ツーシームとフォーシームの違い

世界最速ピッチャー チャプマンスポーツ

最近テレビでMLB野球を見ていると、よくピッチャーの投げる球種の解説で「ツーシーム」とか「フォーシーム」とかいう言葉を耳にします。
これってどんな球なんでしょうか?また、それぞれの違いって何なのでしょうか?そこで、今回はこの「ツーシーム」と「フォーシーム」について詳しく調べてみました。

「シーム」は、野球のボールの縫い目のこと

野球のボール(硬球)には、下の写真のような糸の縫い目が108個あります。実はこの縫い目のことを「シーム」と呼ぶそうです。

硬球

投手が投げる際の「握り」で、このボールの縫い目に指をかける本数によって、「ワンシーム」「ツーシーム」「フォーシーム」と呼んでいるそうです。
ちょっとわかりづらいので、それぞれの「握り」の写真とその球種の特徴を一つずつご説明します。

おやじ
おやじ

へぇ~、そうだったんだ・・・

スポンサーリンク

1.ワンシーム

ワンシームの握り方は、ボールのシーム(縫い目)の一本に人差し指と中指をかぶせて、普通のストレートと同じように投げます。

ワンシームは、ストレートの一種ですが、少し変化します簡単に言うと投手の利き腕と同じ方向に曲がるボールです。

右投手VS右打者の場合は、打者の方向に少し曲がります。打者からすると、手元までストレートだと思っていたのに、少し変化するので、芯でとらえられにくくなります。一般的には、普通のストレート(フォーシーム)よりコントロールがしやすいと言われています。

ワンシームの握り

2.ツーシーム

ツーシームの握り方は、ボールの縫い目2本に、それぞれ人差し指と中指をかけて投げます。
ツーシームも、ワンシームとボールの軌道はよく似ていて、基本的に投手の利き腕と同じ方向に微妙にシュートしたり、ボールが沈んだり、不規則な変化が起こったりします。

ただ、ツーシームは縫い目にかける指を少し左右にずらしたり、人差し指や中指にかける力の入れ具合や比率を変えることで、変化が大きくなったり、変化する方向を変えたりすることもできるようです。

ツーシームの握り

3.フォーシーム

一般的に、ストレート(直球)と言われるのが、フォーシームです。フォーシームは純粋なバックスピンがかかり、4本の縫い目が等間隔で現れるため、伸びのある直球で安定した軌道になります。そのため、ワンシーム・ツーシームのように、変化はしません。

ツーシームの握り

大谷翔平選手は・・・?

6回を3安打3失点に抑えて勝利投手となったデビュー戦のアスレチックス戦で投げた92球の内訳を見てみると・・・

 フォーシーム:42.4%(97.8マイル)
 スライダー:28.3%(82.3マイル)
 スプリッター:26.1%(89.2マイル)
 カーブ:3.3%(75.3マイル)

やはり、大谷翔平選手の象徴とも言える伸びのある直球(フォーシーム)が中心でした。
このフォーシームと呼ばれるきれいな球筋の直球は、一般的に3000回転に近いと空振り率が高くなり、2000回転以下だと、ゴロが増えると言われています。
そのため、フォーシームで三振を奪える投手は平均回転数が多く、大谷翔平選手と同じ右投手では、バーランダー(アストロズ)が2623回転、ダルビッシュ(カブス)も2548回転です。大谷翔平選手はこれよりもだいぶ少なく平均2206回転です。
まあ大谷翔平選手の場合、早い速球と決め球である落差の大きいスプリット(日本でのフォーク)のコンビネーションが決め手のようです。

まあ、大谷翔平選手は23歳。まだまだ投手としても伸び盛りの歳なので、これからも楽しみですね。

ppbear
ppbear

早く、大谷選手が投げるところみたいなぁ~

  ⇒ “大谷翔平選手”に関する記事

▶ 春の選抜高校野球2018出場校の選手たちの出身チーム~東日本編

▶ 春の選抜高校野球2018出場校の選手たちの出身チーム~西日本編

▶ メジャーリーグ現役最速投手は誰?大谷翔平選手はどのレベル?

▶ 大谷翔平選手とベーブ・ルースの比較

▶ 著名スポーツ選手に多い血液型はB型

 

タイトルとURLをコピーしました