国際比較

未分類

世界情勢に大きな影響力を持つ主要国のここ30年のトップ変遷と出来事

今、日本を始め世界全体が第二次世界大戦後最大のピンチ局面にあると思います。それなのに岸田政権や野党の関心事は目先の参議院選挙のようです。あきれ返るばかりです。 世界が大きく変...
片麻痺オヤジの戯言

政府の観光立国政策は、日本をダメにする最悪の政策

国はここ20年、「外国人観光客訪日促進」に無茶苦茶積極的です。 この政策の事の始まりは、バブル崩壊から10年以上も経つのに一向に出口の見えない不況のもと、当時の小泉首相が欧米...
国際社会

30年後の2050年には日本と世界はどうなっているのだろうか?

以前、平成の30年間がどんな時代だったのかを振り返りましたが、今回は逆に「30年後の2050年には日本と世界はどうなっているのだろうか?」を様々な機関の未来予測をもとに考えてみまし...
片麻痺オヤジの戯言

コロナ後の世界経済は大丈夫なんだろうか?

米国や英国では、「ロックダウン」と「迅速なワクチン接種」により、ここに来てやっとコロナ禍の出口が見え始めました。そこで今回は、「コロナ後の世界経済と日本」についていろいろと調べてみ...
政治・行政(海外)

軍隊も核も持たないはずの日本が世界7位の軍事力評価

アメリカの軍事力評価機関、グローバル・ファイヤーパワー(Global Firepower)が、兵器や兵士の数、質、種類、予算、地政学的条件、資源、軍事同盟国など50の指針をもとに世...
スポーツ

大谷翔平選手と野球の神様ベイブ・ルースを比較してみた

今、日本中の注目を集めている北海道日本ハムファイターズ大谷翔平選手。 もともとあまり野球に関心がなかった自分ですが、今年の日本シリーズで大谷翔平選手のピッチングやバッティングを初...
国際社会

日本の「失われた30年」の間に、ここまで変わってしまった中国と世界!

中国の資本主義化は、今からわずか36年前の1984年に、深圳・厦門等の4つの経済特区と上海・広州等の14の対外開放都市を設置し、欧米からの投資を受け入れたことから始まりました。その...
健康・病気

コロナに強い血液型は何型?

2019年の12月に中国武漢で発生し、2年以上経つのに未だに日本をはじめ世界中で大流行している新型コロナ。世界中のマスコミがコロナ患者数の情報源としている米ジョンズ・ホプキンス大学...
政治・行政(国内)

地方議員の数が多すぎる日本!欧米では地方議員はボランティアが普通

朝日新聞の報道によれば、先日も・・・、 宮城県議会議長が政務活動費として請求した約20万円分の領収書が、 私的に購入したマッサージ機のものだったことがわかった とのこと。県会...
政治・行政(国内)

先進主要国の実質賃金指数の推移と安倍政権の失策による国民の生活苦

経済雑誌を読んでいるとたびたび、「日本人の賃金は世界でも類を見ないほど低迷したまま!」という内容の記事に出くわします。本当にそうなんでしょうか? そこで今回は、「日本と先進諸外国...
政治・行政(国内)

「安全神話崩壊」とともにここまで低下した日本人の警察への信頼度

最近、信じられないような現職警察官の不祥事が増えたと思いませんか?この1年だけでも・・・ 「警察官の不祥事を取り締まる部署の男性警察官が、自転車で歩いていた女性のバッグをひっ...
経済

訪日外国人旅行者の日本への経済効果はどのくらい?

観光庁によると、2018年の訪日外国人観光客数は3119万人と過去最高を記録、5年前の3倍に増えているそうです。またこの訪日外国人観光客による消費額は、全体で4兆5,064億円、1人当たりの旅行支出は15万3千円だそうです。
さるわか難語解説

日本版CCRC構想は非現実的な政策では?

みなさんは、「CCRC」っていう言葉を聞いたことはありますか? 政府はいま、地方創生と高齢化社会への対応を目指し、「日本版CCRC構想」と呼ばれる政策を掲げ、推し進めています...
社会一般

これからの世界を占うキーワードは「B型」!

私たち日本人の血液型分布は、 A型→38.2%、O型→30.5%、B型→21.9%、AB型→9.4% とほぼ4:3:2:1の割合で、血液型の分布という面では世界的にも最...
経済

ここ50年で日本の一人当たり国民総所得(名目GNI)はどう変わった?

昨日、中国政府(中国国家発展改革委員会)は、内需を刺激するため、2019年と2020年に可処分所得を引き上げる対策を打ち出すと発表しました。長年、庶民の所得低迷が叫ばれている日本も...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました