チェルノブイリ事故で脱原発を決意したイタリア国民

 

みなさんは、イタリアには旧ソ連で起きたチェルノブイリ事故の翌年の1987年から現在まで、稼働している原発が1基もないのをご存知でしょうか?

たまたまネットで見つけた記事で知ったんですが、非常に驚きました。
今回は、このイタリアの脱原発や最近のエネルギー事情について、いろいろと調べてみました。

原発先進国だったイタリア国民が下した決断

イタリアは、人口6000万を抱える欧州でも代表的な先進国ですが、国内のエネルギー資源が乏しく、日本同様に海外に依存する典型的なエネルギー小国です。

そのため、早くから原子力発電の研究開発が進められ、 旧ソ連(1954年稼働開始)・イギリス(1956年稼働開始)・アメリカ(1957年稼働開始)に続いて、世界で4番目に早く1963年に原発を稼働させた国なのです。

ちなみに日本では、1970年に稼働した福井県にある関西電力美浜発電所が最初で、実はその翌年には、事故起こした東京電力福島第一発電所が稼働を始めていたのです。


このように当初は原発に前向きだったイタリアですが、1986年に旧ソ連のチェルノブイリで原発事故が起こると、180度国民の意識が変わり、「原発反対派」が圧倒的な多数派になりました。

その背景には、1980年代初頭から高まりつつあった環境意識とチェルノブイリ原発事故による食物の放射線汚染問題があったようです。

出典:brainz.org

その後、1987年に行われた国民投票で「原発の稼働停止」が約8割という結果で支持され、結果的に、1990年には当時イタリア国内にあった4箇所の原発は、すべて稼働停止となったのです。

原発停止後のイタリアは、慢性的な電力不足で、隣国のフランス、スイスなどからアルプス越えで電力を輸入して電力需要をまかなってきてたが、産業界を中心に原発再開を求める声が強まったため、2008年にベルルスコーニ政権は脱原発政策を転換を発表しました。

2011年には、原発再開の是非を問う国民投票行われましたが、その数ヶ月前に起きた福島の原発事故が大きく影響し、結局「原発の稼働停止」が9割以上という結果で再び圧倒的多数で支持されたのです。

この一連の流れを簡単にまとめると、以下の通りです。

  1963年 イタリア初の原発が稼働
  1986年 旧ソ連のチェルノブイリ原発事故発生
  1987年 国民投票で原発の稼働停止に約8割が賛成
  1990年 イタリア国内4カ所の原発全て稼働が停止
  2008年 ベルルスコーニ政権が原発再開の方針
  2011年 国民投票で原発再稼働に9割以上が反対

こう見てくると・・・、

産業界や政治家は、「喉元過ぎれば、熱さ忘れる」と考えていたのでしょうが、
国民は、福島原発事故で「天災は忘れた頃にやってくる」ことを痛感したのでしょう。

このようにして原発を使わないでエネルギーを確保してきたイタリアですが、2015年のエネルギー別発電電力量構成比を見てみると、 様々なエネルギー源をミックスした結果、再生可能エネルギー比率が38.8%まで高まってきています。

イタリアのエネルギー別発電電力量構成比(2015年)
グラフ内は上から、石炭、液化天然ガス、その他の非再生可能エネルギー、
水力、風力、太陽光発電、その他の再生可能エネルギー

脱原発後で様々な苦労を続けてきたイタリアですが、きっと将来、世界に先駆けて脱原発を実現したことが、いろいろ面で功を奏すると思います。

▶▶▶ 原発事故処理費用は、昨年の世界中
    の自然災害の被害額計と同じ
▶▶▶ エネルギー革命で、ドイツは2022年
    には原発ゼロ!
▶▶▶ 世界の国別原発の数と今後の原発動向
▶▶▶ 驚きの日本の人口ピラミッド推移
▶▶▶ 人口ピラミッドから見た世界と日本の
    将来
▶▶▶ 戦後日本の実質経済成長率の推移
▶▶▶ 平成30年間の主な出来事と日本の
    変化?

Ad

意外な事実

  1. 首都東京

    戦後の日本の実質経済成長率の推移

    よくTVや新聞を見ていると、国の経済の状況を現す基準として「実質経済成長率」というも...
  2. 信用できる健康に関する情報源は?

    最近は、健康とか病気をテーマにしたTV番組がたくさん放映されています。
  3. イチロー1

    イチロー選手のこれまでの実績とその引退はいつ?

    今年でプロ野球生活26年で45歳をむかえ、引退の声もちらほら聞こえてくる「イチロー」選手。
  4. 在日米軍の駐留費用負担額

    在日米軍の駐留費用負担額っていくら?

    世界中が「ビッククリ」し、おー騒ぎしている、米国のトランプ新大統領の誕生。
  5. 高さ1kmの超々高層ビル「ジッダ・タワー」

    今春のサウジアラビア国王の来日で、1千人を超える王族や企業幹部らの同行に度肝を抜かれた自分でしたが、...
  6. 2000年の日本の人口ピラミッド

    驚きの日本の人口ピラミッド推移

    来年の2017年には、あの「団塊世代」(1947-1949年生まれ)も、いよいよ70...
  7. 高校サッカー選手権

    第96回全国高校サッカー選手権出場校の選手たちの出身チーム~東日本編

    今回は今年の1月に行われた「第96回全国高校サッカー選手権」の出場校の登録選手たちの出身チームを調べ...

Ad

人気の記事

  1. シャッター街
  2. 青森山田

ピックアップ記事

  1. この夏の8月2日に女性初の新都知事に就任した 「小池百合子」都知事。
  2. ADHD1
    最近、TVや新聞で「ADHD(注意欠陥・多動性障害)」という言葉を見かけませんか?このADHDは...
  3. 地震
    最近、日本国内では大きな地震がたびたび発生し、各地で大きな被害をもたらしています。
  4. ヒットラー
    今年の2月12日は、ドイツの大統領選挙です。
  5. 1990年に始まり、現在では大学志望者のほぼ全員が受験すると言われる「大学入試センター試験」ですが、...