ネット時代の新聞の現状

国民の新聞離れ

 

最近は、インターネットやスマホの普及とともに新聞を読む人が減ってきているという話を耳にします。
そこで今回は、東急が2016年4月に実施した「新聞やニュースに関するアンケート」の結果をご紹介します。調査対象者は KOETOMO会員 6,512人」です。

新聞を毎日読んでいますか?

まず始めに、「新聞を毎日読んでいますか?」と尋ねると・・・、

ほぼ毎日読んでいる人は全体の6割。男性(68%)のほうが女性(55%)と比べ高く、また年代が若くなるほど読む割合が減少しています。ほぼ毎日読んでいる人の割合は、20代と60代以上では55%もの差がありました。

定期購読はしていますか?

続いて、新聞を読んでいる人に「定期購読はしていますか?」と尋ねると・・・、

紙媒体では78%、電子版では18%が定期購読しているとのことでした。

次に、新聞を読んでいない人に「新聞を読まない理由は?」と尋ねると・・・、

1位は「インターネットで様々な情報を得ることができるから(68%)」、続いて2位は「テレビやラジオのニュースで十分だから(59%)」、3位は「購読料が高いから(34%)」という結果でした。
また、20代、30代では「新聞を読む習慣がないから」が他の年代と比べ高く、ライフスタイルの変化が感じられます。

続いて、新聞を定期購読している人に「とっている新聞は?」と尋ねると・・・、

「朝日新聞(39%)」、「日本経済新聞(37%)」、「読売新聞(24%)」の順でした。昔から3大全国紙と言われた「毎日新聞」は4.8%しかありませんでした。・・・時代の変遷ですかねぇ。

次に、定期購読者に「定期購読の理由は?」と尋ねると・・・、

「毎日の習慣だから(63%)」、「世の中のことが分かるから(57%)」、「様々な情報が読めるから(54%)」がTOP3でした。

よく読む面は?

続いて、定期購読者に「よく読む面は?」と尋ねると・・・、

「一面(80%)」「社会面(69%)」、「経済面(59%)」「テレビ欄・ラジオ欄(49%)」の順でした。

最後に、「次の分野に関する情報源?は」と尋ねると・・・、

「社会・政治・経済」は、TV→新聞→ネットの順、また「事件・事故」と「スポーツ・芸能」はTV+ネット、そして「新商品・新サービス」については「インターネットのニュースサイト」の利用が最も高かった。

インターネットが普及する以前は、情報源メディアは、「即時性のTV」「情報量と解説の新聞」と言われていたのですが、現在では「即時性」と「情報量」を兼ね備えたネットがみなさんの情報収集の仕方を大きく変えたようですね。

  ▶▶▶ 国民の新聞離れ、ここまで来ていた!
  ▶▶▶ 国民のTV離れとフジテレビの凋落
  ▶▶▶ ネット広告費がTV広告費を抜くのは時間の問題
  ▶▶▶ 平成の30年間の主な出来事と日本の変化?

Ad

意外な事実

  1. 高額役員報酬

    高額な役員報酬を支払っている企業は?

    64億円。
  2. でたらめ政策アベノミクス

    でたらめ政策アベノミクスは日本をダメにする

    安倍政権はことあるごとに「戦後2番目の長さ景気拡大」や「日経平均のバブル崩壊後の高値更新」を謳い、自...
  3. オリンピック施設

    東京オリンピックで新設する都立競技施設6つ

    2年後に迫ってきた2020年東京オリンピックですが、新設する競技施設の工事も本格化しているようです。
  4. 中国人観光客のマナーの悪さ

    許せない中国人観光客のマナーの悪さ

    日本はすっかり正月気分も吹っ飛びましたが、中国最大のイベントである「春節」が近づいてきました。
  5. 大谷翔平

    大谷翔平選手とベーブ・ルースの比較

    今、日本中の注目を集めている北海道日本ハムファイターズ大谷翔平選手。
  6. 日中の国旗

    日本人の中国イメージは大きく変化

    先日総理府のHPを見ていたら、日本と中国の関係を見ていく上で面白いデータを発見したので、今回は...
  7. 阪南大学高

    阪南大学高校サッカー部選手の出身チームは?(2018年版)

    U18年代の男子サッカーの最高リーグであるプレミアムリーグWESTで昨年に引き続き活躍している阪南大...

Ad

人気の記事

  1. 米国大統領のスキャンダル
  2. 高齢ドライバー事故
  3. 東京一極集中
  4. トランプ政権と東アジア問題

ピックアップ記事

  1. 電通によれば、2016年の日本の総広告費は6兆2,880億円、前年比101.9%と、5年連続でプラス...
  2. スマホが普及し、電車の中や駅のベンチで本を読む人の姿を見かけなくなりました。
  3. 人の年収は気になるものですよねぇ~! そこで今回は、築地市場移転問題の責任の所在...
  4. 脳
    自分は自身が脳出血で倒れるまでは・・・、 「脳卒中」と「脳梗塞」の違いも、ほとんどわかって...
  5. 総務省から発表された科学技術研究調査によると、日本の「技術貿易」の黒字は年々増え続け平成27年度には...