献血率日本一の都道府県は、なぜか北海道!?

献血車社会&国際問題

よく駅前で見かける献血車ですが、日本赤十字社によれば2016年度の全国の献血者数は約482万9千人で、献血者数を献血可能人口で割った「献血率」は5.7%で、20人弱に1人だそうです。

では、「献血率」が最も高い都道府県というと、どこを思い浮かべますか?

なぜか北海道がダントツで1位!

自分は・・・、若者が多い東京などの首都圏かなぁと思いましたが、以下の2016年度の都道府県別献血率を見てみると、東京都は5.7%で20位でした。
注目の1位は、理由はわかりませんがダントツの6.9%で「北海道」でした。昔の厳しい開拓者時代に培われた「助け合い精神」が、今でも道民の心の底に残っているのでしょうかぇ?

こう見てみると「献血率」には、目ぼしい地域特性はないように思われます。ただ、関東よりも関西の方が総じて高いようで、やはり関西人は「情に厚い」のでしょうかねぇ。
また、個人的には自分のふるさとである神奈川県がワースト4とは・・・、悲しい気持ちになります。

 献血率
北海道6.9
広島県6.5
群馬県6.4
大阪府6.3
和歌山県6.2
福島県6.1
京都府6.1
山梨県6.0
高知県6.0
長崎県6.0
熊本県6.0
栃木県5.9
岡山県5.9
大分県5.9
宮崎県5.9
新潟県5.8
鳥取県5.8
鹿児島県5.8
東京都5.7
佐賀県5.7
福井県5.6
山口県5.6
福岡県5.6
宮城県5.5
秋田県5.5
石川県5.5
山形県5.4
長野県5.4
兵庫県5.4
香川県5.4
岩手県5.3
富山県5.3
愛知県5.3
徳島県5.3
沖縄県5.3
青森県5.2
愛媛県5.2
千葉県5.1
岐阜県5.1
静岡県5.1
奈良県5.1
滋賀県4.9
茨城県4.8
神奈川県4.7
三重県4.6
埼玉県4.5
島根県4.5

データ出典元:日本赤十字社

深刻な若い世代の献血離れ!

次に世代別の献血者の動向を見てみます。下のグラフは「年代別の献血者数の推移」です。

ここ10年余りの間に、40歳代と50歳代以上が増加傾向にあるのに対して、16-19歳、20歳代、30歳代が大幅に減少しており、若い世代の献血離れが鮮明となっています。特に20歳代は、このグラフにはありませんが1994年度の210万人から、2016年度は78万人と3分の1近くまで減少しているそうです。これは、少子化による人口減のスピードを上回るものです。

日本赤十字社によれば、「出血を控える手術など医療技術の進歩で、予測に反して輸血用血液製剤の供給が減少に転じたため、当面は現在の献血率(5.7%)を維持すれば大丈夫。」と言っていますが、今後の少子高齢化の急進展を考えると、この「若い世代の献血離れ」に対して早めに手を打たなければまずいのではないでしょうか?

 →→→ はたちの献血」キャンペーン

みなさんは、どう思いますか?

▶▶▶ ずわいがにの漁獲量日本一は、なぜか兵庫県!?
▶▶▶ 切り花類の出荷量日本一は、なぜか愛知県!?
▶▶▶ 人口10万人当たりの大学数日本一は、なぜか京都府!?
▶▶▶ 人口当たりの犯罪発生率が日本一は、やはり大阪府!
▶▶▶ 人口当たりのパチンコ店が日本一多いは、なぜか鹿児島県!?
▶▶▶ 1世帯あたり貯蓄額日本一は、なぜか奈良県!?
▶▶▶ 人口10万人あたりの現役医師数日本一は、なぜか徳島県!?
▶▶▶ マヨネーズの消費量日本一は、なぜか鳥取県!?
▶▶▶ とうがらしの生産量日本一は、まさかの東京都!?
▶▶▶ マヨネーズの消費量日本一は、なぜか鳥取県!?
▶▶▶ インスタントラーメン消費量日本一は、なぜか青森県!?
▶▶▶ チーズの生産量日本一はなぜか神奈川県!?

タイトルとURLをコピーしました