世襲でない天皇的存在のドイツ大統領の役割は何?

ドイツ大統領が住むベルビュー宮殿国際社会

今年の2月12日は、ドイツの大統領選挙です。 なのに、マスコミでも全然報道されません。
だいたい、ドイツに大統領がいるなんて、自分はつい最近まで知りませんでした。

・・・ということで、今回はドイツの大統領及びその選挙について調べてみました。

日本で言えば、“世襲でない天皇”的存在

日本の ドイツ連邦共和国(いわゆるドイツのこと、以降ドイツと表記します)大使館・総領事館のHPによると・・・、

ドイツの大統領は、主として国の代表(いわゆる国家の顔)としての役割を担い、その主な任務は以下のとおりです。

  • 国の内外に対しドイツを代表する
  • ドイツを国際法上代表し、ドイツの大使を任命し、外国大使の信任状を接受する
  • 連邦首相(以降首相と表記します)の選挙に関する提案
  • 首相および大臣の任免
  • 連邦議会の解散
  • 法律の認証および公布
  • 連邦の恩赦権の行使
  • 連邦の勲章に関する法に基づく事項

ドイツの大統領の権限は、儀礼的・形式的なものにとどまっており、政治的な実権は首相が持ってます。
そう、日本の天皇陛下と安倍首相の権限・役割と、非常に近いものになっているんです。

 では、 この大統領は一体どのようにして決められるのでしょうか?

日本の天皇陛下は世襲制ですが、ドイツの大統領は選挙で選ばれます。その任期は5年で 、再任は1回のみ可能となっています。

また、この選挙は国民投票ではなく、「連邦集会」と呼ばれる場で行われます。この連邦集会は、すべての連邦議会議員(日本で言う国会議員)、及び各州議会によって選ばれた同数の代議員により構成されます。
つまり、連邦集会の構成員は、国の代表と地方の代表が半々ということですね。

この大統領選の候補者になる権利は、選挙権を有し、かつ40歳以上の全てのドイツ国民にあるそうです。

肝心の現在のドイツ大統領は・・・、

2012年3月に第11代大統領として選出された、ヨアヒム・ガウク氏(民主化運動出身)です。に選出されました。

そのガウク大統領の任期が、今年2月で終了するため、来月2月12日に次期ドイツ大統領を選ぶための大統領選挙が行われるのです。

ドイツ大統領ガウク氏

↑↑ 現在のドイツ大統領、ガウク氏 

昨年11月にドイツ大統領は、訪日していた!

実は、ドイツ大統領ガウク氏は、昨年の11月13日~18日にかけ、日本を公式に訪問していたそうです。自分は、全然知りませんでした。 

東京では、天皇皇后両陛下ご会見、並びに安倍首相他との会談や早稲田大学において講演、経済関係者や各界の有識者とも交流をしたそうです。

その中で、日独関係、欧州関連のテーマと並び、東アジア地域情勢など最近の政治・経済情勢における課題も取り上げられたそうです。

また、京都や長崎にも訪問し、長崎では原爆資料館や平和公園等を視察したそうです。

皇居でのドイツ大統領ガウク氏と天皇皇后両陛下のご会見

各種情報源・写真の出典) ドイツ大使館・総領事館のHP

▶▶▶ ドイツはいかにして財政再建を果たしたのだろうか?
▶▶▶ エネルギー革命で、ドイツは2022年には原発ゼロ!

国際社会
スポンサーリンク
ppbearをフォローする
スポーツから経済社会、日本の将来まで | へぇ~、そうだったのニッポン!
タイトルとURLをコピーしました