高すぎる国会議員の年収(報酬)とその平均年齢(衆議院議員)は?

政治・行政

相変わらず国会では、まるでテレビのバラエティー番組のようなとりとめのない議論がなされています。
一方で、1日あたり720億円ずつ増え続けている財政の借金。それなのに、高い給料をもらっている国会議員が、こんな私達庶民から見ても「くだらない議論」に時間を無駄に使っていいのでしょうか?
そこで今回は、国会議員の年収(報酬)や年齢構成等ついて調べてみました。

おやじ
おやじ

おいおい、1日720億円も借金が増えているのかよ!

スポンサーリンク

基本報酬は年間約2,200万円

国会議員の月給は「歳費」と呼ばれるらしく、新人でもベテランでも皆同じで、月額129万4000円、1年では1552万8000円が支給されます。
この金額は、おそらく一部上場企業の執行役員クラスの月給と同じぐらいだと思います。まあ、ちゃんと仕事をしていれば許せない金額ではないでしょうか。

また、「歳費」(月給)とは別に「期末手当」(いわゆるボーナス)が、期末に約635万円が支給されます。サラリーマン風に言うと、約5ヶ月分のボーナスの支給です。
この「歳費」と「期末手当」を合わせた額、
約1552万円+約635万円=約2187万円が、国会議員の基本報酬と言われています。

基本報酬以上にぶ厚い「手当て」

しかし、国会議員の先生方には、この給料の他に以下のような「手当て」が支給されているのです。

1.文書通信交通滞在費
国会議員が議員活動で使用する文書費や通信費として支払われる手当てで、月に100万円が支給され、年間では1,200万円が支払われます。
最近は、NETが普及しているので日々の通信費はせいぜい数万円程度では? あとは、盆と正月の季節の挨拶手紙、1万人×2回×62円=124万円程度(仮)では? では、残りの約1,000万円はどこへ?

金まみれの日本の国会議員

金まみれの日本の国会議員

2.立法事務費
国会議員の立法調査研究活動を行うための必要経費の一部という名目で、月に65万円が支給され、年間では780万円が支払われます。
ただ、議員立法の数は非常に少なく、国会全体(全議員)でも年に200件もありません。では、この780万円はどこへ?

3.JR特殊乗車券、国内定期航空券
JRの新幹線グリーン車含むすべての路線を乗り放題できる議員パスが支給され、航空券も無料券が支給されます。また、これとは別に、公務により派遣された場合にかかった旅費も支給されます。人に会うのが仕事の国会議員ですから、事実上全ての行動費(旅費)は主要経費として落とされているのでしょう。

4.秘書給与
さらに国会議員は、公費で3人まで秘書を雇用することができます。秘書の給与はランクなどによって異なりますが、だいたい600万円~1,000万円/年と言われています。これが3人分になるので1,800~3,000万円/年になります。そのうち、約2500万円が国から支給される形になっています。
この公設秘書には、第一秘書、第二秘書、そして特別な資格が必要な政策担当秘書に分かれています。ただ、第一秘書と第二秘書には特別な資格は必要なく、自分の子供や親戚でも誰でも構わないのです。若い議員の中では、名前だけ借り、費用だけ請求しているケースもあり、度々問題になっていますね。

上記のような手当以外に、各政党に支払われる政党交付金の一部も、各議員に支給されています。政党からの支給額は、政党により異なるものの数100~1000万円程度といわれている。

これらの数字を合算すると次のようになります。

1.歳費(=基本給) 1552万8000円(月額129万4000円)
2.期末手当(=ボーナス)635万円
3.文書通信費(=手当て1)1200万円(月額100万円)
4.立法事務費(=手当て2)780万円(月額65万円)
5.JR特殊乗車券、国内定期航空券 ※金額換算不能
6.秘書給与 約2500万円
7.政党からの支給 1000万円と仮定
合計 76,678,000円

そうなんです、社会人としての受け答えすらまともにできず、くだらないヤジばかりを飛ばしているような若い議員たちでも、毎年8,000万円近いお金をもらっているのです。
ちなみに、この国会議員の基本報酬を下記のように海外の主要国と比べると非常に高額な水準にあります。

日本→約2200万円、米国→約1,700万円、英国→約970万円、ドイツ→約1130万円

それなのに「議員は窮乏している」と主張している自民党の石破茂元幹事長の感覚は、狂っているとしか言いようがありませんね。

まあ議員の人たちが、毎回毎回選挙が近づくと議員の仕事はほったらかし、地元に帰り票集めに必死になっているのも当然ですね。
落ちれば仕事がなくなり、大金も入ってこなくなるのですから。

おやじ
おやじ

信じられないけど、これが現実なんだよなぁ・・・

衆議院議員の平均年齢は55.2歳

次は、国会議員たちの年齢や年代別の構成などについて調べてみました。
現在の衆議院議員の平均年齢は55.2歳で、下の表は主要政党別の議員平均年齢です。

主要政党別の衆議院議員の平均年齢

予想していた通り、一番平均年齢の高いのが自民党で、逆に一番低いのが共産党です。 しかし、意外にもその差はわずか3歳程度
そうなんです、平均年齢でみるとどの政党もそんなに変わらないのです。
自民党は先の選挙で大勝した際に、松下政経塾出身20-30代若手議員が大量に当選ため平均年齢が大幅に下がったのでしょうか?
まあ、いずれにしろ20や30の若いころから、年間8,000万円近い金を自分で自由に使うんだから、まあ3期(12年)もやれば、もはや普通の人間の金銭感覚はまったく無くなっているでしょうね。

衆議院議員の22%が65歳以上

次に、衆議院議員の年代別の構成比を見てみました。

衆議院議員の年代別の構成比

ご覧の通り、一般に言われる定年年齢である65歳を超える高齢議員が22.0%もおり、さらに70歳を超える高齢議員も10.4%もいました。

さらに、政党ごとに年代別の構成比を見てみると・・・、

政党別年代別の構成比

やはり、 自民党は高齢化率が高く、65歳以上26.0%、70歳以上12.0%で、後期高齢者といわれる75歳以上の議員も3.8%いました。
直接年齢とは関係ありませんが、当選回数10回以上の超ベテラン議員衆議院全体で27人、そのうち20人は自民党議員です。

実は衆議院の座席は、各政党の国会対策委員が議員の希望を聞きながら決めていくそうですが、前(下)から当選回数の少ない順に並んでゆき、後ろの方(上)に当選回数の多い大物議員(=高齢議員)が陣取るのが慣例になっているそうです。
自民党の後の方の座席で、長時間にわたる審議の最中に、居眠りをする議員が多いのも当然かもしれませんね。

国会の本会議中に居眠りしている議員たち

国会の本会議中に居眠りしている議員たち

 

皆さんは、このような国会議員の実態をどう思いますか?

20代・30代・40代・50代の平均年収はそれぞれどのくらい?
毎日、一生懸命働いてるのに、給料はなかなかアップしませんよね。 誰もが自分の年収は「同年代の人と比べて、多いの?少ないの?」と疑問に思ったことがあると思います。 そこで今回は「転職サイトDODA」のデータをもとに、年代別の平均年収を見てみました。
東京都職員の年収や退職金はいくら?
人の年収は気になるものですよねぇ~! そこで今回は、築地市場移転問題の責任の所在等で話題になっている、東京都職員の給与・年収や退職金について調べてみました。 東京都職員給与の...
都議会議員の給与(報酬)ってどのくらいの額かご存知ですか?
1.議員報酬+期末手当:約1660万円/年 2.政務活動費:720万円/年 3.費用弁償(=交通費): 議会の出席日数✕1万円、約80万円/年 4.海外視察費:約170万円/年 計約2600万円、任期が4年なので、2600万円✕4年=約1億円です。
日本の政治家や公務員の高すぎる給料
よく「海外の先進国比べ、日本人の所得は低すぎる」、また逆に「海外の先進国比べ、日本の政治家(=議員)や公務員の給料は高すぎる」と言われます。 そこで今回は、「PRESIDENT」のデータを元に、日本の様々な職業の平均年収を見てみました。
安倍政権は日本を食いつぶしているだけ?
阿部政権は、「景気は良くなってきている」「アベノミクスは順調に推移」と言っていますが、自分には全くその実感がありません。デフレも治るどころか悪化しているとしか思えません。 20...
「国の借金」が実質GDPの2.4倍もある日本
先週、財務省から発表された2016年6月末時点での「日本政府の借金」は1,053兆円だそうです。 この「日本政府の借金」=「政府を選んできた国民の借金」=「国民が払うべき借金」...

 

 

タイトルとURLをコピーしました