日本の社会インフラの老朽化問題を考える

社会インフラの老朽化問題

 

私たちの日々の生活を支えている道路、橋、鉄道、上下水. 港湾、堤防、学校、公園・・・、これらの様々な社会インフラの多くは、今から50年(=多くの社会インフラの耐用年数)以上も前の高度経済成長期に作られたものが多く、今後は様々な社会インフラの老朽化問題が表面化してくると言われています。
すでに日本全国各地で、トンネルの天井落下、水漏れする上下水道、側壁にヒビが入り危険を感じる団地や学校といった建物の問題などが表面化しています。

こうした日本の社会インフラ のストック額は、786 兆円と.試算(野村総研)されています。

マスコミでさんざん騒がれている「高齢化社会の到来」は、同時に「社会インフラの老朽化社会の到来」なのです。
人もモノもボロボロになっていく国家そのもの衰退と言っても過言ではないと思います。

本格的な人口減少、少子高齢化が進んでいくただでさえ厳しい財政状況の中で、これらの老朽化した社会インフラの維持管理や更新が. 本当に可能なのでしょうか?

ちなみにトランプ大統領は、「米国再興のためインフラ整備に1.5兆ドル(約165兆円)を投じる」と予算教書で掲げています。

トランプ米政権は12日、2019会計年度(18年10月~19年9月)の予算教書を議会に提出する。今後10年で1.5兆ドル規模を目指すインフラ投資では連邦予算を2千億ドル(約22兆円)拠出し、残りは州政府や民間企業の資金を呼び込む。大型減税とあわせて経済成長の起爆剤としたい考えだが、財源の確保など実現に向けた課題は残る。
・・・・・中略・・・・・
トランプ政権は18会計年度の予算教書では1兆ドルのインフラ投資を掲げ、このうち連邦予算を2千億ドル拠出するとしていた。トランプ大統領は1月の一般教書演説で投資全体の規模を1.5兆ドルに引き上げていた。

安倍政権化でも、3-4年前にはこの「社会インフラの老朽化問題」はかなり大きく取り上げられていましたが・・・、ここ1,2年はマスコミでもほとんど話題にあがりません。

どうやら日本では、何か大きな「事故」が起き、マスコミが騒ぎ立てないといろいろな重要政策課題も闇に葬られてしまうようですね。。

  ▶▶▶ 政府がこっそり進めている水道事業の民営化を許していいのか?
  ▶▶▶ カジノをギャンブル大国日本に作って大丈夫?
  ▶▶▶ でたらめ政策アベノミクスは日本をダメにする
  ▶▶▶ 国会議員の給与・年収ってご存知?
  ▶▶▶ 安倍政権は日本を食いつぶしているだけ?

関連記事

Ad

意外な事実

  1. 子供の運動神経

    子供の運動神経は遺伝ではない

    今回は、「運動神経は10歳で決まる!」という本を、たまたま行きつけの図書館で見かけ、...
  2. 生涯未婚率上昇

    生涯未婚率上昇で増え続ける一人暮らし高齢者

    近年、未婚率が上昇してることが話題になっていますが、2015年の国勢調査の結果、「生涯未婚率」(50...
  3. 東京

    東京の人口ピラミッド推移

    日本は今後、世界でも類を見ないほど、急激に「少子高齢化社会」をむかえると言われています。
  4. 2000年の日本の人口ピラミッド

    驚きの日本の人口ピラミッド推移

    来年の2017年には、あの「団塊世代」(1947-1949年生まれ)も、いよいよ70...
  5. クラブライセンス制度

    Jリーグのクラブライセンス制度って何?

    クラブライセンス制度は、欧州サッカー連盟(UEFA)が赤字を垂れ流すクラブの放漫経営...
  6. 中国共産党

    中国共産党員、膨れ上がったその数

    自分が初めて中国(上海)に行ったのは、30年前の1987年。
  7. ブランド価値上位御三家

    アマゾン、アップル、グーグルがブランド価値上位御三家

    ブランド評価・戦略コンサルティング会社であるブランドファイナンス(英国)が先日、企業ブランド力を...

Ad

人気の記事

  1. 安倍政権
  2. トランプ政権と東アジア問題
  3. 核兵器保有国
  4. 都議会議員

ピックアップ記事

  1. 毎日毎日暑く寝苦しい夜が続くなか、みなさんは不安や悩みを感じて夜なかなか寝つけないこ...
  2. 最近、街で買物や外食をしていると、よく見かけるのが下の「ビジット・ジャパン」キャンペーンのロゴ。
  3. そろそろ会期末が迫ってきた国会では、野党が加計学園問題をもとに例年通り?「内閣不信任...
  4. 子供たちは夏休み真っ盛り、すでに真っ黒に日焼けした子も。
  5. 今日、11月9日は、 119番の日だそうです。