驚きの日本の人口ピラミッド推移

2000年の日本の人口ピラミッド

 

来年の2017年には、あの「団塊世代」(1947-1949年生まれ)も、いよいよ70代に突入し、日本の高齢化社会が加速されます。
そこで、今回は「日本の人口ピラミッド」がこの半世紀の間にどのように変化してきたか、そして今後どうなっていくのかを調べてみました。

以下の人口ピラミッドの図は、厚生労働省の内部機関である「国立社会保障・人口問題研究所」のHPから引用したものです。

 

■ 56年前は「見事なピラミッド」の形!

まずはじめは、1960年当時のものです。ピラミッドの一番下の緑色部分で、一番横に張り出しているのが「団塊世代」の人たちです。

時代は、1964年に開催された東京オリンピックの4年前。首都高や各種競技場の建設で東京中が建設ラッシュで活気溢れる、まさに高度成長期の真っ只中でした。
(東京オリンピックの4年前というは、今の日本と同じですね)

さてこの時代の人口ピラミッドですが・・・、
分厚い20代30代の若い働き手、そしてその後に続く団塊世代。
いやー、日本にもこんな社会の教科書に出てきそうな「見事な人口ピラミッド」の時代があったんですね。
この頃は国も国民も、将来「少子高齢化社会」が来るなどまったく考えもしなかったでしょうね。

1960年の日本の人口ピラミッド

 

■ 1980年には既に人口減少の芽が?

20年後の1980年には、日本の人口ピラミッドはかなり歪んだ形になってきました。1970年代に起こった二度のオイルショックと狂乱物価を20代で経験した団塊世代も働き盛りの30代へ。

実は、この団塊世代の多くが結婚し、子供(いわゆる団塊ジュニア)をつくったのがこの70年代前半だったそうです。核家族化が進み、家も狭くなり子供の数も減り出したのです。

そして、この頃日本の出生率は2.0を割り込み・・・、現在では1.4まで低下
国に、今のような「少子高齢化社会」が来ることへの危機感は無かったのだろうか?

1980年の日本の人口ピラミッド

 

■ 2000年には誰の目にも「危ない」と映る日本の人口ピラミッド!

さらに20年後の2000年には、ほとんど絶望的な姿に変わってしまった日本の人口ピラミッド。
この頃なら、団塊ジュニアもまだ30歳前後・・・、国が現在のような、分厚い少子化対策を打っていれば・・・。

ただ、時はバブル崩壊から10年。
そうです、「失われた10年」といわれ、「何とか国を立て直そう」と、経済対策で手一杯。少子化対策まで手がまわらなっかたのでしょうか?

2000年の日本の人口ピラミッド

 

■ 2020東京オリンピック時の人口ピラミッドは?

2020年の日本の予測人口ピラミッドは、ちょっとでも風が吹いたら倒れてしまいそうな、見るも無残な姿に!
しかも団塊世代も70代に入り、ますます高齢者福祉充実を求める声が大きくなり、国の財政はますますボロボロになるような気がします。
さらに依然として、「光が見えてこない少子化対策」。

2020年の日本の人口ピラミッド

こう見てくると、2000年ごろに政府が何らかの手を打たなかったのが惜しまれます。
本当に日本の将来は、これで大丈夫なだろうか?

  ▶▶▶ 東京の人口ピラミッド推移
  ▶▶▶ 人口ピラミッドから見た世界と日本の将来
  ▶▶▶ 自動ブレーキは、高齢ドライバーの事故を激減できるか?
  ▶▶▶ 日本の将来人口と高齢化の将来像

関連記事

Ad

意外な事実

  1. 東京

    東京の人口ピラミッド推移

    日本は今後、世界でも類を見ないほど、急激に「少子高齢化社会」をむかえると言われています。
  2. 長期低迷で日本社会が抱えた大きな問題点

    先日ネットである中国人ジャーナリストのコラムを読んでいると、そのコラムの中で彼は次の...
  3. オリンピックの経済波及効果

    2020年東京オリンピックの経済波及効果

     今年の3月、東京都は2020年東京オリンピック・パラリンピックの開催に伴う2030...
  4. 国会議員の給与2

    国会議員の給与・年収ってご存知?

    相変わらず国会では、加計学園だとか森友学園だとかって、まるでテレビのバラエティー番組...
  5. 横浜

    首都圏で住みたい街はどこ?

    リクルート住まいカンパニーが、2018年1月に関東圏(東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県・茨城県)に居...
  6. ハーバード大

    大学生の親の所得低迷と求められる高等教育の無償化

    文科省の発表によると,2015年度の私大の平均年間授業料は86万8447円で,過去最高を記録したそう...
  7. トランプ大統領とレーガン元大統領の政策は似てる?

    トランプアメリカ大統領が、政策的に評価しているのが、同じ共和党のレーガン元大統領だそ...

Ad

人気の記事

  1. アメリカ初代大統領ジョージ・ワシントン
  2. 高円宮杯プレミアリーグ昇格戦
  3. 中国北京の砂漠化
  4. 東京一極集中

ピックアップ記事

  1. ADHD1
    最近、TVや新聞で「ADHD(注意欠陥・多動性障害)」という言葉を見かけませんか?このADHDは...
  2. 最近は高齢ドライバーによる交通事故の増加とともに、今話題のAI(人工知能)の代表格で...
  3. 睡眠負債
    みなさんは「睡眠負債」という言葉をご存知でしょうか?1日6時間程度眠り、自分では睡眠に問題はない...
  4. 湯の花
    今回は、“湯の花(湯の華、湯華とも言う)”についてです。
  5. ずっと同じ字を見続けていたら、なぜか文字に見えなくなってきた……そんな経験はありませんか?これは...