Jクラブチームの収入源とその収入は?

Jクラブチームの収入源スポーツ
スポンサーリンク

Jクラブチームの収入源

Jリーグ所属チームには、鹿島アントラーズ、浦和レッズ、ガンバ大阪など・・・、いろいろなチームがありますが、クラブチームの収益源はいったいどうなっているのでしょうか?

実はJクラブの営業収益の内訳は、「広告料収入」「入場料収入」「Jリーグ配分金」「アカデミー関連収入」「物販収入」「その他収入」の6つとなっており、このなかでクラブ経営を支える軸となるのが、「広告料収入」「入場料収入」「物販収入」の“3本柱”です。

まず「広告料収入」ですが、これはクラブを支援する企業や法人などのスポンサー(パートナー)から支払われる収入のことです。「広告料」を受ける対価として、各クラブは企業や法人の企業のロゴをユニフォームやホームゲームのピッチサイドなどにを入れ、スポンサーやパートナーの知名度アップを図ります。

「入場料収入」とは、チケット代による売上を指します。当然、どのクラブも満員をめざして様々な施策を展開しています

「物販収入」はユニフォームや関連グッズの売上のことです。クラブのファン・サポーターの多くがホームやアウェイのレプリカユニフォームやタオルマフラーを購入しますが、それ以外にもチームを応援する方々に満足してもらえるグッズをいろいろ工夫して販売しています。

Jクラブの収入ってどのくらい?

では、実際Jクラブの営業収益(売上)はというと・・・、
2016年度で見てみると、トップは浦和レッズで66億円、2位は鹿島アントラーズで56億円です。
意外と少ないと思いませんか?
こんな収入で選手たちに高額な年俸を出し、やっていけるのでしょうか?

◆営業収益ランキング

1位浦和レッズ66億600万円
2位鹿島アントラーズ55億8200万円
3位ガンバ大阪51億4600万円
4位名古屋グランパス47億1300万円
5位横浜マリノス46億9600万円
6位FC東京45億4100万円
7位フロンターレ川崎42億5400万円
8位ヴィッセル神戸38億6500万円
9位サンフレッチェ広島37億9400万円
10位ジュビロ磐田33億300万円

◆チーム人件費

1位浦和レッズ23億8100万円
2位ヴィッセル神戸20億6800万円
3位FC東京20億2500万円
4位名古屋グランパス19億8400万円
5位横浜マリノス19億6600万円
6位鹿島アントラーズ19億2900万円
7位ガンバ大阪19億円
8位柏レイソル17億5300万円
9位川崎フロンターレ16億4300万円
10位サンフレッチェ広島15億5300万円

では、本場欧州のクラブチームはどうなんでしょうか?

本場欧州のクラブ収入

世界的な監査法人であるデロイトが発表している「デロイト・フットボール・マネー・リーグ」によると、2015/16の売上収入上位チームは以下の通りです。

1位マンチェスター・ユナイテッド909億円
2位FCバルセロナ819億円
3位レアル・マドリード818億円
4位バイエルン・ミュンヘン781億円
5位マンチェスター・シティ693億円
6位パリ・サンジェルマン688億円
7位アーセナル618億円
8位チェルシー591億円
9位リバプール533億円
10位ユベントス450億円

さすが世界中で楽しまれている欧州サッカー。クラブチームの売上も日本の10倍以上。トップのマンチェスター・ユナイテッドは909億円で浦和レッズの約14倍。また、ベスト10のうち5つがイギリスプレミアリーグのクラブチームです。世界ナンバーワンリーグと呼ばれているのもわかりますね。
一方、欧州4強リーグの一つであるが最近人気が落ちてきているイタリアのセリエAのクラブチームは一つもなく、20位までをみても・・・、16位のACミランだけ。

まあ、欧州に追いつくのはまあ無理にしても、Jリーグの各チームとももう少し頑張ってJリーガーにもプロ野球選手と同じぐらいの年俸を払って欲しいものです。
*プロ野球選手の平均年俸 3826万円
 Jリーガーの平均年俸 2100万円

Jリーグのクラブライセンス制度って何?
「クラブライセンス」には、J1でプレーするための資格「J1クラブライセンス」とJ2でプレーするための資格「J2クラブライセンス」があります。そのため、仮にJ2でリーグ優勝してもそのチームが「J1クラブライセンス」を持っていなければJ1に昇格はできません。
タイトルとURLをコピーしました