えっ、ドイツに大統領っていたの?

ヒットラー

 

今年の2月12日は、ドイツの大統領選挙です。 なのに、マスコミでも全然報道されません。
だいたい、ドイツに大統領がいるなんて、自分はつい最近まで知りませんでした。

・・・ということで、今回はドイツの大統領及びその選挙について調べてみました。

 

日本で言えば、“世襲でない天皇”的存在

日本の ドイツ連邦共和国(いわゆるドイツのこと、以降ドイツと表記します)大使館・総領事館のHPによると・・・、

ドイツの大統領は、主として国の代表(いわゆる国家の顔)としての役割を担い、その主な任務は以下のとおりです。

  • 国の内外に対しドイツを代表する
  • ドイツを国際法上代表し、ドイツの大使を任命し、外国大使の信任状を接受する
  • 連邦首相(以降首相と表記します)の選挙に関する提案
  • 首相および大臣の任免
  • 連邦議会の解散
  • 法律の認証および公布
  • 連邦の恩赦権の行使
  • 連邦の勲章に関する法に基づく事項

ドイツの大統領の権限は、儀礼的・形式的なものにとどまっており、政治的な実権は首相が持ってます。
そう、日本の天皇陛下と安倍首相の権限・役割と、非常に近いものになっているんです。

 

 では、 この大統領は一体どのようにして決められるのでしょうか?

日本の天皇陛下は世襲制ですが、ドイツの大統領は選挙で選ばれます。その任期は5年で 、再任は1回のみ可能となっています。

また、この選挙は国民投票ではなく、「連邦集会」と呼ばれる場で行われます。この連邦集会は、すべての連邦議会議員(日本で言う国会議員)、及び各州議会によって選ばれた同数の代議員により構成されます。
つまり、連邦集会の構成員は、国の代表と地方の代表が半々ということですね。

この大統領選の候補者になる権利は、選挙権を有し、かつ40歳以上の全てのドイツ国民にあるそうです。

肝心の現在のドイツ大統領は・・・、

2012年3月に第11代大統領として選出された、ヨアヒム・ガウク氏(民主化運動出身)です。に選出されました。

そのガウク大統領の任期が、今年2月で終了するため、来月2月12日に次期ドイツ大統領を選ぶための大統領選挙が行われるのです。

ドイツ大統領

↑↑ 現在のドイツ大統領、ガウク氏 

昨年11月にドイツ大統領は、訪日していた!

実は、ドイツ大統領ガウク氏は、昨年の11月13日~18日にかけ、日本を公式に訪問していたそうです。自分は、全然知りませんでした。 (^-^;

東京では、天皇皇后両陛下ご会見、並びに安倍首相他との会談や早稲田大学において講演、経済関係者や各界の有識者とも交流をしたそうです。

その中で、日独関係、欧州関連のテーマと並び、東アジア地域情勢など最近の政治・経済情勢における課題も取り上げられたそうです。

また、京都や長崎にも訪問し、長崎では原爆資料館や平和公園等を視察したそうです。

ドイツ大統領ガウク氏

各種情報源・写真の出典)  ドイツ大使館・総領事館のHP

▶▶▶ 驚きの日本の人口ピラミッド推移
▶▶▶ 人口ピラミッドから見た世界と日本の
    将来
▶▶▶ 戦後日本の実質経済成長率の推移
▶▶▶ 平成30年間の主な出来事と日本の
    変化?
▶▶▶ 所得の二極化が進み中間層が崩壊
▶▶▶ 日本に住んでいる外国人の数は?
▶▶▶ 食料自給率、日本はどの程度?

Ad

意外な事実

  1. 合格祈願にご利益があるおすすめ神社6選

    今の世の中、いくつになっても「試験」との戦いですね。
  2. 日本の労働時間と労働生産性

    国際的に見た日本の労働時間と労働生産性は?

    長時間労働が社会問題になるほど「休めない」というイメージが強い日本ですが、現在、政府は来年2019年...
  3. 財政破綻

    平成の30年間で政府予算は1.6倍、社会保障費は3倍増に!

    2018年度の政府予算額は100兆円目前の過去最大の97.7兆円。
  4. 順天堂大学サッカー部

    順天堂大学サッカー部(蹴球部)の選手の出身チームは?(2018年版)

    関東地域の大学サッカーの頂点である関東大学サッカー1部リーグに属し、 1957年に創部され60年近い...
  5. 米国大統領のスキャンダル

    米国大統領が起こした大スキャンダルの結末

     現在、FBIがトランプ氏周辺とロシアとの不透明な関係を調べている最中なのに、先日突...
  6. 2025年問題

    避けて通れない「2025年問題」

    みなさんは、「2025年問題」というものをご存知ですか? 最近はこの「2025年問題」という言葉...
  7. 農業改革

    安倍政権の農業改革は本当に進むのか?

    政府は半世紀近くにわたって日本の農業を続けてきた束縛してきたコメの生産調整、いわゆる減反政策を今年2...

Ad

人気の記事

  1. スティーブン・バノン
  2. 黒湯
  3. 安倍総理の外遊
  4. 北方四島

ピックアップ記事

  1. 新聞
    最近、電車の中で新聞を読んでいる人をほとんど見かけなくなりましたね。
  2. 最近、日本在住の外国人や観光目的で来日した外国人観光客の間で、グリーンツーリズムなる...
  3. 先日病院で診察の順番を待っている時、壁に貼られていたポスターのひとつに「オーソライズ...
  4. 大学
    最近、TVのニュース解説番組を見ていると、解説者として様々な分野の専門家が出演していますが、彼らの肩...
  5. 子供の運動神経
    今回は、「運動神経は10歳で決まる!」という本を、たまたま行きつけの図書館で見かけ、...