世界のGDPシェアの変遷 ~世界経済勢力図の現在・過去・未来

米国のトランプ政権が誕生して1年半が過ぎ、米国の保護主義経済政策はますます加速しています。
そこで今回は、この半世紀で世界の経済勢力図がどのように変わってきたのか、名目GDPの世界シェアという目線から見てみました。

1970年当時の名目GDP世界シェア

第二次世界大戦後の世界は、共産主義(東側)の盟主「ソビエト連邦(ソ連)」と資本主義(西側)の盟主「米国」がイデオロギーを巡る覇権争いを繰り広げていた東西冷戦時代でした。当然のことながら、西側陣営と東側陣営の間での貿易などの経済交流はほとんどない時代でした。

そんな時代の名目GDPの世界シェア(1970年)は下記のグラフのようになっていました。

世界のGDPシェア1970年

1位が米国で3.4兆ドル、そのシェアは31.6%でダントツでした。続いて2位はソ連で12.7%、3位はドイツの6.3%、4位は日本の6.2%となっていました。
そうです、東西冷戦時代といえどもGDPという経済指標では、圧倒的に西側陣営が優位だったのです。まあ、結局のところその後のソ連崩壊や東側陣営の崩壊の原因は、このような大きな経済格差にあったのですが・・・。

1990年当時の名目GDP世界シェア

1980年代に入ると、ソ連を中心とした東側陣営の経済が停滞し、1991年にはついにソ連は崩壊してしまいます。

その直前の1990年の名目GDPの世界シェアは下記のグラフのようになっていました。

世界のGDPシェア1990年

20年前には12.7%で2位だったソ連のシェアは3.4%にまで縮小してしまい、トップの米国との差は歴然となりました。
そして、ソ連に代わって世界2位に浮上したのが日本です。当時の日本は米国の1/2以上のGDPを誇り、バブル時代の1987年には一人当たりGDPで米国を超えていたのです。ちょうどこの時代は、日米貿易摩擦が深刻化した時期と重なっているのです。

2017年現在の名目GDP世界シェア

その後、自由主義経済のもとで経済のグローバル化が大きく進展し、その中で台頭してきたのが1978年に改革開放に動きだした中国です。
中国は、10年以上も二桁の経済成長を続け、2008年の世界経済を揺るがしたリーマンショックに際しても、欧米先進国の成長率が軒並みマイナスに落ち込む中で、中国はいち早く大型景気対策を打って前年比9.2%増の高成長を維持したのです。
そして2010年には、中国はついに日本を抜き世界2位の経済大国になったのです。

米中2強時代の始まりといわれる昨年2017年の世界の名目GNPは79.9兆ドルで、そのシェアは下記のグラフのようになっています。

世界のGDPシェア2017年

1970年当時、31.6%のシェアを誇っていた1位の米国は、24.3%にまでシェアが低下しています。
一方、急成長を遂げた中国は1990年の1.7%というシェアから15.0%にまで一気にシェアをアップしています。
そんな中、日本は1990年の13.7%というシェアから6.1%と半分以下のシェアになり、3位となっています。

5年後の2022年の名目GDP世界シェア

最後に、IMF(国際通貨基金)の予測の5年後の2022年の名目GDPの世界シェアは、下記のグラフのようになっています。

GDP世界シェア2022年

2022年の世界のGDPは108.5兆ドルで2017年に比べ36%も増えています。
そのシェアは、米国が21.9%でかろうじて1位を守っていますが、2位の中国はさらにシェアを伸ばし18.4%と米国に急接近します。
日本は、さらにシェアを落として5.3%でかろうじて3位となっています。

また、この5年間のGDP増加額で見てみると、1位は中国の7.9兆ドル、2位は米国の4.4兆ドル、3位はインドの1.6兆米ドルとなっています。
日本やドイツ、イギリス、フランスなどの先進国は、悲しいかな、もはや世界経済のメインプレイヤーではないのです。

IMFのその後の予測では、このまま大きな戦争や大きな世界経済ショックがなけれは、2029年には中国は名目GDPで米国を抜き、世界一の経済大国になるそうです。さらに、2050年にはインドも台頭してきて米国を抜き2位になるそうです。つまり、1位中国、2位インド、3位米国となっているのです。

ほんと、これからの世界経済はどうなっていくのでしょうか?
膨大な財政赤字を抱えたまま、人口減少&超高齢化社会をむかえる日本は、どうなってしまうのでしょうか?
同盟国をも巻き込んだ保護主義経済政策を推し進めるトランプ政権の米国は、日本の国内のことなど助言もしないだろうし、ましてや絶対に助けてくれるようなことはないだろうし・・・。

シャッター街

  ▶▶▶ 東洋人と西洋人の思考はどう違う?
  ▶▶▶ 所得の二極化が進み中間層が崩壊
  ▶▶▶ 驚きの日本の人口ピラミッド推移
  ▶▶▶ 2070年のインドの人口は脅威の23.0億人!
  ▶▶▶ 日本の将来人口と高齢化の将来像
  ▶▶▶ 平成の30年間の主な出来事と日本の変化?

Ad

意外な事実

  1. 日本三名城、名古屋城・大阪城・熊本城

    世間でよく言われる「日本三名城」は、名古屋城、大阪城、熊本城です。
  2. 外国人の和食・日本料理イメージ

    外国人の和食・日本料理イメージは?

    私たち日本人が毎日食べている和食。外国人からも「ヘルシー」と非常に人気ですね。
  3. 日本代表メンバー

    サッカー日本代表メンバーはハリルから西野新監督でどう変わった?

    ロシアFIFAワールドカップ(2018年6月14日~7月15日)までついに1ヶ月をきりましたね。
  4. 明治大学サッカー部

    明治大学体育会サッカー部の選手の出身チームは?(2018年版)

    関東地域の大学サッカーの頂点である関東大学サッカー1部リーグ12チームの中で有名私立大学である明治大...
  5. オリンピックの経済波及効果

    2020年東京オリンピックの経済波及効果

     今年の3月、東京都は2020年東京オリンピック・パラリンピックの開催に伴う2030...
  6. 中国砂漠化

    日本の国土と同じ広さが約11年で砂漠化している中国

    中国の砂漠は、すでに国土全体の約2割を占めるようになっています。
  7. 年金手帳

    国民年金と厚生年金の違いは?

    現在、厚生労働省では、今後、ますます進む少子高齢化に年金制度は対応するために、公的年金の受給開始年齢...

Ad

人気の記事

  1. シャッター街
  2. メガバンク
  3. 安倍総理の外遊
  4. 2025年問題
  5. 高齢ドライバー事故

ピックアップ記事

  1. 今日、11月9日は、 119番の日だそうです。
  2. 湯の花
    今回は、“湯の花(湯の華、湯華とも言う)”についてです。
  3. 自分は、北海道釧路生まれ、育ちは神奈川県の湘南地方。
  4. 弾道ミサイル
    最近の北朝鮮関連の報道を見ていると、「弾道ミサイル」とか「ICBM」とか、さらには「...
  5. ADHD1
    最近、TVや新聞で「ADHD(注意欠陥・多動性障害)」という言葉を見かけませんか?このADHDは...