各国の国会における女性議員比率

 

安倍政権は最重要課題のひとつとして「すべての女性が活躍する社会」を実現を目指しており、2020年までに社会の中で指導的地位に占める女性の割合を30%に引き上げる目標を掲げています。
その背景には先進国の中でも遅れた女性の社会進出の現状があり、実際、2016年のOECD(経済協力開発機構)調査では日本の女性就業率は34か国中23位にとどまっています。

そこで今回は世界各国の国会議員(下院)における女性議員比率を見てみました。

世界の平均は22.8%、日本は9.5%

国会議員(下院)における女性議員比率の世界の平均は22.8%。
日本は10%にも満たないわずか9.5%。なんと、G7最下位で世界191カ国中156位です。女性の社会進出が遅れていると言われているサウジアラビアは19.9%で日本の倍以上です。10%にも満たない国は38カ国あるが、日本はそのうちの一つということです。
先進国のみならず世界的に見ても、日本は女性の政治参画は著しく遅れている国の一つと言えます。

一方、女性議員比率が高い国はヨーロッパ各国とくに北欧です。また、女性の社会進出が進んでいるイメージの強い米国は意外にも低く19.4%でした。

【主要国の国会議員の女性議員比率】

アイスランド 47.6%
スウェーデン 43.6%
フィンランド 42.0%
ノルウェー 39.6%
アルゼンチン 39.5%
ドイツ 37.2%
オランダ 36.9%
ニュージーランド 34.2%
オーストラリア 32.7%
イタリア 30.1%
カナダ 30.1%
イギリス 27.7%
イスラエル 27.5%
ベトナム 26.7%
フランス 26.4%
シンガポール 23.8%
中国 23.7%
サウジアラビア 19.9%
インドネシア 19.8%
米国 19.4%
韓国 17.0%
ロシア 16.1%
日本 9.5%
タイ 6.1%
イラン 5.9%

出典・参照:IPU(Inter-Parliamentary Union)

 

日本の女性議員比率が低いのはなぜ?

では、なぜ日本では女性議員が少ないのでしょうか?

その理由の1つが、日本の場合、一般的に「家庭的責任」が女性にばかり重くのしかかっており、政治に割ける時間が少なくなるためだと言われています。男性議員の場合には、家庭的責任を免責されるばかりか、家族がいろいろな面で支援してくれることも多いようですが・・・。
つまり、子育てや家事などの負担が、女性に政治家になることを思いとどまらせる要因となっているため、結果的に女性議員比率が低いのです。

もう一つの理由は、男女の役割に関する通念(ステレオ・タイプ)が挙げられます。日本にはなんとなく「政治は男性のもの」という通念があり、女性候補者はとりわけ男性有権者からの支持を集めにくいのです。
また、男性議員と同じように振る舞うと、今度は「女性だからこそ」応援している支持者の期待を裏切ることになってしまうのです。

つまり、性別役割分業の実態と意識が女性の政治参画の足かせとなっている。

また、女性議員が増やすために専門家の間からは、地方選挙や国政選挙で女性候補者の数を増やすため、立候補者の一定割合を女性にすることを義務化する「クオータ制」の導入を求める声が以前から上がっています。

日本で女性に参政権が与えられて初の選挙となった1946年に衆議院議員となった女性の数は39人。現在の女性議員の数は、それを少し上回るに過ぎないのが現状です。

今の時代、少子高齢化が急速に進展し、子育て・教育・医療・介護・福祉分野での重要な課題が山積しています。生活に密着するこれらの課題の現場は地域社会や家庭であり、そしてその主たる担い手は女性です。
だからこそこれからの時代、子育てや介護の実体験を持つ女性こそが、一刻も早く政策決定の場に踏み出し、これらの課題解決のために豊富な経験を活かしてもらいたいものです。

関連記事

Ad

意外な事実

  1. 2020年東京オリンピックの経済波及効果

     今年の3月、東京都は2020年東京オリンピック・パラリンピックの開催に伴う2030...
  2. 北方四島に対するロシア人の意識

    昨年末のプーチン大統領の来日と共に盛り上がっていた北方四島の返還問題。
  3. 第96回全国高校サッカー選手権の代表校

    毎年、年末年始に行われる高校サッカー選手権。
  4. 国会議員・官僚・マスコミ等に対する国民の信頼感は?

    毎日毎日、新聞やTVニュースでは、安倍首相の森友学園疑惑と加計学園疑惑のとりとめのない報...
  5. インドの人口は2070年には脅威の23.0億人!

    世界で一番人口の多い国といえば、ご存知の通り「中国」。
  6. 中国人から見た日本人は、傲慢で、暴力的で、不正直

    早いもので、1972年に日中国交正常化してから、もうすぐ半世紀が過ぎます。
  7. Jクラブチームの収入源とその収入は?

    クラブチームの収入源Jリーグ所属チームには、鹿島アントラーズ、浦和レッズ、ガンバ...

Ad

人気の記事

  1. 高齢ドライバー事故
  2. スティーブン・バノン

ピックアップ記事

  1. 毎日毎日暑く寝苦しい夜が続くなか、みなさんは不安や悩みを感じて夜なかなか寝つけないこ...
  2. この夏の8月2日に女性初の新都知事に就任した 「小池百合子」都知事。
  3. 毎日暑い日が続きますが、今年も恒例の「土用の丑の日」が近づいてきました。
  4. 2000年の日本の人口ピラミッド
    来年の2017年には、あの「団塊世代」(1947-1949年生まれ)も、いよいよ70...
  5. 就任前から、世界中をかき回しているトランプ次期大統領。