驚きの日本の人口ピラミッド推移

2000年の日本の人口ピラミッド

 

来年の2017年には、あの「団塊世代」(1947-1949年生まれ)も、いよいよ70代に突入し、日本の高齢化社会が加速されます。
そこで、今回は「日本の人口ピラミッド」がこの半世紀の間にどのように変化してきたか、そして今後どうなっていくのかを調べてみました。

以下の人口ピラミッドの図は、厚生労働省の内部機関である「国立社会保障・人口問題研究所」のHPから引用したものです。

 

■ 56年前は「見事なピラミッド」の形!

まずはじめは、1960年当時のものです。ピラミッドの一番下の緑色部分で、一番横に張り出しているのが「団塊世代」の人たちです。

時代は、1964年に開催された東京オリンピックの4年前。首都高や各種競技場の建設で東京中が建設ラッシュで活気溢れる、まさに高度成長期の真っ只中でした。
(東京オリンピックの4年前というは、今の日本と同じですね)

さてこの時代の人口ピラミッドですが・・・、
分厚い20代30代の若い働き手、そしてその後に続く団塊世代。
いやー、日本にもこんな社会の教科書に出てきそうな「見事な人口ピラミッド」の時代があったんですね。
この頃は国も国民も、将来「少子高齢化社会」が来るなどまったく考えもしなかったでしょうね。

1960年の日本の人口ピラミッド

 

■ 1980年には既に人口減少の芽が?

20年後の1980年には、日本の人口ピラミッドはかなり歪んだ形になってきました。1970年代に起こった二度のオイルショックと狂乱物価を20代で経験した団塊世代も働き盛りの30代へ。

実は、この団塊世代の多くが結婚し、子供(いわゆる団塊ジュニア)をつくったのがこの70年代前半だったそうです。核家族化が進み、家も狭くなり子供の数も減り出したのです。

そして、この頃日本の出生率は2.0を割り込み・・・、現在では1.4まで低下
国に、今のような「少子高齢化社会」が来ることへの危機感は無かったのだろうか?

1980年の日本の人口ピラミッド

 

■ 2000年には誰の目にも「危ない」と映る日本の人口ピラミッド!

さらに20年後の2000年には、ほとんど絶望的な姿に変わってしまった日本の人口ピラミッド。
この頃なら、団塊ジュニアもまだ30歳前後・・・、国が現在のような、分厚い少子化対策を打っていれば・・・。

ただ、時はバブル崩壊から10年。
そうです、「失われた10年」といわれ、「何とか国を立て直そう」と、経済対策で手一杯。少子化対策まで手がまわらなっかたのでしょうか?

2000年の日本の人口ピラミッド

 

■ 2020東京オリンピック時の人口ピラミッドは?

2020年の日本の予測人口ピラミッドは、ちょっとでも風が吹いたら倒れてしまいそうな、見るも無残な姿に!
しかも団塊世代も70代に入り、ますます高齢者福祉充実を求める声が大きくなり、国の財政はますますボロボロになるような気がします。
さらに依然として、「光が見えてこない少子化対策」。

2020年の日本の人口ピラミッド

こう見てくると、2000年ごろに政府が何らかの手を打たなかったのが惜しまれます。
本当に日本の将来は、これで大丈夫なだろうか?

  ▶▶▶ 東京の人口ピラミッド推移
  ▶▶▶ 人口ピラミッドから見た世界と日本の将来
  ▶▶▶ 自動ブレーキは、高齢ドライバーの事故を激減できるか?
  ▶▶▶ 日本の将来人口と高齢化の将来像

関連記事

Ad

意外な事実

  1. 原発事故処理費用は、昨年の世界中の自然災害の被害額計と同じ

    まもなく、東京電力福島第一原発事故発生から、丸6年が経ちます。
  2. 北朝鮮の保有する弾道ミサイルの種類は?

    最近の北朝鮮関連の報道を見ていると、「弾道ミサイル」とか「ICBM」とか、さらには「...
  3. 若者の結婚離れ進行中

    いまどきの若者は、“結婚にメリットがないと感じており、若者の結婚離れが進んでいると言...
  4. ゴールデンエイジ

    運動能力が飛躍的に伸びる「ゴールデンエイジ」って何?

    皆さんは子どもの成長過程をあらわす言葉で「ゴールデンエイジ」とか、「プレゴールデンエ...
  5. 和食・日本料理のイメージは?

    私たち日本人が毎日食べている和食。外国人からも「ヘルシー」と非常に人気ですね。
  6. アマゾン、アップル、グーグルがブランド価値上位御三家

    ブランド評価・戦略コンサルティング会社であるブランドファイナンス(英国)が先日、企業ブランド力を...
  7. CO2排出量9

    地球温暖化問題と中国等のCO2排出の現状

    ニュース報道によると、トランプ米大統領が地球温暖化対策の国際的枠組み「パリ協定」から離脱する方針を決...

Ad

人気の記事

  1. アメリカ初代大統領ジョージ・ワシントン

ピックアップ記事

  1. 就任前から、世界中をかき回しているトランプ次期大統領。
  2. いや~、この夏は南は沖縄から北は北海道まで、ほとんど全国で記録的な異常気象でしたね。
  3. 2000年の日本の人口ピラミッド
    来年の2017年には、あの「団塊世代」(1947-1949年生まれ)も、いよいよ70...
  4. 子供たちは夏休み真っ盛り、すでに真っ黒に日焼けした子も。
  5. 最近、受動喫煙の関係から、街なかでゆっくりと座ってタバコを吸える場所がどんどん少なく...