ネット時代の新聞の現状

国民の新聞離れ

 

最近は、インターネットやスマホの普及とともに新聞を読む人が減ってきているという話を耳にします。
そこで今回は、東急が2016年4月に実施した「新聞やニュースに関するアンケート」の結果をご紹介します。調査対象者は KOETOMO会員 6,512人」です。

新聞を毎日読んでいますか?

まず始めに、「新聞を毎日読んでいますか?」と尋ねると・・・、

ほぼ毎日読んでいる人は全体の6割。男性(68%)のほうが女性(55%)と比べ高く、また年代が若くなるほど読む割合が減少しています。ほぼ毎日読んでいる人の割合は、20代と60代以上では55%もの差がありました。

定期購読はしていますか?

続いて、新聞を読んでいる人に「定期購読はしていますか?」と尋ねると・・・、

紙媒体では78%、電子版では18%が定期購読しているとのことでした。

次に、新聞を読んでいない人に「新聞を読まない理由は?」と尋ねると・・・、

1位は「インターネットで様々な情報を得ることができるから(68%)」、続いて2位は「テレビやラジオのニュースで十分だから(59%)」、3位は「購読料が高いから(34%)」という結果でした。
また、20代、30代では「新聞を読む習慣がないから」が他の年代と比べ高く、ライフスタイルの変化が感じられます。

続いて、新聞を定期購読している人に「とっている新聞は?」と尋ねると・・・、

「朝日新聞(39%)」、「日本経済新聞(37%)」、「読売新聞(24%)」の順でした。昔から3大全国紙と言われた「毎日新聞」は4.8%しかありませんでした。・・・時代の変遷ですかねぇ。

次に、定期購読者に「定期購読の理由は?」と尋ねると・・・、

「毎日の習慣だから(63%)」、「世の中のことが分かるから(57%)」、「様々な情報が読めるから(54%)」がTOP3でした。

よく読む面は?

続いて、定期購読者に「よく読む面は?」と尋ねると・・・、

「一面(80%)」「社会面(69%)」、「経済面(59%)」「テレビ欄・ラジオ欄(49%)」の順でした。

最後に、「次の分野に関する情報源?は」と尋ねると・・・、

「社会・政治・経済」は、TV→新聞→ネットの順、また「事件・事故」と「スポーツ・芸能」はTV+ネット、そして「新商品・新サービス」については「インターネットのニュースサイト」の利用が最も高かった。

インターネットが普及する以前は、情報源メディアは、「即時性のTV」「情報量と解説の新聞」と言われていたのですが、現在では「即時性」と「情報量」を兼ね備えたネットがみなさんの情報収集の仕方を大きく変えたようですね。

  ▶▶▶ 国民の新聞離れ、ここまで来ていた!
  ▶▶▶ 国民のTV離れとフジテレビの凋落
  ▶▶▶ ネット広告費がTV広告費を抜くのは時間の問題
  ▶▶▶ 平成の30年間の主な出来事と日本の変化?

Ad

意外な事実

  1. 昭和40年代

    今では信じられない昭和の常識ランキング

    平成もいよいよ30年を迎えるわけですが、その1つ前の「昭和」の時代とは大きく変わっています・そこ...
  2. FIFAワールドカップの過去の最多優勝国は?

    早いものでブラジル開催、ドイツ優勝で湧いたFIFAワールドカップから3年が経ちました...
  3. 石破茂1

    次期自民党総裁候補の石破茂は自己中なオタク

    様々な問題でガタガタしている安倍内閣ですが、マスコミ各社の4月の世論調査の結果を見る限り、かなり危険...
  4. インドの人口は2070年には脅威の23億人!

    世界で一番人口の多い国といえば、ご存知の通り「中国」。
  5. 都議会議員

    都議会議員の給与ってご存知?

    最近、東京都議選まで1か月を切り、都内を歩いていても色々な所で選挙演説が聞かれるよう...
  6. ふるさと納税

    ふるさと納税は金持ちのための合法的な脱税では?

    年末にはたくさんのTVCFが流れた「ふるさと納税」。
  7. 自民党

    官僚出身の代議士の存在と自民党と行政の癒着

    「森友学園」への国有地取引を巡る一連の問題で、告発された佐川宣寿・前国税庁長官ら38人全員が不起訴処...

Ad

人気の記事

  1. 黒湯
  2. 高円宮杯プレミアリーグ昇格戦
  3. 2000年の日本の人口ピラミッド
  4. 弾道ミサイル

ピックアップ記事

  1. ときどき、TVのバラエティ番組を見ていると、普通のお笑いタレントが「温泉ソムリエ」な...
  2. お薦め銭湯ベスト10
    最近のように寒くなってくると、楽しみたくなるのが「温泉」ですね。
  3. EEZ7
    最近、新聞やテレビの報道番組等で「領海」「接続水域」「排他的経済水域(EEZ)」などの難しい言葉をた...
  4. 地震
    最近、日本国内では大きな地震がたびたび発生し、各地で大きな被害をもたらしています。
  5. 大谷翔平
    今、日本中の注目を集めている北海道日本ハムファイターズ大谷翔平選手。