驚きの日本の人口ピラミッド推移

2000年の日本の人口ピラミッド

 

来年の2017年には、あの「団塊世代」(1947-1949年生まれ)も、いよいよ70代に突入していきます。
そこで、今回は「日本の人口ピラミッド」がどのように変化してきたか、そして今後どうなっていくのかを調べてみました。

以下の図は、厚生労働省の内部機関である「国立社会保障・人口問題研究所」のHPから引用したものです。

 

■ 56年前は「見事なピラミッド」の形!

まずはじめは、1960年当時のものです。ピラミッドの一番下の緑色部分で、一番出っ張っているのが「団塊世代」の人たちです。

時代は、1964年に開催された東京オリンピックの4年前。まさに、高度成長期の真っ只中でした。
(東京オリンピックの4年前というは、今の日本と同じですね)

分厚い20代30代の若い働き手、そしてその後に続く団塊世代。
いやー、日本にもこんな社会の教科書に出てきそうな「見事な人口ピラミッド」の時代があったんですね。
国も、「人口問題」などまったく考えもしなかったでしょうね。

1960年の日本の人口ピラミッド

 

■ 1980年には既に人口減少の芽が?

20年後の1980年には、日本の人口ピラミッドはかなり歪んだ形になってきました。1970年代に起こった二度のオイルショックと狂乱物価を20代で経験した団塊世代。

実は、この団塊世代の多くが結婚し、子供(いわゆる団塊ジュニア)をつくったのがこの70年代前半だったそうです。

そして、この頃日本の出生率は2.0を割り込み・・・、現在では1.4まで低下
国に、今のような「少子高齢化社会」が来ることへの危機感は無かったのだろうか?

1980年の日本の人口ピラミッド

 

■ 2000年には誰の目にも「危ない」と映る日本の人口ピラミッド!

さらに20年後の2000年には、ほとんど絶望的な姿に変わった日本の人口ピラミッド。
この頃なら、団塊ジュニアもまだ30歳前後・・・、国が現在のような、分厚い少子化対策を打っていれば・・・。

ただ、時はバブル崩壊から10年。
そうです、「失われた10年」といわれ、「何とか国を立て直そう」と、経済対策で手一杯。少子化対策まで手がまわらなっかたのでしょうか?

2000年の日本の人口ピラミッド

 

■ 2020東京オリンピック時の人口ピラミッドは?

2020年の日本の予測人口ピラミッドは、ちょっとでも風が吹いたら倒れてしまいそうな、見るも無残な姿に!
しかも団塊世代も70代に入り、ますます高齢者福祉充実を求める声が大きくなり、国の財政はますますボロボロになるような気がします。
依然として、「光が見えてこない少子化対策」。

2020年の日本の人口ピラミッド

日本の将来は、本当にこれで大丈夫なだろうか?

  ▶▶▶ 高齢ドライバーの驚きの現状
  ▶▶▶ 人口ピラミッドから見た世界と日本の将来
  ▶▶▶ 自動ブレーキは、高齢ドライバーの事故を激減できるか?
  ▶▶▶ 日本の将来人口と高齢化の将来像


人気ブログランキング

関連記事

Ad

意外な事実

  1. 中国の脅威でスクランブル発進が激増中

    先日のNHKのニュースによると、日本領空に接近した外国軍機などに対する自衛隊機のスク...
  2. 中国に対する日本人の国民感情は20年で一転

    先日総理府のHPを見ていたら、日本と中国の関係を見ていく上で面白いデータを発見したので、今回は...
  3. 中国人から見た日本人は、傲慢で、暴力的で、不正直

    早いもので、1972年に日中国交正常化してから、もうすぐ半世紀が過ぎます。
  4. 急増している世界のイスラム教徒

    テロだとか難民問題だとかで、世界中のマスコミを日々騒がせているイスラム教徒。
  5. スティーブン・バノン

    トランプ大統領の参謀スティーブン・バノンは危険人物?

    最近、トランプ政権関係のニュースで記事で、ちょくちょく目や耳にするスティーブン・バノ...
  6. 国会議員(衆議院議員)の平均年齢は?

    テレビのニュースで国会中継を見ていると、いつも後ろの方の席に座っている議員は寝ている...
  7. 中国人の日本人に対する国民感情の根っこには「戦争責任謝罪」

    前回に引き続き今回も、米国のシンクタンク「ピュー・リサーチ・センター」が昨年実施した「日本人と中国人...

Ad

人気の記事

  1. 都議会議員
  2. アメリカ初代大統領ジョージ・ワシントン

ピックアップ記事

  1. 自分は、北海道釧路生まれ、育ちは神奈川県の平塚市。自分の小中高時代は、ほとんど東京とは関係ない世界。
  2. この夏の8月2日に女性初の新都知事に就任した 「小池百合子」都知事。
  3. ご存知の通り、2015年6月17日に選挙権年齢を20歳以上から18歳以上に引き下げる...
  4. 今年の2月12日は、ドイツの大統領選挙です。
  5. 最近、日本在住の外国人や観光目的で来日した外国人観光客の間で、グリーンツーリズムなる...