“化石海水”って、何?

 

先日、「東京周辺の温泉は、その多くが非火山性温泉の1つである“化石海水”である」と聞きました。???、そこで今回はこの「化石海水」について調べてみました。

「化石海水」とは、昔の海水が何百万年もの間、地層の隙間などに閉じ込められたもので、長年の間にその成分も海水から変化しているそうです。

そのため、源泉により、その泉質にも違いがあるようですが、ただ、元は「海水」であるため、ミネラル分、特に、塩分(ナトリウム)が豊富に含まれているそうです。

もう少し、詳しく調べてみると・・・、

温泉は、「火山性の温泉」と「非火山性の温泉」に大別でき、非火山性の温泉は、以下の「深層地下水型」と「化石海水型」などに分類することができるそうです。

◯火山性温泉

火山地帯では地下に、深部から上昇してきたマグマが、マグマ溜まりをつくり1000℃以上の高温になっています。

そこに、地表に降った雨や雪の一部は地中にしみ込んで、地下水となり、マグマ溜まりの熱で温められ、何かの理由で、地表に湧き出たものが、「火山性の温泉」だそうです。

そのため、真水である地下水に、マグマのガス成分や熱水溶液などが混入したり、流動中に岩石の成分を染みこむことなどにより、温泉の様々な泉質が形成される、と考えられているそうです。

関連画像

◯非火山性温泉-深層地下水型-

地下では、深度が深くなるほど地温が上昇し、一般的に100mごとに温度が約3℃ずつ上昇するようです。そのため、地下1000mの地温は45℃となります。

地表に降った雨や雪の一部が地中にしみ込み、温められたものが、「非火山性温泉の深層地下水型」と考えられているようです。

◯非火山性温泉-化石海水型-

太古の地殻変動などで、古い海水が地中に閉じこめられる場合があり、この閉じ込められた海水のことを化石海水と呼んでいます。

火山や高温岩帯が無い地域で、水温が25℃未満でも、化石海水は塩分等のミネラル分を多量に含んでいるので、温泉法で規定した温泉に該当するそうです。

ということで、非火山地帯の東京近辺では、この“化石海水”の温泉が多いそうです。

ちなみに、“東京名物の黒湯”は、この化石海水に海藻が溶け込んでできているため、様々なミネラル分が豊富で、肌にもいいようです。

関連記事

Ad

意外な事実

  1. 動き出していたリニア中央新幹線

    出典)山梨県立リニア見学センターHP 子供の頃「時速500km/hで走行する夢の超特急...
  2. 青森山田サッカー部

    青森山田高校サッカー部選手の出身チームは?(2016年版)

    昨年12月に、U18年代の男子サッカーの最高峰である高円宮杯U-18で優勝し、続くこの1月の全国高校...
  3. 情報源としての2強媒体はTVとNET

    日ごろの皆さんの情報源とは何でしょうか? ここ数年のスマホの普及とそれに伴う新聞や雑誌などの紙媒体の...
  4. シニアの生活実態と意識

    少子高齢化が叫ばれる日本でこれからの消費を牽引役と言われるシニア世代。
  5. フランスの大統領の任期中の解任はできない?

    就任前から、世界中をかき回しているトランプ次期大統領。
  6. 「温泉ソムリエ」って何?

    ときどき、TVのバラエティ番組を見ていると、「温泉ソムリエ」なる人物が登場してませんか?この「温...
  7. 夏の風物詩ビアガーデンは超人気!

    ビール好きでなくとも、独特の開放感の中で都会の夜景や雰囲気を楽しみたくて、ついつい仲...

Ad

人気の記事

  1. 高齢ドライバー事故

ピックアップ記事

  1. 今日、11月9日は、 119番の日だそうです。
  2. 今回は、「運動神経は10歳で決まる!」という本を、たまたま行きつけの図書館で見かけ、...
  3. コーヒー通の方はよくご存知かもしれませんが、みなさんはよくコーヒーショップのメニューで見かける「カフ...
  4. 子供たちは夏休み真っ盛り、すでに真っ黒に日焼けした子も。
  5. 最近、街で買物や外食をしていると、よく見かけるのが下の「ビジット・ジャパン」キャンペーンのロゴ。