“化石海水”って、何?

 

先日、「東京周辺の温泉は、その多くが非火山性温泉の1つである“化石海水”である」と聞きました。???、そこで今回はこの「化石海水」について調べてみました。

「化石海水」とは、昔の海水が何百万年もの間、地層の隙間などに閉じ込められたもので、長年の間にその成分も海水から変化しているそうです。

そのため、源泉により、その泉質にも違いがあるようですが、ただ、元は「海水」であるため、ミネラル分、特に、塩分(ナトリウム)が豊富に含まれているそうです。

もう少し、詳しく調べてみると・・・、

温泉は、「火山性の温泉」と「非火山性の温泉」に大別でき、非火山性の温泉は、以下の「深層地下水型」と「化石海水型」などに分類することができるそうです。

◯火山性温泉

火山地帯では地下に、深部から上昇してきたマグマが、マグマ溜まりをつくり1000℃以上の高温になっています。

そこに、地表に降った雨や雪の一部は地中にしみ込んで、地下水となり、マグマ溜まりの熱で温められ、何かの理由で、地表に湧き出たものが、「火山性の温泉」だそうです。

そのため、真水である地下水に、マグマのガス成分や熱水溶液などが混入したり、流動中に岩石の成分を染みこむことなどにより、温泉の様々な泉質が形成される、と考えられているそうです。

関連画像

◯非火山性温泉-深層地下水型-

地下では、深度が深くなるほど地温が上昇し、一般的に100mごとに温度が約3℃ずつ上昇するようです。そのため、地下1000mの地温は45℃となります。

地表に降った雨や雪の一部が地中にしみ込み、温められたものが、「非火山性温泉の深層地下水型」と考えられているようです。

◯非火山性温泉-化石海水型-

太古の地殻変動などで、古い海水が地中に閉じこめられる場合があり、この閉じ込められた海水のことを化石海水と呼んでいます。

火山や高温岩帯が無い地域で、水温が25℃未満でも、化石海水は塩分等のミネラル分を多量に含んでいるので、温泉法で規定した温泉に該当するそうです。

ということで、非火山地帯の東京近辺では、この“化石海水”の温泉が多いそうです。

ちなみに、“東京名物の黒湯”は、この化石海水に海藻が溶け込んでできているため、様々なミネラル分が豊富で、肌にもいいようです。

関連記事

Ad

意外な事実

  1. 台風の大きさや強さの定義は?

    毎年のように日本に上陸または接近して、多くの被害をもたらす台風。
  2. トランプ大統領誕生で日本はどうなる?

    11月9日に米国大統領に当選したトランプ氏。
  3. 北方四島に対するロシア人の意識

    昨年末のプーチン大統領の来日と共に盛り上がっていた北方四島の返還問題。
  4. イスラム教徒数とキリスト教徒数が接近中

    テロだとか難民問題だとかで、世界中のマスコミを日々騒がせているイスラム教徒。
  5. 国会議員の給与2

    国会議員の給与・年収ってご存知?

    相変わらず国会では、加計学園だとか森友学園だとかって、まるでテレビのバラエティー番組...
  6. あこがれの豪華観光列車の旅

    今回は、東急が2016年11月に実施した「観光列車に関するアンケート」の結果をご紹介します。
  7. トランプ大統領とレーガン元大統領の政策は似てる?

    トランプアメリカ大統領が、政策的に評価しているのが、同じ共和党のレーガン元大統領だそ...

Ad

人気の記事

  1. 2020東京オリンピック
  2. 青森山田サッカー部
  3. スティーブン・バノン

ピックアップ記事

  1. もうすぐ妻の誕生日。毎年何を贈ろうか迷っています。
  2. 先日、テレビを見ていたら、脳卒中や心筋梗塞の予防にいい「血管年齢を若返らせる温泉」と...
  3. ご存知の通り、2015年6月17日に選挙権年齢を20歳以上から18歳以上に引き下げる...
  4. 女性の社会進出に伴い、女性がお酒を日常的に楽しむシーンが増えてきましたね。
  5. 国の3連休を増やす政策で、飛躍的に3連休が増えましたが、皆さんは何して過ごしていますか? 今回は...