大谷翔平選手とベーブ・ルースの比較

大谷翔平

今、日本中の注目を集めている北海道日本ハムファイターズ大谷翔平選手
もともとあまり野球に関心がなかった自分ですが、今年の日本シリーズで大谷翔平選手のピッチングやバッティングを初めて見て、度肝を抜かれ、それ以来、すっかり彼のファンになりました。

「大谷翔平」の画像検索結果
出典: http://pic.prepics-cdn.com

ベーブルースの再来?

今朝も、あるTV番組が大谷翔平選手にフォーカスしていましたので何気なく見ていると、ベーブ・ルースも「二刀流」選手だったという話を耳にして、「びっくり!」。

そこで今回は、ベーブ・ルースの「二刀流」がどんな感じだったのかを調べてみました 。

大谷 翔平(おおたに しょうへい)
出身地 :岩手県奥州市
生年月日: 1994年7月5日(22歳)
身長 193cm、体重 90kg、血液型 B

岩手県奥州市立姉体小学校 (水沢リトルリーグ)
岩手県奥州市立水沢南中学校 (一関リトルシニア)
岩手県花巻東高等学校
北海道日本ハムファイターズ(2013-)

「野球の神様」 ベーブ・ルース(Babe Ruth)

きっと、野球に関心のない人でも、「ベーブ・ルース」の名前ぐらいは聞いたことがあると思います。
ベーブ・ルースは、1895年生まれで、1914年に19歳でプロに入り、以来1935年までの21年間メジャーリーグ野球で活躍。
身長は約188 cm、体重は約97.5 kgで、左投左打、ポジションは投手、外野手だったそうです。

一方の大谷翔平選手は、193cmで92kg、右投左打、ポジションは投手、外野手とのこと。
あらためて大谷翔平選手の身長体重を聞くと、「でかいなぁ」と驚かされます。

最初は投手だったベーブ・ルース

ベーブ・ルースは当初、投手としてレッドソックスに入団し、最初の2年間はほとんど打席に立つことはなく、投手として活躍したそうです。
これって、投手として巨人に入った王貞治さんのケースと同じですね。ただ、王さんの場合、入団後すぐに投手から打者に転向しましたが。

ただベーブ・ルースの方は、投手として十分に活躍し、入団3年目の1917年からは、打撃の方も開花してきて、このシーズンの成績は、なんと 24勝13敗・防御率2.01、打率.325と投打で大活躍。

一方、今シーズンの大谷翔平選手の最終成績は、10勝4敗・防御率1.86、打率.322
ちなみに、大谷翔平選手は2014年には、日本球界史上初の二桁勝利+二桁本塁打、10勝10本塁打を達成しています。
これは、メジャーリーグも含めても、なんと約100年前の1918年にベーブ・ルースが記録した13勝11本塁打の以来の偉業です。
100年前のメジャーリーグと現代の日本のプロ野球を比較するのも乱暴なんですが、ただ二人とも「100年に一人の天才」のような気がします。

Babe_Ruth_Boston_pitching

ヤンキース移籍後は打者に専念

ベーブ・ルースは1919年シーズン終了後、レッドソックスからニューヨーク・ヤンキースに移籍
そして移籍後は、「二刀流」選手から打者へ専念し、結局、打者としてのあの偉大な通算成績を残したそうです。
ちなみに、ヤンキース在籍中の15年間で、投手としてマウンドに立ったのは5回だけだったそうです。

<ベーブ・ルースの通算成績>
●投手として・・・
 163登板 148先発 107完投 17完封  94勝46敗4S  防御率2.28
●打者として
 打率.342 本塁打714本  打点2217

まだ22歳の大谷翔平選手。来年も、「二刀流」でいくそうですが・・・、
あのベーブ・ルースですら、「二刀流」を捨てたからこそ、「野球の神様」と言われるような偉業を成し遂げました。

自分としては、早いうちに打者に専念して欲しいと思いますが・・・。

  ▶▶▶ イチロー選手のこれまでの活躍とその引退はいつ?
  ▶▶▶ メジャーリーグ現役最速投手は誰?大谷翔平選手はどのレベル?
  ▶▶▶ 2020年東京オリンピックの経済波及効果
  ▶▶▶ 2020東京オリンピックは失敗に終わる?

Ad

意外な事実

  1. 日本の電柱地中化の現状と将来

    首都圏を直撃した先日の台風15号に伴う千葉県の大規模停電。
  2. LINEが最も利用されているSNS

    最近はTVのワイドショーでもちょくちょく耳にするようになったFacebook、Line、Twitte...
  3. チャプマン

    ツーシームとフォーシームの違い

    最近テレビでMLB野球を見ていると、よくピッチャーの投げる球種の解説で「ツーシーム」とか「フォーシー...
  4. 国会議員の給与2

    国会議員の給与・年収ってご存知?

    相変わらず国会では、加計学園だとか森友学園だとかって、まるでテレビのバラエティー番組...
  5. お薦め銭湯ベスト10

    高血圧治療に良い「温泉」ってどんな湯?

    最近のように寒くなってくると、楽しみたくなるのが「温泉」ですね。
  6. 中国人観光客のマナーの悪さ

    許せない中国人観光客のマナーの悪さ

    日本はすっかり正月気分も吹っ飛びましたが、中国最大のイベントである「春節」が近づいてきました。
  7. 自衛隊機の緊急発進が中国の軍事脅威アップで激増中

    先日のNHKのニュースによると、日本領空に接近した外国軍機などに対する自衛隊機のスク...

Ad

人気の記事

  1. 安倍総理の外遊
  2. 米国大統領のスキャンダル

ピックアップ記事

  1. 日本の夏の風物詩“花火大会”。そろそろ全国各地で花火大会が行われる季節になりました。
  2. この夏の8月2日に女性初の新都知事に就任した 「小池百合子」都知事。
  3. 子供の運動神経
    今回は、「運動神経は10歳で決まる!」という本を、たまたま行きつけの図書館で見かけ、...
  4. 大谷翔平
    今、日本中の注目を集めている北海道日本ハムファイターズ大谷翔平選手。
  5. 在日米軍の駐留費用負担額
    世界中が「ビッククリ」し、おー騒ぎしている、米国のトランプ新大統領の誕生。