イスラム教徒数とキリスト教徒数が接近中

 

テロだとか難民問題だとかで、世界中のマスコミを日々騒がせているイスラム教徒

皆さんもご存知の通り、イスラム教は西暦610年に「ムハンマド(マホメット)」が唱え、アラー神のみを信仰し、仏教のように仏像を拝むような偶像崇拝を禁じた宗教です。
そのため、毎日決められた五回の時刻に聖地メッカのある方角へ礼拝するが、イスラム教徒の義務だそうです。

今回は、「ムスリム」と呼ばれているこのイスラム教徒について調べてみました。

■世界中で約16億人、世界人口の23.2%を占めるイスラム教徒!

米国の調査機関ピュー・リサーチ・センター(下記参照)によれば・・・、

2010年の世界のイスラム教徒は約16億人、世界人口の23.2%を占めているそうです。
一方、長い歴史の中で何度も激しい争いを繰り返してきたキリスト教徒は、約21億7千万人で世界人口の31.4%。

世界中の人の4人に1人がイスラム教徒だとは驚きました。こんな状況ならば、今後の世界情勢に対してイスラム教徒が大きな影響力を持つのも時間の問題だと感じます。

逆に、たかだか1億人強の「日本」という国の存在は、世界から見たら「ちっぽけなものなんだぁ」と痛感しました。

ちなみに、イスラム教徒居住地域は世界の人口急増地域と大きく重なっている為、ここ40年間のイスラム教徒の増加率は73%、一方のキリスト教徒の増加率の2倍以上に達するそうです。

※ピュー・リサーチ・センター (Pew Research Center)
クリントン政権時に米国初の女性国務長官を務めたオルブライトと前国連大使のダンフォースにより運営されているワシントンにあるシンクタンク。

■2050年にイスラム教徒とキリスト教徒の数がほぼ拮抗

前述のピュー・リサーチ・センターの予測によると・・・、

今後も引き続きイスラム教徒が住む地域の出生率が高いことなどから、2050年にはイスラム教徒は27億6千万人(世界人口比29.7%)となり、キリスト教徒の29億2千万人(同31.4%)に人数と比率で急接近、するそうです。

世界最古の宗教と言われ4000年前に誕生したユダヤ教の血を引き、約1900年の歴史を持つキリスト教。一方、イスラム教は610年に誕生した1500年の歴史。

この世界の2大勢力が、ここ100年で3倍に急増した世界人口の影響で、恐ろしいこと?に、人類史上初めて両勢力の人口が伯仲するのです。

また、予測したシンクタンクにより差はあるものの、どうやら2050年の世界のGNP上位国は・・・、
中国→インド→米国
となるのは確実のようです。

果たして30年後の世界はどうなっているのだろうか?
また、その中で日本はどうなっているのだろうか?

安倍首相をはじめ日本の政治家には、もっと「広く長い目線」で世界を見た政治を行って欲しいものです。

国会中継の与野党の答弁を聞いても、各党の目先の利益追求ばかり。
自分には、これまで庶民が一生懸命働いて築いてきた「日本」という国を、政治家と肥大化した行政がエゴで「ぼろぼろに壊していっている」としか思えないのですが・・・。

  ▶▶▶ 平成の30年間の主な出来事と日本の変化?
  ▶▶▶ 政府がこっそり進めている水道事業の民営化を許していいのか?
  ▶▶▶ カジノをギャンブル大国日本に作って大丈夫?
  ▶▶▶ でたらめ政策アベノミクスは日本をダメにする
  ▶▶▶ 国会議員の給与・年収ってご存知?
  ▶▶▶ 安倍政権は日本を食いつぶしているだけ?

Ad

意外な事実

  1. 北朝鮮と国交のある国は、162ヶ国も!

    時が経つのは早いもので、マレーシアのクアラルンプールで、金正男氏が毒殺されてから、半...
  2. オリンピックの経済波及効果

    2020年東京オリンピックの経済波及効果

     今年の3月、東京都は2020年東京オリンピック・パラリンピックの開催に伴う2030...
  3. 甲子園2

    春の選抜高校野球2018出場校の選手たちの出身チーム~東日本編

    今回は今年の春に行われた「第90回選抜高校野球2018」の出場校の登録選手たちの出身...
  4. 慰安婦問題

    日本人から見た韓国、韓国人から見た日本は?

    なにかにつけて日本を非難するお隣の国韓国。
  5. 日本のノーベル賞受賞者とその賞金

    日本のノーベル賞受賞者とその賞金

    毎年秋になると、マスコミは「ノーベル賞」の話題で持ち切りになりますが、この「ノーベル賞」って何なのだ...
  6. 平成の30年間の主な出来事と日本の変化?

    1989年1月7日に昭和天皇が崩御され、幕を開けた平成も、あと1年を切りました。
  7. 男性専用車両は受容される?

    最近、「男性専用車両」の導入希望の声がニュースで取り上げられていたり、「痴漢冤罪保険」が誕生したりと...

Ad

人気の記事

  1. 中国の街の雑踏
  2. 東福岡高校
  3. 青森山田
  4. 白人比率の低下

ピックアップ記事

  1. 最近は高齢ドライバーによる交通事故の増加とともに、今話題のAI(人工知能)の代表格で...
  2. ときどき、TVのバラエティ番組を見ていると、普通のお笑いタレントが「温泉ソムリエ」な...
  3. 弾道ミサイル
    最近の北朝鮮関連の報道を見ていると、「弾道ミサイル」とか「ICBM」とか、さらには「...
  4. 先日ネットをぶらぶらしていると、世界価値観調査というものに出くわしました。
  5. 日本の夏の風物詩“花火大会”。そろそろ全国各地で花火大会が行われる季節になりました。