「ポスト安倍」のダークホース 自民党の異端児 河野太郎のまとめ!

河野太郎

この秋に予定されている自民党総裁選。現時点では安倍さん、石破さん、岸田さんが有望と言われいますが、今回は「ポスト安倍」のダークホースと言われ、旧態依然とした永田町の論理とは一線を画す政治スタイルを貫き「自民党の異端児」と呼ばれているる河野太郎氏についていろいろ調べてみました。

有名な政治家一族のいますが出身の政界のサラブレッド

河野太郎さんの簡単なプロフィールは以下の通りです。

生年月日 1963年1月10日(55歳)
出生地 神奈川県平塚市
略歴 慶應義塾中等部→慶應義塾高等学校卒業
慶應義塾大学経済学部(2ヶ月で中退)
ジョージタウン大学卒業
1986年 富士ゼロックス入社
1996年 衆議院議員(自民党麻生派)
2009年 自民党総裁選挙へ出馬→敗北
2017年 外務大臣就任
親族 祖父:河野一郎(自民党の政界実力者)
父:河野洋平(元自民党総裁、元衆議院議長)

見ての通り、政治家一族で生まれ育った政界のサラブレッドでありますが「完全なボンボン」とも言えます。このあたりは、安倍総理と全く同じですね。
実は自分も平塚育ち&慶応大学卒の同世代なので、河野太郎さんの話は周りの人からよく聞きました。
「太郎は典型的なボンボン」と!

こんな河野太郎さんは若手議員時代には党の方針に逆らって国会の採決で何度も造反し、「自民党の異端児」と呼ばれていました。そのため出世は遅く、当選7回で内閣府の行政改革相に就任(2015年)したのが初入閣でした。

政治信条や政策の方針は?

今の日本が抱える様々な課題に対する河野太郎さんの考え方や主張は以下の通りです。

■憲法九条の改正

読んでそのまま自衛隊は合憲であり、日本は自衛権を持ち、自衛のための実力の行使はできるということが理解できる憲法改正は必要なのではないかと、私はかねてから申し上げてきましたので、自衛隊を憲法上に位置付ける改正には賛成です。

上記は河野太郎さんのHP上で書かれているもので、完全に「憲法改正賛成派」です。

■財政再建

高めの経済成長率を前提に議論しても、『絵に描いた餅』になるだけである。
年金制度そのものの抜本改革が必要だ。国民年金は、消費税を財源として保険料を廃止する一方で、厚生年金は、民間の個人年金のような積立方式へと改めるべきだ。

「財政再建推進派&年金制度抜本改革推進派」だが、今の政府の小手先騙しの進め方については非常に批判的です。

■原発問題

日本の原子力発電は経済採算性は合わない。原子炉の新設はしないということを政治主導で決める。

河野太郎さんは、小泉純一郎元総理と同じく、福島第一原子力発電所事故以前から明確に原発反対を主張し続けている自民党内では非常に珍しい議員ようです。

 

性格・人柄や趣味は?

性格的には、「オープンな熱血漢だがつむじ曲がり」という声をよく聞きます。そんな河野太郎さんの人脈は、サッカー選手の中田英寿やミュージシャンの坂本龍一や堀江貴文といったように政界意外にもスポーツ界、音楽・芸能界、IT業界と非常に幅広いそうです。

さらに、河野太郎さんについて特筆すべき点はその「英語力」です。その実力は外務省幹部も「イギリス大使に匹敵する」と認めているようです。
実際、昨年フィリピンで行われた東南アジア諸国連合(ASEAN)関連外相会合においても、ティラーソン米国務長官との会談や日米豪外相会議で通訳を介さず直接やりとりしたそうです。
さらに、その英語力を活かし、米ジョージタウン大の同窓生でヨルダンのアブドラ国王をはじめ、多数の海外政財界人と交流があるそうです。

河野太郎2

最後に彼の趣味ですが・・・
富士ゼロックスのシンガポール駐在員時代に覚えたダイビングと平塚でのサッカー観戦。特に、サッカーの方は熱心で平塚を本拠地とするJリーグの湘南ベルマーレの取締役会長を務めたこともありました。

 

いろいろ普通の自民党の議員と異なっている河野太郎さん。
もし菅氏、麻生氏に加え、同じ神奈川県選出議員である小泉進次郎氏まで河野支援に回れば、河野政権誕生が現実味を帯びてきます。として河野氏の支援に回る可能性があるそうです。

個人的には、河野太郎さんのがような若くて行動力がある人に総理になって欲しいと思います。

  ▶▶▶ とてもエリートと見えないが、実は超エリートの麻生太郎
  ▶▶▶ 大物政治家の顔が歪んでいるのはなぜ?
  ▶▶▶ 安倍政権は日本を食いつぶしているだけ?
  ▶▶▶ でたらめ政策アベノミクスは日本をダメにする
  ▶▶▶ 次期自民党総裁候補の石破茂は自己中なオタク
  ▶▶▶ 平成の30年間の主な出来事と日本の変化?

Ad

意外な事実

  1. 日本代表メンバー

    サッカー日本代表メンバーはハリルから西野新監督でどう変わった?

    ロシアFIFAワールドカップ(2018年6月14日~7月15日)までついに1ヶ月をきりましたね。
  2. 国会議員(衆議院議員)の平均年齢は?

    テレビのニュースで国会中継を見ていると、いつも後ろの方の席に座っている議員は寝ている...
  3. 男性専用車両は受容される?

    最近、「男性専用車両」の導入希望の声がニュースで取り上げられていたり、「痴漢冤罪保険」が誕生したりと...
  4. ブランド価値上位御三家

    アマゾン、アップル、グーグルが勝ち組御三家

    今現在、世界で最も大きな会社といったらどこだろうか? ふと先日、そんなことを...
  5. シャッター街

    日本の将来人口と高齢化の将来像

    今回は、日本の将来人口の推移と高齢化社会の進行プロセスを見ていきたいと思います。
  6. CO2排出量9

    トランプ大統領が疑う地球温暖化問題とCO2排出削減目標

    ニュース報道によると、トランプ米大統領が地球温暖化対策の国際的枠組み「パリ協定」から離脱する方針を決...
  7. 首都東京

    戦後の日本の実質経済成長率の推移

    よくTVや新聞を見ていると、国の経済の状況を現す基準として「実質経済成長率」というも...

Ad

人気の記事

  1. チャプマン
  2. 高円宮杯プレミアリーグ昇格戦
  3. 安倍総理の外遊
  4. 東京
  5. 白人比率の低下

ピックアップ記事

  1. 先日病院で診察の順番を待っている時、壁に貼られていたポスターのひとつに「オーソライズ...
  2. この夏の8月2日に女性初の新都知事に就任した 「小池百合子」都知事。
  3. 新聞
    最近、電車の中で新聞を読んでいる人をほとんど見かけなくなりましたね。
  4. EEZ7
    最近、新聞やテレビの報道番組等で「領海」「接続水域」「排他的経済水域(EEZ)」などの難しい言葉をた...
  5. いつの季節も、TVのワイドショーや女性週刊誌をにぎあわせる芸能人の不倫ネタですが、今...