ビジット・ジャパンの効果と訪日外国人観光客数

経済・社会

最近、街で買物や外食をしていると、よく見かけるのが下の「ビジット・ジャパン」キャンペーンのロゴ。
今回は、この「ビジット・ジャパン」と訪日外国人観光客数について調べてみました。

ビジット・ジャパンキャンペーンのロゴ

 ビジット・ジャパンの生みの親はあの小泉元総理!

この「ビジット・ジャパン」、事の始まりは・・・
2003年当時、バブル崩壊から10年以上も経つのに、依然として出口の見えない不況のもとで発せられた、小泉元総理の“観光立国宣言”にありました。

「観光の経済波及効果は大きい。急成長するアジアをはじめ、世界中から日本に観光客を呼び込もう。そうすれば、地域活性化や雇用機会の増大などの効果が期待できまる。」

小泉元総理の“観光立国宣言”

という号令一下のもと、国土交通省が中心となり、訪日外国人観光客数を増やし観光立国の実現を目指して2003年から始められたのが、「ビジット・ジャパン」キャンペーンだそうです。

その後、2008年にはこの「ビジット・ジャパン」の担い手として国土交通省内に観光庁が設置され、自民党政権下→民主党政権下→再び自民党政権下と、12年以上も経った今でも続けられている“国策”なのです。

 

 昨年、日本を訪れた外国人は2,000万人!

では、実際日本にはどれくらいの外国人が来ているのでしょうか?

現在、国関係で発表している統計では、観光のための来日者とビジネスのための来日者が分けられていません。
国は、飛行機や船に乗り日本のイミグレーション(出入国審査カウンター)を通過した人の合計数を「訪日外国人旅行客数」として公表しています。同一人物が1年の間に日本に3回来たら、その年の訪日外国人旅行客数統計には3人とカウントされます。

つまり、国が公表している「訪日外国人旅行客数」=「延べ訪日外国人旅行客数」の数字なのです。
まあまあ、とは言うものの・・・、現在のように非常に多くの外国人が観光ビザで入国していることを考えると、「入国目的=観光」と考えてもそんなに大きな問題は無さそうです。

では、実際に訪日外国人旅行客数はどのように推移してきているのでしょうか?
下のグラフは、前回の東京オリンピックから昨年までの延べ訪日外国人旅行客数の推移です。 ※単位=万人

訪日外国人旅行客数の推移

 

元々、国はビジット・ジャパン政策で「2010年までに訪日外国人観光客数1,000万人達成」を目標としていましたが・・・

2008年のリーマンショックによる世界同時不況、2010年の中国との尖閣列島問題、2011年の東日本大震災などなど、いろいろ予想外の訪日阻害要因があり、低迷していましたが、2013年には訪日外国人旅行客数は1,000万人を越えました。

その後、急激な円安の進行にも支えられ、訪日外国人観光客数は急進長し、昨年2015年には1974万人と、2,000万人の一歩手前まで急増しました。

ただ、口ばかりの安倍政権下、今年の3月には・・・、
「2020年の東京オリンピックの年には、4,000万人の訪日外国人観光客数を目標にする」
と、発表してます。昨年実績の倍増ですよ!

何をやっても上手く行かず、何の実績も上げられない安倍政権。いつまで、適当な政策をでっち上げ、国民の借金を膨らますのやら・・・。

スポンサーリンク

訪日外国人観光客の8割以上がアジア人!

下のグラフは、昨年2015年の訪日外国人観光客の国・地域別割合です。内側の円の黄色い部分が、アジアからの訪日者数です。何と全体の82.9%です。


訪日外国人旅行客の国・地域別割合

みなさんも、街なかでやたらと目立つので、「中国人が多いだろう」と思っていると思いますが・・・、その通りです。
中国と香港、そして台湾の3つを合わせると、1,019万人。日本に来る外国人の半分が中国人です。さらに韓国を加えると、訪日外国人の72%を占めています。

まあ、これらの国は近く旅費が安いので、ビジット・ジャパン政策に伴う「観光ビザ発給条件の緩和」に合わせて急増してきたようですが・・・。
日本各地で非難の的になっている彼らのマナーの悪さは、
ゆっくりと日本文化や自然を楽しみに来ている欧米人観光客の邪魔になっているのでは?

しかし、欧米人訪日者がこんなにも少ないのには驚きました。

  データの出典) 観光庁及び日本政府観光局(JNTO)

訪日外国人旅行者の日本への経済効果はどのくらい?
観光庁によると、2018年の訪日外国人観光客数は3119万人と過去最高を記録、5年前の3倍に増えているそうです。またこの訪日外国人観光客による消費額は、全体で4兆5,064億円、1人当たりの旅行支出は15万3千円だそうです。
日本の人口ピラミッドはたった60年でここまで変わってしまった
来年の2020年には、「団塊世代」(1947-1949年生)も、いよいよ70代に突入し、日本の超高齢化社会が加速されます。 そこで、今回は「日本の人口ピラミッド」がこの半世紀弱の間にどのように変化してきたか、そして今後どうなっていくのかを調べてみました。
人口ピラミッドから見た世界と日本の将来
国連の予測では、世界の人口は現在の70億人から、2030年までに約85億人、2050年までには100億人突破、2100年ごろには約112億人にまで爆発的に増加し続けるようです。 そこで今回は、世界の人口ピラミッドや様々な地域と国を人口ピラミッドを見てみた。
戦後の日本の実質経済成長率の推移
よくTVや新聞を見ていると、国の経済の状況を現す基準として「実質経済成長率」というものが使われていますが、この実質経済成長率の正確な意味はご存知ですか? 実質経済成長率の算出方法...
平成30年間の主な出来事とその中で確実に進んでいた日本の凋落
1989年1月7日に昭和天皇が崩御され、幕を開けた平成も今年の4月で幕を閉じました。 その平成の30年の間には世界中でいろいろなことがありましたが、自分は未だ頭の中でごちゃごち...
所得の二極化が進み中間層が崩壊
「はたらけど、はたらけど猶わが生活楽にならざり、ぢっと手を見る」 これは石川啄木の有名な俳句ですが、まさに今の日本の庶民の現状を表しているような気がしませんか? そこで今回は、...
日本に住んでいる外国人の数は?
自分は、北海道釧路生まれ、育ちは神奈川県の湘南地方。自分の小中高時代は、ほとんど東京とは関係ない世界。正直言って、外国人などTVの映像以外では、めったに見たこともなかったと記憶して...
食料自給率、日本は年々低下している今どの程度?
先日テレビを見ていると、「世界の人口爆発と食糧難および日本の食料自給率」について話をしていました。番組によれば、「主食の米以外はほとんど輸入に頼っているのに、コンビニ弁当の廃棄とか...
タイトルとURLをコピーしました