麻痺の治療のために、一か月ほど前から、バクロフェン(リオレサール)という新し...
  5. ADHD1
    最近、TVや新聞で「ADHD(注意欠陥・多動性障害)」という言葉を見かけませんか?このADHDは...