ネット時代の新聞の現状

国民の新聞離れ

 

最近は、インターネットやスマホの普及とともに、新聞を読む人が減ってきているという話を耳にします。
そこで今回は、東急が2016年4月に実施した「新聞やニュースに関するアンケート」の結果をご紹介します。調査対象者は KOETOMO会員 6,512人」です。

新聞を毎日読んでいますか?

まず始めに、「新聞を毎日読んでいますか?」と尋ねると・・・、

ほぼ毎日読んでいる人は全体の6割。男性(68%)のほうが女性(55%)と比べ高く、また年代が若くなるほど読む割合が減少しています。ほぼ毎日読んでいる人の割合は、20代と60代以上では55%もの差がありました。

定期購読はしていますか?

続いて、新聞を読んでいる人に「定期購読はしていますか?」と尋ねると・・・、

紙媒体では78%、電子版では18%が定期購読しているとのことでした。

次に、新聞を読んでいない人に「新聞を読まない理由は?」と尋ねると・・・、

1位は「インターネットで様々な情報を得ることができるから(68%)」、続いて2位は「テレビやラジオのニュースで十分だから(59%)」、3位は「購読料が高いから(34%)」という結果でした。
また、20代、30代では「新聞を読む習慣がないから」が他の年代と比べ高く、ライフスタイルの変化が感じられます。

続いて、新聞を定期購読している人に「とっている新聞は?」と尋ねると・・・、

「朝日新聞(39%)」、「日本経済新聞(37%)」、「読売新聞(24%)」の順でした。昔から3大全国紙と言われた「毎日新聞」は4.8%しかありませんでした。・・・時代の変遷ですかねぇ。

次に、定期購読者に「定期購読の理由は?」と尋ねると・・・、

「毎日の習慣だから(63%)」、「世の中のことが分かるから(57%)」、「様々な情報が読めるから(54%)」がTOP3でした。

よく読む面は?

続いて、定期購読者に「よく読む面は?」と尋ねると・・・、

「一面(80%)」「社会面(69%)」、「経済面(59%)」「テレビ欄・ラジオ欄(49%)」の順でした。

最後に、「次の分野に関する情報源?は」と尋ねると・・・、

「社会・政治・経済」は、TV→新聞→ネットの順、また「事件・事故」と「スポーツ・芸能」はTV+ネット、そして「新商品・新サービス」については「インターネットのニュースサイト」の利用が最も高かった。

インターネットが普及する以前は、情報源メディアは、「即時性のTV」「情報量と解説の新聞」と言われていたのですが、現在では「即時性」と「情報量」を兼ね備えたネットがみなさんの情報収集の仕方を大きく変えたようですね。

▶▶▶ 人口ピラミッドから見た世界と日本の
    将来
▶▶▶ 戦後日本の実質経済成長率の推移
▶▶▶ 平成30年間の主な出来事と日本の
    変化?
▶▶▶ 所得の二極化が進み中間層が崩壊
▶▶▶ 日本に住んでいる外国人の数は?
▶▶▶ 食料自給率、日本はどの程度?
▶▶▶ 世界のGDPシェアの変遷 
    ~世界経済勢力図の現在・過去・未来

Ad

意外な事実

  1. 2020東京オリンピック

    2020東京オリンピックの全体経費の内訳

    2020東京オリンピックとパラリンピック、開催まで3年半。
  2. インフルエンザと普通の風邪は、どう違う?

    先週末から、娘がインフルエンザにかかり、1週間ほど家で寝込んでいました。
  3. 米国連邦議会

    トランプ政権の運命の分かれ道である米国中間選挙

    最近、TV等で目にすることが多くなった「米国中間選挙」という言葉。
  4. 電通での過労死労災認定について

    最近、マスコミではNHKを中心に民放や一般紙誌でも「電通の過労死が労災認定」の問題を扱っています。
  5. 2019年にはどんなことが予定されているのか?

    猛暑、猛暑と騒いでいたのが、嘘のようにあっという間にストーブを焚く季節になりました。
  6. パチンコ屋

    人口当たりのパチンコ店が日本一多いは、なぜか鹿児島県!?

    自分も学生時代や若いサラリーマン時代には、かなりハマり痛い目にあった「パチンコ」。
  7. 所得2極化

    所得の二極化が進み中間層が崩壊

    「はたらけど、はたらけど猶わが生活楽にならざり、ぢっと手を見る」これは石川啄木の有名な俳句ですが...

Ad

人気の記事

  1. 東京
  2. 食料自給率6
  3. 青森山田

ピックアップ記事

  1. 所得2極化
    「はたらけど、はたらけど猶わが生活楽にならざり、ぢっと手を見る」これは石川啄木の有名な俳句ですが...
  2. 岩盤浴
    最近のスーパー銭湯には、必ずと言ってもいいほど、“岩盤浴”施設があります。
  3. お薦め銭湯ベスト10
    最近のように寒くなってくると、楽しみたくなるのが「温泉」ですね。
  4. 最近、街で買物や外食をしていると、よく見かけるのが下の「ビジット・ジャパン」キャンペーンのロゴ。
  5. ときどき、TVのバラエティ番組を見ていると、普通のお笑いタレントが「温泉ソムリエ」な...