ここ50年で日本の一人当たり国民総所得(名目GNI)はどう変わった?

昨日、中国政府(中国国家発展改革委員会)は、内需を刺激するため、2019年と2020年に可処分所得を引き上げる対策を打ち出すと発表しました。長年、庶民の所得低迷が叫ばれている日本も何とかしてして欲しいものですね。
そこで今回は、ここ50年で日本の一人当たり国民総所得(名目GNI)がどう変わってきたかを様々な国と比較しながら見てみました。

データの出典は、世界銀行のデータベースで、算出方法は世界銀行アトラス方式です。

20年前からほとんど変わっていない日本の一人当たり国民総所得

2018年の日本の一人当たり国民総所得は41,340米ドルです。50年前の1968年、ちょうど日本の高度成長期の後半にあたりますが、このときの日本の一人当たり国民総所得はまだまだ非常に低く、1,430米ドルしかありませんでした。つまり、現在の約1/30しかなかったのです。

その後の約30年間は、日本の一人当たり国民総所得は急増していき、1996年には現在を上回る43,150米ドルにまで達したのです。しかし、その後の20年間は上がったり下がったりを繰り返しているだけです。

この間の世界全体の動きを見てみると・・・、
1968年の世界全体の一人当たり国民総所得は、701米ドルで当時の日本の半分でした。その後、ほとんど上下動はなく緩やかに上昇し、2018年には11,101米ドル(=日本の約1/4)にまで達しています。
日本と世界平均の差が最も大きかった1996年当時は、日本は世界平均の8倍弱のあったのです。しかし、その後の20年強で世界平均は約2倍の増えているのに日本は・・・。

みなさんもご存知の通り1980年代は、いわゆる「ジャパン・アズ・ナンバーワン」を謳歌した時代だったのです。いまの日本は、もっと自らの現状を真剣に捉えた中期戦略を実施しなければ、きっと悲惨な未来になるでしょうね。

  1968年 1996年 2018年 伸長率
日本 1,430 43,150 41,340 2,891%
世界平均 701 5,485 11,101 1,584%

では、次は米国及び中国を見てみます。

安定して伸び続ける米国、一人当たりではまだまだの中国

次は現在の世界経済の中心である、GNP(国民総生産)世界1位の米国と2位の中国を日本と比較しながら見てみます。

戦後、一貫して世界経済を牽引している米国ですが、1968年当時は4,740米ドル(=日本の約3.3倍)でしたがその後も順調に伸ばし続け、2018年には62,850米ドル(=日本の約1.5倍)にまで達しました。これは、現在でも米国民は日本国民より1.5倍も裕福であるということです。ただ、この50年間の間で1987年~1999年までの10年ほどは、日本が急成長の結果、米国を上回っていたのです。
しかし、ほんと米国経済って強いですねぇ。

続いて中国ですが、1968年当時はまだ社会主義経済時代で一人当たり国民総所得はわずか90米ドルしかありませんでした。これは世界平均の1/8程度の水準です。中国が鄧小平の指導体制の下で改革開放政策を取り出したのは1978年以降ですが、さすがに大所帯の中国では一人当たり国民総所得は日本のように急激に伸びることはありませんでした。しかし、ここ10年の伸びは非常に高く、2018年には50年前の100倍以上の9,470米ドルにまで達しています。ただ、13億人全体の平均を上げるのはやはり大変なようで、現在でも世界平均に達していません。

  1968年 1996年 2018年 伸長率
日本 1,430 43,150 41,340 2,891%
世界平均 701 5,485 11,101 1,584%
米国 4,740 30,270 62,850 1,326%
中国 90 650 9,470 10,522%

では、次は日本とよく比較される先進国のイギリス、フランス、ドイツを見てみます。

日本と同じようにここ10年は伸び悩むイギリス、フランス、ドイツ

イギリスとフランスは、上下動はあるもののこの50年間で15倍前後増えています。また、ドイツは1990年に東西再統一がありますが、うまく乗り越えています。
しかし、日本は1996年からの停滞ですが、これら3カ国も2008年のリーマンショック以降は停滞しているのが現状です。近年では大量の移民問題もからみ、これらの国の国民は政府に対して強い不満を持っている人が増えているようです。

  1968年 1996年 2018年 伸長率
日本 1,430 43,150 41,340 2,891%
世界平均 701 5,485 11,101 1,584%
イギリス 2,450 22,640 41,330 1,687%
フランス 2,570 27,110 38,310 1,482%
ドイツ 30,910 47,450

*イギリスは1968年ではなく1970年の数字です
*ドイツは1978年からの数字です

では、最後にアジアの先進国?のシンガポール、韓国、香港を見てみます。

すでに日本を追い越しているシンガポール、香港

最後に、小国だがシンガポールと徐々にきな臭くなってきている香港、そして何かと日本を非難する韓国の数字を見てみました。

人口560万人ほどのシンガポールですが、1968年当時は750米ドルで日本の半分程度だったのですが、2018年には58,770米ドルと日本の1.4倍と急成長しています。また、人口740万人ほどの香港も2018年には50,310米ドルと日本の1.2倍まで急成長しています。経済規模から見ると取るに足りない両者ですが、もはやアジアでの経済面での影響力は無視できない存在です。

最後は、人口5,000万人ほどの韓国です。韓国は1950年~1953年の朝鮮戦争により壊滅的な被害を受けました。そのため、休戦協定から15年もたっている1968年でも一人当たり国民総所得は世界平均の1/4程度の190米ドルしかありませんでした。しかし、その後の成長は凄まじく、2018年には30,600米ドルと50年間で161倍となりました。驚くことに、この成長は中国以上なのです。

  1968年 1996年 2018年 伸長率
日本 1,430 43,150 41,340 2,891%
世界平均 701 5,485 11,101 1,584%
シンガポール 750 25,620 58,770 7,836%
香港 24,140 50,310
韓国 190 13,040 30,600 16,105%

*香港は1978年からの数字です

参考までに日本の実質国民総生産(GDP)のここ50年間の推移を見てみます。


グラフのように、日本の「実質国民総生産(GDP)」はバブル崩壊(1991年頃)までの勢いこそありませんが、その後も緩やかに伸びているのです。しかし、これまで見てきた通り「一人当たり国民総所得(名目GNI)」は1996年以降は低迷しているのです。
人口が増えているわけでもないのに。いったいどういうことなんでしょうか?
よく言われるのは・・・、
・企業の搾取(内部留保拡大や賃金カットなど)
・適当な行政の赤字埋めのための増税

それにしても、これからの日本はどうなるのでしょうか?
これまで通り、米国の言いなりで本当に日本国民はしあわせになれるのでしょうか?

皆さんはどう思いますか?

▶▶▶ 驚きの日本の人口ピラミッド推移
▶▶▶ 人口ピラミッドから見た世界と日本の
    将来
▶▶▶ 戦後日本の実質経済成長率の推移
▶▶▶ 平成30年間の主な出来事と日本の
    変化?
▶▶▶ 所得の二極化が進み中間層が崩壊
▶▶▶ 日本に住んでいる外国人の数は?
▶▶▶ 食料自給率、日本はどの程度?

Ad

意外な事実

  1. 著名スポーツ選手に多い血液型はB型

    日本人のABO式血液型の分布は大まかに、A型が40%、B型が20%、O型が30%、AB型が10%です...
  2. 深刻な日本の空き家問題

    最近テレビや新聞では、日本各地で「空き家の急増」が社会問題化していると報じています。
  3. 神経内科

    神経内科と脳神経外科の違いは?

    皆さんは、「神経内科」という診療科をご存知ですか? また、「脳神経外科」(いわゆる脳...
  4. 青森山田高校サッカー部選手の出身チームは?(2019年版)

    U18年代の男子サッカーの最高リーグであるプレミアムリーグEASTの常連メンバーである青森山田高校サ...
  5. 信用できる健康に関する情報源は?

    最近は、健康とか病気をテーマにしたTV番組がたくさん放映されています。
  6. 日本旅行を希望する中国人のその意識は?

    一時の団体客による爆買いがおさまりまりやや目立たなくなった中国人観光客ですが、いまだ...
  7. 青森山田

    青森山田高校サッカー部選手の出身チームは?(2018年版)

    U18年代の男子サッカーの最高リーグであるプレミアムリーグEASTの常連メンバーである青森山田高校サ...

Ad

人気の記事

  1. 中国北京の砂漠化
  2. 神経内科
  3. 黒湯
  4. スティーブン・バノン

ピックアップ記事

  1. 先日病院で診察の順番を待っている時、壁に貼られていたポスターのひとつに「オーソライズ...
  2. ここのところおとなしい北朝鮮ですが、先日のNHKの報道によれば・・・アメリカのマティス国防長...
  3. 大学
    最近、TVのニュース解説番組を見ていると、解説者として様々な分野の専門家が出演していますが、彼らの肩...
  4. 在日米軍の駐留費用負担額
    世界中が「ビッククリ」し、おー騒ぎしている、米国のトランプ新大統領の誕生。
  5. 弾道ミサイル
    最近の北朝鮮関連の報道を見ていると、「弾道ミサイル」とか「ICBM」とか、さらには「...