スタートアップ企業って何?ベンチャー企業とどう違う?

シリコンバレーの看板経済・社会
出典:u-note.me

皆さんは「スタートアップ企業」という言葉をご存知でしょうか?
自分はいわゆる「ベンチャー企業ことでしょ!」と思いながら読み流してきました。
しかし、最近あまりにもこの「スタートアップ企業」という言葉に出くわすことが増えてきたので、今一度、この言葉が「何を意味するのか」、「ベンチャー企業とはどこが違うのか」を調べてみました。

スタートアップ企業の定義は?

スタートアップ企業(startup company)という言葉は、もともとIT関連企業が集まる米国のシリコンバレーで生まれた言葉だそうです。

では、その定義はというと・・・、どうやら明確なものは無いようです。ただ、一般的には・・・、

今までにない新しい価値を生み出すビジネスを開発し、人びとの生活やビジネスに影響を与える企業

を指すことが多いようです。

また、「スタートアップ企業の条件」=「イノベーションの観点がある」+「社会貢献を目的にしている」とする人もいます。

まあ、ざっくりと言ってしまえば「革新的なアイディアや技術で人々の生活をよくする」企業ですかねぇ。

では、ベンチャー企業の定義は?

一方のベンチャー企業の方も、明確な基準や定義はないようですが、一般的には・・・、

革新的なアイデアや技術をもとにして、ベンチャーキャピタル(VC)などの投資機関から資金援助を受けて、今までにない新しいサービスやビジネスを展開する企業」

を指すことが多いようです。
まあ、ざっくりと言ってしまえば「アイディアや技術を担保に金を借りビジネス化」する企業ですかねぇ。

ただ、このベンチャー企業という言葉は、日本の日本ベンチャー学会の清成氏などによって創作された言葉だそうで、海外ではあまりメジャーな言葉ではないようです。

ベンチャー企業とスタートアップ企業の違い

結論から言ってしまえば、どちらも明確に定義づけられた言葉ではないため、それらの言葉を使う人や会社、団体などによって解釈に違いがあるようです。

ただ一般的には、スタートアップ企業は普通のベンチャー企業よりも「新しいビジネスを短期間で成長させることで、先行者として優位性を獲得し市場を独占する」という意識の強い企業を指すことが多いようです。

簡単に両者の差をまとめると、

●ベンチャー企業は日本発祥スタートアップ企業は米国発祥の言葉

●スタートアップ企業の方が「ビジネス化へのスピード感」が強い

もっと生々しく言えば、スタートアップ企業は短期間で事業と新市場を立ち上げ、その後の株売却で創業した人や投資家に利益をもたらす企業のことです。
さすが、ビジネスオリエンテッドで競争の激しいシリコンバレーですね。

ナスダック

出典:日経HP

▶▶▶ トランプ大統領の公約と現在の実現状況は?
▶▶▶ ここ50年で日本の一人当たり国民総所得(名目GNI)はどう変わった?
▶▶▶ 2020東京オリンピックが失敗に終わる理由
▶▶▶ 日本に住んでいる外国人の数は?
▶▶▶ 東京がアジアからの不良外国人で溢れる街になる!?
▶▶▶ 世界のGDPシェアの変遷~世界経済勢力図の現在・過去・未来

 

タイトルとURLをコピーしました