脳卒中、脳溢血、脳梗塞、脳出血って・・・どう違うの?

脳健康関係

自分は自身が脳出血で倒れるまでは・・・、
「脳卒中」と「脳梗塞」の違いも、ほとんどわかっていませんでした。

■脳卒中は脳血管疾患の総称

厚生労働省では、以下のように定義しています。

“脳卒中”とは・・・、
「脳の血管が詰まったり、破れたりして、その先の細胞に栄養が届かなくなって、細胞が死んでしまう病気」

さらに、“脳卒中”は、その原因の違いにより、以下の3種類に分類されています。

  1.脳梗塞
     脳の血管がつまったり、狭くなったりして血流が悪くなる

  2.脳出血
     脳の中の細かい血管が破れて、脳内に出血する

  3.くも膜下出血
     脳動脈にできたこぶ(動脈瘤)が破れて、脳の表面に出血する

%e8%84%b3%e5%8d%92%e4%b8%ad“脳溢血”は、“脳出血”と“くも膜下出血”の両方を指すそうです。

 

図3.jpg

上記以外にも、「脳の血管が詰まり、24時間以内に回復するもの」を“一過性脳虚血発作”と呼んるそうです。

これは、脳梗塞の前触れ発作ともいわれ、
一時的に片方の目が見えなくなったり、
ろれつがまわらない
、半身がいうことをきかなくなる

などの脳梗塞の症状が起こるが、再び血液が流れると症状もなくなるそうです。

毎年25万人以上が脳卒中に!

この“脳卒中”、近年ではなんと恐ろしいことに、
毎年25万人以上が新たに発症しているそうです。
そして、現在約150万人とされる脳卒中の患者総数は、2025年前後には約300万人に倍増する危険性が高いと言われています。
(その中の一人が、自分ですが・・・ (^_^;))

また、昔は高血圧治療が遅れていたために超高血圧の人が多く、
同時に栄養不良で血管が弱くて破れやすかったため、
“脳卒中”の中でも“脳出血”が多かったそうです。

しかし、現在では・・・
糖尿病、高脂質症などの生活習慣病の増加により、
血管が詰まる“脳梗塞”が急増し、
今では“脳卒中”の3/4を占めているそうです。

ちなみに、自分は“脳出血”で倒れました。
何の前触れもなく、突然。
ただ、倒れる一週間前ぐらいから、
仕事で相当無理を重ねていましたが・・・。

人間50過ぎたら、「無理」は禁物! みなさんも、気をつけましょう。

  ▶▶▶ 脳卒中や心筋梗塞の予防にいい「炭酸泉」ってご存知?
  ▶▶▶ 神経内科と脳神経外科の違いは?
  ▶▶▶ 高血圧治療に良い「温泉」ってどんな湯?
  ▶▶▶ 身体に良い療養泉

 

タイトルとURLをコピーしました