日本版CCRC構想は非現実的な政策では?

日本版CCRC構想社会問題

みなさんは、「CCRC」っていう言葉を聞いたことはありますか?

政府はいま、地方創生と高齢化社会への対応を目指し、「日本版CCRC構想」と呼ばれる政策を掲げ、推し進めています。そこで今回はこの「日本版CCRC構想」についていろいろ調べてみました。

アメリカで発展したCCRC

CCRCは「Continuing Care Retirement Community」の略称で、1970年ごろからアメリカで発展してきたコミュニティー(街)のことで、「仕事をリタイアした高齢者が、健康なときから介護が必要になる時まで、一貫して継続的なケアが受けられることが保証されているコミュニティー(共同体)」のことを言います。
このCCRCは今では全米各地に約2,000カ所(居住者推定75万人)もあり、高齢化社会の受け皿として成功しているのです。

そこで、日本でもこのCCRCをお手本にし、「生涯活躍のまち」と名付けた「日本版CCRC構想」を策定・推進することで、地方の活性化を図ると同時に、都会の医療介護サービス施設と人材不足も解決していく方針です。

日本版CCRC構想とは?

政府によると・・・、

日本版CCRC構想は、「東京圏をはじめとする高齢者が、自らの希望に応じて地方に移り住み、地域社会において健康でアクティブな生活を送るとともに、医療介護が必要な時には継続的なケアを受けることができるような地域づくり」を目指すものである。

また、本構想の意義として・・・、①高齢者の希望の実現、②地方へのひとの流れの推進、③東京圏の高齢化問題への対応、の3つがあげられています。

さらに「従来の介護施設」と「日本版CCRC」との違いとして以下の3点をあげています。

(1)これまでの介護施設は、要介護状態(しかも高い介護レベル)になってからの入所が普通でした。しかし、日本版CCRC構想では、高齢者は、要介護状態になる前の健康な時点で入居します。その上で、健康寿命を伸ばすための施策が打たれます。

(2)これまでの介護施設における高齢者は、介護サービスを受ける「クライアント」でした。しかし、日本版CCRC構想では、地域での仕事に従事したり、様々な社会活動に参加したり、生涯学習を進めたりする「能動的な存在」であることが期待されます。

(3)これまでの介護施設は、基本的に要介護者だけが暮らしていて、地域社会とのかかわりは限定的でした。しかし、日本版CCRC構想では、そもそも要介護状態にはない健康な時点で移住しますから、地域社会に開かれていて、多世代の交流が期待されます。

本当に政府の考えるような「日本版CCRC」は実現できるのでしょうか?

もともとアメリカのCCRCは富裕層向けで様々な面で「至れり尽くせり」です。しかし、「日本版CCRC」はコストを抑えた一般層向けなので、設備やサービスにも多くの制約が予想されます。
また、利便性のいい首都圏で暮らしてきた高齢者が、本当に地方に移住したいと思うでしょうか?(下のグラフ参照)
「ひと・もの・かね」がない日本の地方自治体に、アメリカのように居住施設だけではなく、商業施設、娯楽施設、医療施設等を「街」レベルで整備できるのでしょうか?

「日本版CCRC」の実現のためには、他にも様々なハードルが考えられますが、政府はちゃんと考えているのでしょうか?

いつもの地方政策と同じように「地方交付金のバラ履き」で終わるような気がしますが・・・。

「炭酸泉」が脳卒中や心筋梗塞の予防にいいってご存知ですか?
先日、テレビを見ていたら、脳卒中や心筋梗塞の予防にいい「血管年齢を若返らせる温泉」として、炭酸泉というものが紹介されていました。 高血圧で脳卒中再発の危険性のある自分は、この...
高血圧改善に良い「温泉」ってどんな湯?
生活習慣病の代表格であるこの「高血圧」性疾患ですが、現在の日本国内の総患者数(継続的な治療を受けている患者数)は、なんと1,010万人にものぼるそうです。 そこで今回は温泉の中で、“高血圧改善に効く泉質”について調べてみました。
日本の労働生産性は国際的に見てどれだけ低いのだろうか?
長時間労働が社会問題になるほど「休めない」というイメージが強い日本ですが、現在、 そこで今回は、国際的に見た日本の労働環境と労働生産性について詳しくみてみました。 世界一多い...
「ふるさと納税」でお得に温泉でリフレッシュしてみては?
みなさんも「ふるさと納税」という言葉は聞いたことがあるとことがあると思いますが、きっと「あれはお金持ちのためのもの。自分たち貧乏人には関係ない。」と思っている人も多いのではないかと...
体の免疫力をアップし、生活習慣病を予防する「笑いのある生活」
TVを見ていても、最近の日本は暗い話題ばかりですが、20歳の時に渋野日向子選手が女子ゴルフの「AIG全英女子オープン」で優勝し、メジャー制覇を果たしたというニュースでの笑顔の映像は...
タイトルとURLをコピーしました