各国の国会における女性議員比率

女性議員比率

 

安倍政権は最重要課題のひとつとして「すべての女性が活躍する社会」を実現を目指しており、2020年までに社会の中で指導的地位に占める女性の割合を30%に引き上げる目標を掲げています。
その背景には先進国の中でも遅れた女性の社会進出の現状があり、実際、2016年のOECD(経済協力開発機構)調査では日本の女性就業率は34か国中23位にとどまっています。

そこで今回は世界各国の国会議員(下院)における女性議員比率を見てみました。

世界の平均は22.8%、日本は9.5%

国会議員(下院)における女性議員比率の世界の平均は22.8%。
日本は10%にも満たないわずか9.5%。なんと、G7最下位で世界191カ国中156位です。女性の社会進出が遅れていると言われているサウジアラビアは19.9%で日本の倍以上です。10%にも満たない国は38カ国あるが、日本はそのうちの一つということです。
先進国のみならず世界的に見ても、日本は女性の政治参画は著しく遅れている国の一つと言えます。

一方、女性議員比率が高い国はヨーロッパ各国とくに北欧です。また、女性の社会進出が進んでいるイメージの強い米国は意外にも低く19.4%でした。

【主要国の国会議員の女性議員比率】

アイスランド 47.6%
スウェーデン 43.6%
フィンランド 42.0%
ノルウェー 39.6%
アルゼンチン 39.5%
ドイツ 37.2%
オランダ 36.9%
ニュージーランド 34.2%
オーストラリア 32.7%
イタリア 30.1%
カナダ 30.1%
イギリス 27.7%
イスラエル 27.5%
ベトナム 26.7%
フランス 26.4%
シンガポール 23.8%
中国 23.7%
サウジアラビア 19.9%
インドネシア 19.8%
米国 19.4%
韓国 17.0%
ロシア 16.1%
日本 9.5%
タイ 6.1%
イラン 5.9%

出典・参照:IPU(Inter-Parliamentary Union)

 

日本の女性議員比率が低いのはなぜ?

では、なぜ日本では女性議員が少ないのでしょうか?

その理由の1つが、日本の場合、一般的に「家庭的責任」が女性にばかり重くのしかかっており、政治に割ける時間が少なくなるためだと言われています。男性議員の場合には、家庭的責任を免責されるばかりか、家族がいろいろな面で支援してくれることも多いようですが・・・。
つまり、子育てや家事などの負担が、女性に政治家になることを思いとどまらせる要因となっているため、結果的に女性議員比率が低いのです。

もう一つの理由は、男女の役割に関する通念(ステレオ・タイプ)が挙げられます。日本にはなんとなく「政治は男性のもの」という通念があり、女性候補者はとりわけ男性有権者からの支持を集めにくいのです。
また、男性議員と同じように振る舞うと、今度は「女性だからこそ」応援している支持者の期待を裏切ることになってしまうのです。

つまり、性別役割分業の実態と意識が女性の政治参画の足かせとなっている。

また、女性議員が増やすために専門家の間からは、地方選挙や国政選挙で女性候補者の数を増やすため、立候補者の一定割合を女性にすることを義務化する「クオータ制」の導入を求める声が以前から上がっています。

日本で女性に参政権が与えられて初の選挙となった1946年に衆議院議員となった女性の数は39人。現在の女性議員の数は、それを少し上回るに過ぎないのが現状です。

今の時代、少子高齢化が急速に進展し、子育て・教育・医療・介護・福祉分野での重要な課題が山積しています。生活に密着するこれらの課題の現場は地域社会や家庭であり、そしてその主たる担い手は女性です。
だからこそこれからの時代、子育てや介護の実体験を持つ女性こそが、一刻も早く政策決定の場に踏み出し、これらの課題解決のために豊富な経験を活かしてもらいたいものです。

  ▶▶▶ 国会議員の給与・年収はいくら?
  ▶▶▶ 東京都職員の給与・年収や退職金はいくら?
  ▶▶▶ 国会議員(衆議院議員)の平均年齢は?
  ▶▶▶ 多すぎる日本の地方議員の数
  ▶▶▶ 元東京都知事はたった8人だけ?!
  ▶▶▶ 平成の30年間の主な出来事と日本の変化?

Ad

意外な事実

  1. 日本代表メンバー

    サッカー日本代表メンバーはハリルから西野新監督でどう変わった?

    ロシアFIFAワールドカップ(2018年6月14日~7月15日)までついに1ヶ月をきりましたね。
  2. インドの人口は2070年には脅威の23億人!

    世界で一番人口の多い国といえば、ご存知の通り「中国」。
  3. 大学

    短大や専門学校の鞍替えで4年制大学の数は急増

    最近、TVのニュース解説番組を見ていると、解説者として様々な分野の専門家が出演していますが、彼らの肩...
  4. 東京

    東京の人口ピラミッド推移

    日本は今後、世界でも類を見ないほど、急激に「少子高齢化社会」をむかえると言われています。
  5. 河野太郎

    「ポスト安倍」のダークホース 自民党の異端児 河野太郎のまとめ!

    この秋に予定されている自民党総裁選。
  6. 生涯未婚率上昇

    生涯未婚率上昇で増え続ける一人暮らし高齢者

    近年、未婚率が上昇してることが話題になっていますが、2015年の国勢調査の結果、「生涯未婚率」(50...
  7. 早稲田大学サッカー部

    早稲田大学サッカー部(ア式蹴球部)の選手の出身チームは?(2018年版)

    関東地域の大学サッカーの頂点である関東大学サッカー1部リーグ12校の中で有名私立大学である早稲田大学...

Ad

人気の記事

  1. 都議会議員
  2. 安倍政権
  3. トランプ政権と東アジア問題
  4. 2020東京オリンピック
  5. スティーブン・バノン

ピックアップ記事

  1. 黄斑変性症
    みなさんは、黄斑変性症(おうはんへんせいしょう)という目の病気をご存知でしょうか。
  2. 自分は片麻痺の治療のために、一か月ほど前から、バクロフェン(リオレサール)という新しい薬を飲み始めま...
  3. みなさんは、イタリアには旧ソ連で起きたチェルノブイリ事故の翌年の1987年から現在ま...
  4. 地震
    最近、日本国内では大きな地震がたびたび発生し、各地で大きな被害をもたらしています。
  5. 湯の花
    今回は、“湯の花(湯の華、湯華とも言う)”についてです。