日本三大金運神社に参拝して金運をつかもう!

ネットを徘徊していると偶然「日本三大金運神社」というものを見つけました。なぜ「日本三大金運神社」と呼ばれるようになったかはわかりませんが・・・、まあ縁起が良さそうなので今回はこの3つの神社をご紹介します。

富士山麓にある新屋山神社

まず最初は、首都圏に住んでいる人なら日帰りで参拝が可能な山梨県の新屋山神社です。

この新屋山神社は、富士五湖の河口湖と山中湖の中間辺りにあり、非常に交通の便が良い神社です。
ホームページを見ると下のように、いきなり大きく「金運上昇・商売繁盛・農林繁栄」と出ています。なんか、かなり期待できそうですね。

新屋山神社1

実際にこの新屋山神社は日本一の金運神社と呼ばれ、全国各地から多くの参拝客がこの地を訪れているそうです。

神社の「ご由緒」は以下の通りです。 ※公式HPの内容を引用

新屋山神社は、戦国の室町時代後期、後奈良天皇の御時天文3年(西暦1534年)10月17日の創建にして、1727年修復、1890年(明治23年)に弊殿、拝殿の造営、1934年(昭和9年)10月17日に本殿を再建し、末社浅間社 大神社を合祀する。1973年(昭和48年)に弊殿、拝殿を改築し、社務所を設置して現在に至る。また富士山2合目に奥宮をもつ。本宮の御社は水源や森の近くで原生林が繁茂する小高い丘にあり、古くから山を守る神、産業の神として地域の林業、農業に携わる人々から大工さん等の職人さんにまで信仰される。

首都圏に住む人なら、富士五湖界隈はよくレジャーや観光で行っているのではないでしょうか?
今度、みなさんも富士五湖に行ったら忘れずにこの新屋山神社を参拝してみてください!

新屋山神社公式HPはこちら
 山梨県富士吉田市新屋神社河原1230
 電話番号:0555-24-0932

北陸最古の神社 金剱宮(きんけんぐう)

金剱宮は、加賀百万石で有名な石川県の金沢市から約10kmほど離れた、白山市鶴来日詰町にある神社です。

この金剱宮は、首都圏からはかなり遠いいのですが、金運を求め一般の参拝客はもちろんのこと、たくさんの大手有名企業の経営陣たちが参拝しに来るそうです。
この金剱宮は、創建は今から遡ること2000年以上も前の紀元前95年(崇神天皇3年)で北陸最古の神社だそうです。

金剱宮

御祭神には邇邇芸命(ににぎのみこと)様が祀られており、他にも大國主神(おおくにぬしのかみ)、大山咋命(おおおやまくいのみこと)、日本武命(やまとたけるのみこと)、事代主神(ことしろぬしのかみ)、猿田彦神など、有名な神様が祀られているパワーあふれるスポットです。

みなさんも北陸を旅行する機会があったら、忘れずにこの金剱宮を参拝してみてください!

 ※公式HPは見つかりませんでした
 石川県白山市鶴来日詰町巳118-5
 電話番号:076-272-0131

首都圏にある安房(あわ)神社

日本三大金運神社の最後は、千葉県の房総半島の先端に位置する館山市にある安房神社です。

この安房神社は東京からも近く、東京湾アクアラインを使えば2時間弱で行くことが出来るため、金運を求め沢山の人が参拝しに来るそうです。
その安房神社はとても歴史が古く、創建は今から2500年以上も昔の初代天皇が即位した皇紀元年(紀元前660年)だそうです。

安房神社

御祭神に祀られている主祭神の天太玉命(アメノフトダマノミコト)は、日本における全ての産業の祖神として信仰を集めている神様で「日本の産業創始の神様」と言われています。中でも企業隆昌や事業繁栄、商売繁盛、技術向上などのご利益があると言われています。
また、神の霊力が非常に高いため、最強の金運神社の一つと言われています。

首都圏に住んでいる方なら、日帰りも楽勝なので、一度ご参拝してみてはいかがですか?

安房神社公式HPはこちら
 千葉県館山市大神宮589番地
 電話番号:0470-28-0034

  ▶▶▶ 仕事運アップや就活・転職にご利益がある首都圏のおすすめ神社3選
  ▶▶▶ 合格祈願にご利益があるおすすめ神社6選
  ▶▶▶ 金運・ギャンブル運アップにご利益がある首都圏のおすすめ神社3選

Ad

意外な事実

  1. 食料自給率6

    食料自給率、日本はどの程度?

    先日テレビを見ていると、「世界の人口爆発と食糧難および日本の食料自給率」について話を...
  2. 高額役員報酬

    高額な役員報酬を支払っている企業は?

    64億円。
  3. 世界で最も高額な年間報酬を得ている企業役員は?

    昨日、突然発覚した日産自動車のカルロス・ゴーン会長の金融商品取引法違反容疑での逮捕。
  4. 韓国と北朝鮮

    分断国家、韓国と北朝鮮はどのようにして生まれたのか?

    韓国と北朝鮮は、なぜ同じ民族で同じ韓国語を話すのに二つの国家に分かれているのだろうか...
  5. 黒湯

    都内で味わえる黒湯温泉、お薦め銭湯ベスト7

    みなさんは、“黒湯温泉”というものを聞いたことがありますか?この黒湯、泉質的には...
  6. 中国の街の雑踏

    日本人と中国人の国民意識の違い

    早いもので、1972年に日中国交正常化してから、もうすぐ半世紀が過ぎます。
  7. 原発

    世界の国別原発の数と今後の原発動向

    2011年3月の東日本大震災の福島原発事故以来、日本にある原発はいったん運転を停止し...

Ad

人気の記事

  1. 北方四島
  2. 関東第一高校サッカー
  3. 2020東京オリンピック
  4. 黒湯
  5. 米国大統領のスキャンダル

ピックアップ記事

  1. 今日、11月9日は、 119番の日だそうです。
  2. 地震
    最近、日本国内では大きな地震がたびたび発生し、各地で大きな被害をもたらしています。
  3. 最近、街で買物や外食をしていると、よく見かけるのが下の「ビジット・ジャパン」キャンペーンのロゴ。
  4. ヒットラー
    今年の2月12日は、ドイツの大統領選挙です。
  5. 所得2極化
    「はたらけど、はたらけど猶わが生活楽にならざり、ぢっと手を見る」これは石川啄木の有名な俳句ですが...