“化石海水”って、何?

化石海水温泉・銭湯

先日、「東京周辺の温泉は、その多くが非火山性温泉の1つである“化石海水”である」と聞きました。???、そこで今回はこの「化石海水」について調べてみました。

「化石海水」とは、昔の海水が何百万年もの間、地層の隙間などに閉じ込められたもので、長年の間にその成分も海水から変化しているそうです。

そのため、源泉により、その泉質にも違いがあるようですが、ただ、元は「海水」であるため、ミネラル分、特に、塩分(ナトリウム)が豊富に含まれているそうです。

もう少し、詳しく調べてみると・・・、

温泉は、「火山性の温泉」と「非火山性の温泉」に大別でき、非火山性の温泉は、以下の「深層地下水型」と「化石海水型」などに分類することができるそうです。

スポンサーリンク

火山性温泉

火山地帯では地下に、深部から上昇してきたマグマが、マグマ溜まりをつくり1000℃以上の高温になっています。

そこに、地表に降った雨や雪の一部は地中にしみ込んで、地下水となり、マグマ溜まりの熱で温められ、何かの理由で、地表に湧き出たものが、「火山性の温泉」だそうです。

そのため、真水である地下水に、マグマのガス成分や熱水溶液などが混入したり、流動中に岩石の成分を染みこむことなどにより、温泉の様々な泉質が形成される、と考えられているそうです。

湯煙いっぱいの火山性温泉の露天風呂

出典:別府温泉サイト

非火山性温泉-深層地下水型-

地下では、深度が深くなるほど地温が上昇し、一般的に100mごとに温度が約3℃ずつ上昇するようです。そのため、地下1000mの地温は45℃となります。

地表に降った雨や雪の一部が地中にしみ込み、地下の高温の岩盤により温められたものが、「非火山性温泉の深層地下水型」と考えられているようです。

非火山性温泉-化石海水型-

太古の地殻変動などで、古い海水が地中に閉じこめられる場合があり、この閉じ込められた海水のことを化石海水と呼んでいます。

火山や高温岩帯が無い地域で、水温が25℃未満でも、化石海水は塩分等のミネラル分を多量に含んでいるので、温泉法で規定した温泉に該当するそうです。

ということで、非火山地帯の東京近辺では、この“化石海水”の温泉が多いそうです。

ちなみに、“東京名物の黒湯”は、この化石海水に海藻が溶け込んでできているため、様々なミネラル分が豊富で、肌にもいいようです。

黒湯

「ふるさと納税」でお得に温泉でリフレッシュしてみては?
みなさんも「ふるさと納税」という言葉は聞いたことがあるとことがあると思いますが、きっと「あれはお金持ちのためのもの。自分たち貧乏人には関係ない。」と思っている人も多いのではないかと...
東京で味わえる黒湯温泉、お薦め銭湯ベスト7
みなさんは、“黒湯温泉”というものを聞いたことがありますか? この黒湯、泉質的にはモール泉とも呼ばれ、全国に分布しているそうで、東京だと大田区に多く分布しているそうです。 黒湯...
「炭酸泉」が脳卒中や心筋梗塞の予防にいいってご存知ですか?
先日、テレビを見ていたら、脳卒中や心筋梗塞の予防にいい「血管年齢を若返らせる温泉」として、炭酸泉というものが紹介されていました。 高血圧で脳卒中再発の危険性のある自分は、...
温泉の種類と特徴を知って自分に合った温泉を選ぼう
今回は、“温泉の種類”について調べてみました。 どうやら、通常、温泉は以下の4つの基準に基づいて分類されるようです。 1.温度 (泉温)  これは、鉱泉が地上に湧出した時の...
“岩盤浴”ってどんな効果があるの?
最近のスーパー銭湯には、必ずと言ってもいいほど、“岩盤浴”施設があります。 自分も何度か入ってみましたが、比較的新しいいところが多く、お洒落なつくりで清潔感が溢れていました。 ...

 

タイトルとURLをコピーしました