“化石海水”って、何?

化石海水

 

先日、「東京周辺の温泉は、その多くが非火山性温泉の1つである“化石海水”である」と聞きました。???、そこで今回はこの「化石海水」について調べてみました。

「化石海水」とは、昔の海水が何百万年もの間、地層の隙間などに閉じ込められたもので、長年の間にその成分も海水から変化しているそうです。

そのため、源泉により、その泉質にも違いがあるようですが、ただ、元は「海水」であるため、ミネラル分、特に、塩分(ナトリウム)が豊富に含まれているそうです。

もう少し、詳しく調べてみると・・・、

温泉は、「火山性の温泉」と「非火山性の温泉」に大別でき、非火山性の温泉は、以下の「深層地下水型」と「化石海水型」などに分類することができるそうです。

◯火山性温泉

火山地帯では地下に、深部から上昇してきたマグマが、マグマ溜まりをつくり1000℃以上の高温になっています。

そこに、地表に降った雨や雪の一部は地中にしみ込んで、地下水となり、マグマ溜まりの熱で温められ、何かの理由で、地表に湧き出たものが、「火山性の温泉」だそうです。

そのため、真水である地下水に、マグマのガス成分や熱水溶液などが混入したり、流動中に岩石の成分を染みこむことなどにより、温泉の様々な泉質が形成される、と考えられているそうです。

関連画像

◯非火山性温泉-深層地下水型-

地下では、深度が深くなるほど地温が上昇し、一般的に100mごとに温度が約3℃ずつ上昇するようです。そのため、地下1000mの地温は45℃となります。

地表に降った雨や雪の一部が地中にしみ込み、温められたものが、「非火山性温泉の深層地下水型」と考えられているようです。

◯非火山性温泉-化石海水型-

太古の地殻変動などで、古い海水が地中に閉じこめられる場合があり、この閉じ込められた海水のことを化石海水と呼んでいます。

火山や高温岩帯が無い地域で、水温が25℃未満でも、化石海水は塩分等のミネラル分を多量に含んでいるので、温泉法で規定した温泉に該当するそうです。

ということで、非火山地帯の東京近辺では、この“化石海水”の温泉が多いそうです。

ちなみに、“東京名物の黒湯”は、この化石海水に海藻が溶け込んでできているため、様々なミネラル分が豊富で、肌にもいいようです。

 ▶▶▶ 都内で味わえる黒湯温泉、お薦め銭湯ベスト7

 ▶▶▶ 東京名物“黒湯温泉”ってご存じですか?
 ▶▶▶ 黒湯温泉、お薦め銭湯ベスト7
 ▶▶▶ 「温泉ソムリエ」って何?
 ▶▶▶ “岩盤浴”ってどんな効果があるの?

Ad

意外な事実

  1. 信用できる健康に関する情報源は?

    最近は、健康とか病気をテーマにしたTV番組がたくさん放映されています。
  2. 順天堂大学サッカー部

    順天堂大学サッカー部(蹴球部)の選手の出身チームは?(2018年版)

    関東地域の大学サッカーの頂点である関東大学サッカー1部リーグに属し、 1957年に創部され60年近い...
  3. 早稲田大学サッカー部

    早稲田大学サッカー部(ア式蹴球部)の選手の出身チームは?(2018年版)

    関東地域の大学サッカーの頂点である関東大学サッカー1部リーグ12校の中で有名私立大学である早稲田大学...
  4. 高校サッカー選手権

    第96回全国高校サッカー選手権出場校の選手たちの出身チーム~東日本編

    今回は今年の1月に行われた「第96回全国高校サッカー選手権」の出場校の登録選手たちの出身チームを調べ...
  5. 在日米軍の駐留費用負担額

    在日米軍の駐留費用負担額っていくら?

    世界中が「ビッククリ」し、おー騒ぎしている、米国のトランプ新大統領の誕生。
  6. 神経内科

    神経内科と脳神経外科の違いは?

    皆さんは、「神経内科」という診療科をご存知ですか? また、「脳神経外...
  7. 関東第一高校サッカー

    関東第一高校サッカー部選手の出身チームは?(2018年版)

    関東第一高校サッカー部は、2007年の高校総体に初出場し、その後2015年の2度目の高校総体出場でベ...

Ad

人気の記事

  1. 黒湯
  2. 2025年問題
  3. 関東第一高校サッカー

ピックアップ記事

  1. 地震
    最近、日本国内では大きな地震がたびたび発生し、各地で大きな被害をもたらしています。
  2. この夏の8月2日に女性初の新都知事に就任した 「小池百合子」都知事。
  3. 日本の夏の風物詩“花火大会”。そろそろ全国各地で花火大会が行われる季節になりました。
  4. いや~、この夏は南は沖縄から北は北海道まで、ほとんど全国で記録的な異常気象でしたね。
  5. みなさんは、イタリアには旧ソ連で起きたチェルノブイリ事故の翌年の1987年から現在ま...