えっ、ドイツに大統領っていたの?

 

今年の2月12日は、ドイツの大統領選挙です。 なのに、マスコミでも全然報道されません。
だいたい、ドイツに大統領がいるなんて、自分はつい最近まで知りませんでした。

・・・ということで、今回はドイツの大統領及びその選挙について調べてみました。

 

日本で言えば、世襲でない天皇的存在

日本の ドイツ連邦共和国(いわゆるドイツのこと、以降ドイツと表記します)大使館・総領事館のHPによると・・・、

ドイツの大統領は、主として国の代表(いわゆる国家の顔)としての役割を担い、その主な任務は以下のとおりです。

  • 国の内外に対しドイツを代表する
  • ドイツを国際法上代表し、ドイツの大使を任命し、外国大使の信任状を接受する
  • 連邦首相(以降首相と表記します)の選挙に関する提案
  • 首相および大臣の任免
  • 連邦議会の解散
  • 法律の認証および公布
  • 連邦の恩赦権の行使
  • 連邦の勲章に関する法に基づく事項

ドイツの大統領の権限は、儀礼的・形式的なものにとどまっており、政治的な実権は首相が持ってます。
そう、日本の天皇陛下と安倍首相の権限・役割と、非常に近いものになっているんです。

 

 では、 この大統領は一体どのようにして決められるのでしょうか?

日本の天皇陛下は世襲制ですが、ドイツの大統領は選挙で選ばれます。その任期は5年で 、再任は1回のみ可能となっています。

また、この選挙は国民投票ではなく、「連邦集会」と呼ばれる場で行われます。この連邦集会は、すべての連邦議会議員(日本で言う国会議員)、及び各州議会によって選ばれた同数の代議員により構成されます。
つまり、連邦集会の構成員は、国の代表と地方の代表が半々ということですね。

この大統領選の候補者になる権利は、選挙権を有し、かつ40歳以上の全てのドイツ国民にあるそうです。

肝心の現在のドイツ大統領は・・・、

2012年3月に第11代大統領として選出された、ヨアヒム・ガウク氏(民主化運動出身)です。に選出されました。

そのガウク大統領の任期が、今年2月で終了するため、来月2月12日に次期ドイツ大統領を選ぶための大統領選挙が行われるのです。

ドイツ大統領

↑↑ 現在のドイツ大統領、ガウク氏

 

昨年11月にドイツ大統領は、訪日していた!

実は、ドイツ大統領ガウク氏は、昨年の11月13日~18日にかけ、日本を公式に訪問していたそうです。自分は、全然知りませんでした。 (^-^;

東京では、天皇皇后両陛下ご会見、並びに安倍首相他との会談や早稲田大学において講演、経済関係者や各界の有識者とも交流をしたそうです。

その中で、日独関係、欧州関連のテーマと並び、東アジア地域情勢など最近の政治・経済情勢における課題も取り上げられたそうです。

また、京都や長崎にも訪問し、長崎では原爆資料館や平和公園等を視察したそうです。

ドイツ3

各種情報源・写真の出典)  ドイツ大使館・総領事館のHP

   ▶▶▶ アメリカ大統領を途中解任(罷免)ってできるの?
   ▶▶▶ フランスの大統領の任期中の解任はできない?
   ▶▶▶ 人口ピラミッドから見た世界と日本の将来
   ▶▶▶ レーガン元大統領とトランプ大統領の政策は似てる?


人気ブログランキング

関連記事

Ad

意外な事実

  1. エネルギー革命で、ドイツは2022年には原発ゼロ!

    みなさんは、ドイツで押し進められている「エネルギー革命」ってご存知ですか?自分は...
  2. 2020年東京オリンピックの経済波及効果

     今年の3月、東京都は2020年東京オリンピック・パラリンピックの開催に伴う2030...
  3. 北朝鮮と国交のある国は、162ヶ国も!

    時が経つのは早いもので、マレーシアのクアラルンプールで、金正男氏が毒殺されてから、半...
  4. 賞味期限や消費期限はチェックしてますか?

    食べ物が痛みやすい夏。
  5. 国会議員・官僚・マスコミ等に対する国民の信頼感は?

    毎日毎日、新聞やTVニュースでは、安倍首相の森友学園疑惑と加計学園疑惑のとりとめのない報...
  6. 夏休みの宿題どうしてました?

    お盆も過ぎ夏休みも後半戦になりました。
  7. くつろぎの時間に何をしてますか?

    今回は、アサヒビールが2010年9月に実施した「くつろぎの時間に関するアンケート」の...

Ad

人気の記事

ピックアップ記事

  1. 最近、街で買物や外食をしていると、よく見かけるのが下の「ビジット・ジャパン」キャンペーンのロゴ。
  2. 毎日暑い日が続きますが、今年も恒例の「土用の丑の日」が近づいてきました。
  3. そろそろお盆が近づいてきましたが、お休みは取れそうですか? 今回は資料JPが実施した「お盆休みに...
  4. 北方四島
    最近、マスコミでよく目にする北方四島の領土問題。
  5. 世界中が「ビッククリ」し、おー騒ぎしている、米国のトランプ新大統領の誕生。