多すぎる日本の地方議員の数

 

最近、富山市での政務活動費の不正取得問題等、何かとマスコミを騒がせている地方議員。

朝日新聞の報道によれば、先日も・・・、

宮城県議会議長が政務活動費として請求した約20万円分の領収書が、
私的に購入したマッサージ機のものだったことがわかった

とのこと。県会議員の議長ですよ、議長。
あきれ返って、ものも言えません。 (`ε´)
「政活費(政務活動費)=生活費」と当たり前に考えているのでしょうか?

国民の約3,600人に一人が地方議員

では、この地方議員って日本全国だと全部で何人いるの・・・?

都道府県議会の議員定数は2,641人
市議会の議員定数は19,556 人
町村議会の議員定数は11,332人

合わせて33,529人
これは、単純計算すると国民の約3,600人に一人です。

国会議員数の衆議院475人、参議院議員242人で計717人、
こちらは国民の約17万人に一人です。
それに比べ・・・、自分は地方議員の数は多いような気がしますが・・・。

ちなみに、地方議員の定数はそれぞれの議会が決めることになっているそうです。
つまり、東京都議会の議員定数を決めるのは都議会であり、
八王子市議会の議員定数を決めるのは八王子市議会なのです。

地方議員の総数が多いのか、少ないのかはさて置き、もう少し詳しく地方議員数を見てみると・・・、

人口10万人当たりの議員数が少ない都道府県ベスト10は・・・、
 ※表の右端の数字はそれぞれの議員定数

1 東京都 0.97人 127
2 大阪府 0.99人 88
3 神奈川県 1.16人 105
4 埼玉県 1.29人 93
5 愛知県 1.38人 102
6 千葉県 1.53人 95
7 兵庫県 1.59人 89
8 福岡県 1.70人 86
9 静岡県 1.83人 69
10 北海道 1.83人 101

 

逆に議員数が多い都道府県ベスト10は・・・、

1 鳥取県 5.94 35
2 島根県 5.16 37
3 徳島県 4.97 39
4 高知県 4.84 37
5 福井県 4.59 37
6 佐賀県 4.47 38
7 山梨県 4.40 38
8 和歌山県 4.19 42
9 香川県 4.12 41
10 秋田県 3.96 43

 

これを見ると、人口が集中している大都市部では人口当たりの議員数が少なく、
逆に、過疎化が進んでいる地方の県で人口当たりの議員数が多くなっています。
トップの東京都と鳥取県を比べてみると、その格差は6倍以上

ただ、鳥取県で東京都並に議員定数を削減をしてしまうと・・・、
鳥取県の県議員の数は、わずか6人になってしまいます。 (^-^;
これでは・・・、難しい問題ですねぇ。

次に、市議会議員です。 ※東京のみ23区が含まれています

現在、全国の 市区数は813、議員定数19,556人、 1 市あたり平均 24.1人

とはいうものの、全国の市には非常にその人口規模格差が大きく、
政令指定都市である横浜市(372万人)大阪市(268万人)のような大都市から、
北海道の歌志内市(3,700人)夕張市(9,000人)のような非常に小規模な市まで様々です。

ただ、市議会議員定数は最も少ない歌志内市では8人、逆に最も多い横浜市でも86人と、
その格差は大きく縮まります。
ちなみに、何かと騒がれた大阪市の議員定数は、人口が100万人も多い横浜市と同じ86人でした。

最後は、町村議会議員です。

現在、全国の 町村数は828、議員定数11,332人、 1町村あたり平均 13.7人

こちらも市同様に人口規模格差が大きく、上は50,000人規模から下は500人以下です。
ただ、町村議会議員定数は最も少ない村でも8人、逆に最も多い町でも20人でした。


こう見てくると、「地方議員の数がうんぬん」という以前に、

やはり行政単位である「地方自治体そのものの数が多すぎる」と思いませんか?
その結果が、全国で33,529人という地方議員数を生み、
連日マスコミを騒がせている「低レベル&低モラル」な議員をも生み出しているのでは?

それぞれの地方議員さんこそが、地元住民の将来のためにも、
自らの既得権益を守ることや変な縄張り意識を捨て、
もっと率先してに周辺市町村と合併を推し進めなければ、
「日本の地方に未来はない」と感じます。

  *データの出典

   ・全国都道府県議会HP
   ・全国市議会議長会HP
   ・全国町村議会議長会HP

▶▶▶ 驚きの日本の人口ピラミッド推移
▶▶▶ 人口ピラミッドから見た世界と日本の
    将来
▶▶▶ 戦後日本の実質経済成長率の推移
▶▶▶ 平成30年間の主な出来事と日本の
    変化?
▶▶▶ 所得の二極化が進み中間層が崩壊
▶▶▶ 日本に住んでいる外国人の数は?
▶▶▶ 食料自給率、日本はどの程度?

Ad

意外な事実

  1. PC、タブレットPC、スマートフォンの利用状況

    今回は、東急が2016年8月に実施した「デジタル機器の利用に関するアンケート」の結果...
  2. 風力発電

    エネルギー革命で、ドイツは2022年には原発ゼロ!

    みなさんは、ドイツで押し進められている「エネルギー革命」ってご存知ですか?自分は...
  3. 今年のJ1リーグサッカー選手の年俸ベスト30は?

    いよいよロシアW杯が始まりましたが、みなさんはどこの国が優勝すると思いますか? さて今回は、J1...
  4. 高校野球

    春の選抜高校野球2018出場校の選手たちの出身チーム~西日本編

    今回は今年の春に行われた「第90回選抜高校野球2018」の出場校の登録選手たちの出身チームを調...
  5. 日本旅行を希望する中国人のその意識は?

    一時の団体客による爆買いがおさまりまりやや目立たなくなった中国人観光客ですが、いまだ...
  6. 脳

    脳卒中、脳溢血、脳梗塞、脳出血って・・・どう違うの?

    自分は自身が脳出血で倒れるまでは・・・、 「脳卒中」と「脳梗塞」の違いも、ほとんどわかって...
  7. 米子北高校

    米子北高校サッカー部選手の出身チームは?(2018年版)

    U18年代の男子サッカーの最高リーグであるプレミアムリーグWESTで活躍している米子北高校高校サッカ...

Ad

人気の記事

  1. 2025年問題
  2. チャプマン
  3. 世界の人口ピラミッド_
  4. スティーブン・バノン
  5. トランプ政権と東アジア問題

ピックアップ記事

  1. 湯の花
    今回は、“湯の花(湯の華、湯華とも言う)”についてです。
  2. 地震
    最近、日本国内では大きな地震がたびたび発生し、各地で大きな被害をもたらしています。
  3. お薦め銭湯ベスト10
    最近のように寒くなってくると、楽しみたくなるのが「温泉」ですね。
  4. 岩盤浴
    最近のスーパー銭湯には、必ずと言ってもいいほど、“岩盤浴”施設があります。
  5. 大谷翔平
    今、日本中の注目を集めている北海道日本ハムファイターズ大谷翔平選手。