イスラム教徒数とキリスト教徒数が接近中

 

テロだとか難民問題だとかで、世界中のマスコミを日々騒がせているイスラム教徒

皆さんもご存知の通り、イスラム教は西暦610年に「ムハンマド(マホメット)」が唱え、アラー神のみを信仰し、仏教のように仏像を拝むような偶像崇拝を禁じた宗教です。
そのため、毎日決められた五回の時刻に聖地メッカのある方角へ礼拝するが、イスラム教徒の義務だそうです。

今回は、「ムスリム」と呼ばれているこのイスラム教徒について調べてみました。

■世界中で約16億人、世界人口の23.2%を占めるイスラム教徒!

米国の調査機関ピュー・リサーチ・センター(下記参照)によれば・・・、

2010年の世界のイスラム教徒は約16億人、世界人口の23.2%を占めているそうです。
一方、長い歴史の中で何度も激しい争いを繰り返してきたキリスト教徒は、約21億7千万人で世界人口の31.4%。

世界中の人の4人に1人がイスラム教徒だとは驚きました。こんな状況ならば、今後の世界情勢に対してイスラム教徒が大きな影響力を持つのも時間の問題だと感じます。

逆に、たかだか1億人強の「日本」という国の存在は、世界から見たら「ちっぽけなものなんだぁ」と痛感しました。

ちなみに、イスラム教徒居住地域は世界の人口急増地域と大きく重なっている為、ここ40年間のイスラム教徒の増加率は73%、一方のキリスト教徒の増加率の2倍以上に達するそうです。

※ピュー・リサーチ・センター (Pew Research Center)
クリントン政権時に米国初の女性国務長官を務めたオルブライトと前国連大使のダンフォースにより運営されているワシントンにあるシンクタンク。

■2050年にイスラム教徒とキリスト教徒の数がほぼ拮抗

前述のピュー・リサーチ・センターの予測によると・・・、

今後も引き続きイスラム教徒が住む地域の出生率が高いことなどから、2050年にはイスラム教徒は27億6千万人(世界人口比29.7%)となり、キリスト教徒の29億2千万人(同31.4%)に人数と比率で急接近、するそうです。

世界最古の宗教と言われ4000年前に誕生したユダヤ教の血を引き、約1900年の歴史を持つキリスト教。一方、イスラム教は610年に誕生した1500年の歴史。

この世界の2大勢力が、ここ100年で3倍に急増した世界人口の影響で、恐ろしいこと?に、人類史上初めて両勢力の人口が伯仲するのです。

また、予測したシンクタンクにより差はあるものの、どうやら2050年の世界のGNP上位国は・・・、
中国→インド→米国
となるのは確実のようです。

果たして30年後の世界はどうなっているのだろうか?
また、その中で日本はどうなっているのだろうか?

安倍首相をはじめ日本の政治家には、もっと「広く長い目線」で世界を見た政治を行って欲しいものです。

国会中継の与野党の答弁を聞いても、各党の目先の利益追求ばかり。
自分には、これまで庶民が一生懸命働いて築いてきた「日本」という国を、政治家と肥大化した行政がエゴで「ぼろぼろに壊していっている」としか思えないのですが・・・。

▶▶▶ 30年後の2050年には日本と世界はどうなっているのだろうか?
▶▶▶ 人口ピラミッドから見た世界と日本の
    将来
▶▶▶ 戦後日本の実質経済成長率の推移
▶▶▶ 平成30年間の主な出来事と日本の
    変化?
▶▶▶ 所得の二極化が進み中間層が崩壊
▶▶▶ 日本に住んでいる外国人の数は?
▶▶▶ 食料自給率、日本はどの程度?
▶▶▶ 世界のGDPシェアの変遷 
    ~世界経済勢力図の現在・過去・未来

Ad

意外な事実

  1. インドの人口は2070年には脅威の23億人!

    世界で一番人口の多い国といえば、ご存知の通り「中国」。
  2. 世界価値観調査からみた日本人の特異性

    先日ネットをぶらぶらしていると、世界価値観調査というものに出くわしま...
  3. ズワイガニ

    ずわいがにの漁獲量日本一は、なぜか兵庫県!?

    冬真っ盛り、カニの美味しい季節ですねぇ。
  4. 米国防戦略

    米国防戦略が「対テロ」から「中露と競争」に転換

    先日、マティス米国防長官からトランプ政権で初となる、米軍の増強計画など国防の方向性を示す戦略文書「国...
  5. 生涯未婚率上昇

    生涯未婚率上昇で増え続ける一人暮らし高齢者

    近年、未婚率が上昇してることが話題になっていますが、2015年の国勢調査の結果、「生涯未婚率」(50...
  6. 前橋育英高校サッカー部

    前橋育英高校サッカー部選手の出身チームは?(2017年版)

    今年の1月に行われた第96回全国高等学校サッカー選手権大会は前橋育英高校の初優勝で幕を閉じましたが、...
  7. 国民不在で勝手に進められる日本の原子力政策

    先日、認可法人・使用済燃料再処理機構は、青森県六ケ所村で進めているの原子力発電所から出る使用済み核燃...

Ad

人気の記事

  1. 新国立競技場
  2. 安倍総理の外遊

ピックアップ記事

  1. お薦め銭湯ベスト10
    最近のように寒くなってくると、楽しみたくなるのが「温泉」ですね。
  2. ヒットラー
    今年の2月12日は、ドイツの大統領選挙です。
  3. 日本の夏の風物詩“花火大会”。そろそろ全国各地で花火大会が行われる季節になりました。
  4. 湯の花
    今回は、“湯の花(湯の華、湯華とも言う)”についてです。
  5. みなさんは、イタリアには旧ソ連で起きたチェルノブイリ事故の翌年の1987年から現在ま...