ウィルスと細菌の違いは?

健康関係

しばしば混同して理解されることも多いウイルスと細菌。ところで、この2つの違いをご存知ですか?
自分は知らなかったので今一度両者の違いを調べてみました。

まず、ウイルスですが・・・、

ウイルスは非常に単純な構造で細胞がなく、タンパク質でできた「カプシド」と呼ばれる殻のなかに遺伝子情報となる核酸が収められているだけです。ただ、インフルエンザウイルスなど一部のウイルスには、カプシドの外に「エンベロープ」という膜がついているものもあります。大きさ的には1mmの1/10000以下と非常に小さく、私達が学校で使ったような光学の顕微鏡では見ることができません。ちなみに一般的な生物の細胞と比べると、ウイルスの大きさは100〜1000分の1程度しかありません。

またウイルスは自分自身で増殖することはできず、他の生物の細胞の中に入り込み、その細胞がもっているDNAやRNAの増殖機構を借りて、自分のDNA(またはRNA)を増殖させます。すなわち、他の生物の細胞の中に侵入して「寄生」しないと増えることができないのです。

ウイルスの感染が原因である病気は数多くあります。有名なところでは一番身近な病気である「風邪(かぜ症候群)」「インフルエンザ」や「感染性胃腸炎(ノロウイルス)」、まだ世界中で恐れられている「デング熱」や「エボラ出血熱」、「MERS(中東呼吸器症候群)」などもすべてウイルスによる病気です。

恐ろしいことにウイルスには抗生物質(ペニシリンなど)はまったく効かず、ほとんどのウイルスにはウイルスそのものをやっつける薬はないのが現状です。ただ、インフルエンザには抗インフルエンザウイルス薬と呼ばれるタミフルなどの薬があり、これは抗生物質ではありませんが、インフルエンザウイルスが人の身体の中で増えるのを抑える作用があるそうです。

次は細菌です。

細菌はウイルスよりも数10倍〜100倍くらいの大きさです。またウイルスとの最も重要な違いは、細菌は自分の力で増殖することができる点です。そのため、飲みかけのジュースをそのままずっと置いておくと、そのジュースに細菌が混入し、ジュースに含まれている糖分を「えさ」として勝手に分裂・増殖し、“細菌だらけ”になります。

また、細菌が原因となる感染症には下記のようなものが挙げられます。

百日咳、梅毒、結核、コレラ、ジフテリア、マイコプラズマ肺炎、赤痢、溶連菌感染症、O-157などの腸管出血性大腸菌感染症 などです。ちょっとややこしいのですが、肺炎や咽頭炎はウイルスも引き起こすことがあるのでウイルス性肺炎、細菌性肺炎などと呼んで区別しています。

うれしいことにウイルスとは違い細菌には抗生物質が効くので、「おかしいな?」と思ったら早めに病院に行きましょう!

▶▶▶ 人口ピラミッドから見た世界と日本の
    将来
▶▶▶ 戦後日本の実質経済成長率の推移
▶▶▶ 平成30年間の主な出来事と日本の
    変化?
▶▶▶ 所得の二極化が進み中間層が崩壊
▶▶▶ 日本に住んでいる外国人の数は?
▶▶▶ 食料自給率、日本はどの程度?
▶▶▶ 世界のGDPシェアの変遷 
    ~世界経済勢力図の現在・過去・未来
▶▶▶ ここ50年で日本の一人当たり国民総所得(名目GNI)はどう変わった?

タイトルとURLをコピーしました