“化石海水”って、何?

化石海水

 

先日、「東京周辺の温泉は、その多くが非火山性温泉の1つである“化石海水”である」と聞きました。???、そこで今回はこの「化石海水」について調べてみました。

「化石海水」とは、昔の海水が何百万年もの間、地層の隙間などに閉じ込められたもので、長年の間にその成分も海水から変化しているそうです。

そのため、源泉により、その泉質にも違いがあるようですが、ただ、元は「海水」であるため、ミネラル分、特に、塩分(ナトリウム)が豊富に含まれているそうです。

もう少し、詳しく調べてみると・・・、

温泉は、「火山性の温泉」と「非火山性の温泉」に大別でき、非火山性の温泉は、以下の「深層地下水型」と「化石海水型」などに分類することができるそうです。

◯火山性温泉

火山地帯では地下に、深部から上昇してきたマグマが、マグマ溜まりをつくり1000℃以上の高温になっています。

そこに、地表に降った雨や雪の一部は地中にしみ込んで、地下水となり、マグマ溜まりの熱で温められ、何かの理由で、地表に湧き出たものが、「火山性の温泉」だそうです。

そのため、真水である地下水に、マグマのガス成分や熱水溶液などが混入したり、流動中に岩石の成分を染みこむことなどにより、温泉の様々な泉質が形成される、と考えられているそうです。

関連画像

◯非火山性温泉-深層地下水型-

地下では、深度が深くなるほど地温が上昇し、一般的に100mごとに温度が約3℃ずつ上昇するようです。そのため、地下1000mの地温は45℃となります。

地表に降った雨や雪の一部が地中にしみ込み、温められたものが、「非火山性温泉の深層地下水型」と考えられているようです。

◯非火山性温泉-化石海水型-

太古の地殻変動などで、古い海水が地中に閉じこめられる場合があり、この閉じ込められた海水のことを化石海水と呼んでいます。

火山や高温岩帯が無い地域で、水温が25℃未満でも、化石海水は塩分等のミネラル分を多量に含んでいるので、温泉法で規定した温泉に該当するそうです。

ということで、非火山地帯の東京近辺では、この“化石海水”の温泉が多いそうです。

ちなみに、“東京名物の黒湯”は、この化石海水に海藻が溶け込んでできているため、様々なミネラル分が豊富で、肌にもいいようです。

 ▶▶▶ 都内で味わえる黒湯温泉、お薦め銭湯ベスト7

 ▶▶▶ 東京名物“黒湯温泉”ってご存じですか?
 ▶▶▶ 黒湯温泉、お薦め銭湯ベスト7
 ▶▶▶ 「温泉ソムリエ」って何?
 ▶▶▶ “岩盤浴”ってどんな効果があるの?

Ad

意外な事実

  1. 屋久杉工芸品

    屋久杉高級工芸品の高騰のうらがわに中国人

    先日、鹿児島の友人と話をしていると、「最近、良質な屋久杉工芸品が高騰している」と聞きました。
  2. 貯金箱

    1世帯あたり貯蓄額日本一は、なぜか奈良県!?

    みなさんは、「1世帯あたり貯蓄額が多い都道府県」というと、どこを思い浮かべますか?自分は真っ先に...
  3. フジテレビの凋落

    国民のTV離れとフジテレビの凋落

    ここ数年でスマホが急速に普及し、それとともにインターネットの利用が急増しています。
  4. 北方四島

    北方四島の問題は安倍政権下で解決?

    最近、マスコミでよく目にする北方四島の領土問題。
  5. シニアの生活実態と意識

    少子高齢化が叫ばれる日本でこれからの消費を牽引役と言われるシニア世代。
  6. 空母

    軍隊も核も持たないはずの日本が世界7位の軍事力評価

    アメリカの軍事力評価機関、グローバル・ファイヤーパワー(Global Firepow...
  7. キャビンアテンダントの出身大学

    キャビンアテンダント(客室乗務員)の出身大学は?

    今も昔も女性の花形職業の一つで、かってはスチュワーデスと呼ばれた、キャビンアテンダント=CA(客室乗...

Ad

人気の記事

  1. 教育にカネを使わない国ニッポン
  2. 白人比率の低下
  3. スティーブン・バノン
  4. 世界の人口ピラミッド_

ピックアップ記事

  1. 以前、日本国内に在留(住んでいる)している外国人の数を調べてみましたが、今回はその第2弾として、その...
  2. 先日、テレビを見ていたら、脳卒中や心筋梗塞の予防にいい「血管年齢を若返らせる温泉」と...
  3. いつの季節も、TVのワイドショーや女性週刊誌をにぎあわせる芸能人の不倫ネタですが、今...
  4. 大谷翔平
    今、日本中の注目を集めている北海道日本ハムファイターズ大谷翔平選手。
  5. 所得2極化
    「はたらけど、はたらけど猶わが生活楽にならざり、ぢっと手を見る」これは石川啄木の有名な俳句ですが...