ネット時代の新聞の現状

 

最近は、インターネットやスマホの普及とともに新聞を読む人が減ってきているという話を耳にします。
そこで今回は、東急が2016年4月に実施した「新聞やニュースに関するアンケート」の結果をご紹介します。調査対象者は KOETOMO会員 6,512人」です。

まず始めに、「新聞を毎日読んでいますか?」と尋ねると・・・、

ほぼ毎日読んでいる人は全体の6割。男性(68%)のほうが女性(55%)と比べ高く、また年代が若くなるほど読む割合が減少しています。ほぼ毎日読んでいる人の割合は、20代と60代以上では55%もの差がありました。

続いて、新聞を読んでいる人に「定期購読はしていますか?」と尋ねると・・・、

紙媒体では78%、電子版では18%が定期購読しているとのことでした。

次に、新聞を読んでいない人に「新聞を読まない理由は?」と尋ねると・・・、

1位は「インターネットで様々な情報を得ることができるから(68%)」、続いて2位は「テレビやラジオのニュースで十分だから(59%)」、3位は「購読料が高いから(34%)」という結果でした。
また、20代、30代では「新聞を読む習慣がないから」が他の年代と比べ高く、ライフスタイルの変化が感じられます。

続いて、新聞を定期購読している人に「とっている新聞は?」と尋ねると・・・、

「朝日新聞(39%)」、「日本経済新聞(37%)」、「読売新聞(24%)」の順でした。昔から3大全国紙と言われた「毎日新聞」は4.8%しかありませんでした。・・・時代の変遷ですかねぇ。

次に、定期購読者に「定期購読の理由は?」と尋ねると・・・、

「毎日の習慣だから(63%)」、「世の中のことが分かるから(57%)」、「様々な情報が読めるから(54%)」がTOP3でした。

続いて、定期購読者に「よく読む面は?」と尋ねると・・・、

「一面(80%)」「社会面(69%)」、「経済面(59%)」「テレビ欄・ラジオ欄(49%)」の順でした。

最後に、「次の分野に関する情報源?は」と尋ねると・・・、

「社会・政治・経済」は、TV→新聞→ネットの順、また「事件・事故」と「スポーツ・芸能」はTV+ネット、そして「新商品・新サービス」については「インターネットのニュースサイト」の利用が最も高かった。

インターネットが普及する以前は、情報源メディアは、「即時性のTV」「情報量と解説の新聞」と言われていたのですが、現在では「即時性」と「情報量」を兼ね備えたネットがみなさんの情報収集の仕方を大きく変えたようですね。

   ▶▶▶ 国民の新聞離れ、ここまで来ていた!

関連記事

Ad

意外な事実

  1. 賞味期限や消費期限はチェックしてますか?

    食べ物が痛みやすい夏。
  2. 青森山田サッカー部

    青森山田高校サッカー部選手の出身チームは?(2016年版)

    昨年12月に、U18年代の男子サッカーの最高峰である高円宮杯U-18で優勝し、続くこの1月の全国高校...
  3. 食料自給率6

    食料自給率、日本はどの程度?

    先日テレビを見ていると、「世界の人口爆発と食糧難および日本の食料自給率」について話を...
  4. 日本旅行を希望する中国人のその意識は?

    一時の団体客による爆買いがおさまりまりやや目立たなくなった中国人観光客ですが、いまだ...
  5. ひとり旅で日頃のストレスを解消しリフレッシュ

    もうすぐ秋の行楽シーズンですね。
  6. 中国砂漠化

    中国北京の砂漠化とPM2.5や黄砂による日本への影響

    いろいろマスコミを騒がせるお隣中国ですが、驚くなかれ中国は1960年頃から国土の砂漠化が急速に...
  7. 米国の白人比率は2050年には47%まで減少

    ご存知の通り、先月トランプ米大統領は、メキシコとの国境沿いに3,200kmの壁を建設...

Ad

人気の記事

  1. 2020東京オリンピック

ピックアップ記事

  1. 今回は、「運動神経は10歳で決まる!」という本を、たまたま行きつけの図書館で見かけ、...
  2. 今、日本中の注目を集めている北海道日本ハムファイターズ大谷翔平選手。
  3. 今回は、東急が2016年8月に実施した「デジタル機器の利用に関するアンケート」の結果...
  4. 毎日暑い日が続きますが、今年も恒例の「土用の丑の日」が近づいてきました。
  5. 早いものでもう7月、ヨーロッパではバカンスシーズンの到来ですね。