救急車って何台ぐらいあるの?

今日、11月9日は、 119番の日だそうです。

119番といえば、火事の通報や救急車の呼び出しに使う 緊急番号です が、自分も3年前に 脳出血で倒れた時には、救急車のお世話になりました。

自分の場合、自転車で近くのコンビニに タバコを買いに行った帰り道、タバコを吸いながら チャリを漕いでるとき、突然脳溢血で倒れてしまい。
たまたま通りかかった人が119番をしてくれ、一命を取り留めました。
もし、その瞬間が、家族を乗せた車で高速道路を走っているときだったら・・・、と思うと青くなります。

ということでお世話になった「119番 救急車」のことについて、いろいろと調べてみました。 

■ 救急車は全国でたった6,000台だけ!

今回調べてみて 一番びっくりしたのは、救急車の数が 想像以上に少ないことでした。
なんと、平成27年4月1日現在、全国で6,184台しかないのです。つまり 国民に2万人に対して1台 だけなんです。

一方、救急車の出動要請は、年間 598万件もあるそうです。つまり、 1台あたり1日3回弱の出動要請です。この数字が多いのか少ないのかは、難しいところですが、ただ出動要請の件数は下のグラフのように年々増えているそうです。
詳しく見てみると・・・、驚くことに救急車の出動要請は・・・、
ここ20年間で300万件前後から、現在では600万件と倍増
日本の人口自体は、ほとんど変わっていないのに・・・。

H26年とH6年の出動要請のその理由を見てみると・・・、       

  急病 交通事故 一般負傷 その他
H26 63.2% 8.7% 14.8% 13.3%
H6 52.6% 20.6% 11.5% 15.3%

ここ20年間で、「交通事故」による出動割合が大幅に減少し、代わりに「急病」と「一般負傷」増えているのです。
そうなんです、日本社会全体の高齢化に伴い、お年寄りの急病や転倒などでの怪我に対応した出動が大幅に増加しているそうです。

これからの本格的な高齢化社会到来のことを考えると、この傾向はますます加速されるのは確実ですね。
 ※参考)日本の人口ピラミッド推移に関する記事

最近では、「119番による救急車も出動要請への対応が限界に来ている」とか、「いきなり119番ではなく、各都道府県の相談窓口#8000に!」といったマスコミ報道が出ていますが、
少子高齢化社会への対応では、いつも後手後手に回っている国の方では、この程度の小手先の対策ではなく、何か抜本的な対策は考えているのでしょうか。

   *データの出典 総務省消防庁HP

  ▶▶▶ 猛毒を持つ「ヒアリ」の日本上陸は時間の問題?
  ▶▶▶ 脳卒中や心筋梗塞の予防にいい「炭酸泉」ってご存知?
  ▶▶▶ 脳卒中、脳溢血、脳梗塞、脳出血って・・・どう違うの?

 


人気ブログランキング

関連記事

Ad

意外な事実

  1. J1・J2入れ替え戦”が2018年より10年ぶりに復活

    Jリーグは、2018年以降の「J1・J2の昇降格決定方法」を変更し、2018年の競技成績から適用する...
  2. 市立船橋高校サッカー部選手の出身チームは?(2017年版)

    U18年代の男子サッカーの最高リーグであるプレミアムリーグEASTで活躍している市立船橋高校サッカー...
  3. 神戸弘陵学園高校サッカー部選手の出身チームは?(2017年版)

    U18年代の男子サッカーの最高リーグであるプレミアムリーグWESTで活躍している神戸弘陵学園高校サッ...
  4. エネルギー革命で、ドイツは2022年には原発ゼロ!

    みなさんは、ドイツで押し進められている「エネルギー革命」ってご存知ですか?自分は...
  5. ボジョレー・ヌーボーは今年も予約しましたか?

    今回は、ホノテが2016年10月に実施した「ボジョレー・ヌーボーに関するアンケート」...
  6. 米国大統領が起こした大スキャンダルの結末

     現在、FBIがトランプ氏周辺とロシアとの不透明な関係を調べている最中なのに、先日突...
  7. 健康のためにウォーキングやサイクリング

    みなさんが応援しているチームは勝っていますか? そこで今回は、アサヒビールが2015年9月に実施...

Ad

人気の記事

  1. 2020東京オリンピック

ピックアップ記事

  1. 今回は、“湯の花(湯の華、湯華とも言う)”についてです。
  2. みなさんはどうですか? そこで今回は、ギフト総合研究所が2016年9月に実施した「披露宴でのご祝...
  3. 世間でよく言われる「日本三名城」は、名古屋城、大阪城、熊本城です。
  4. ご存知の通り、2015年6月17日に選挙権年齢を20歳以上から18歳以上に引き下げる...
  5. 自分は、北海道釧路生まれ、育ちは神奈川県の湘南地方。