閣議決定や内閣不信任決議案っていったい何?

日本の政治・行政

最近、ニュースで「閣議決定」という言葉や「内閣不信任決議案」という言葉よく耳にします。この閣議決定や内閣不信任決議案とは、いったいどのようなものなんでしょうか?
そこで今回は、この2つの政治用語についていろいろ調べてみました。

スポンサーリンク

閣議決定とは?

まずはじめに、政界では首相(=内閣総理大臣)と内閣を構成する各大臣のことを閣僚と呼び、その閣僚を集まり政府の意思決定をするための会議のことを「閣議」と呼ぶそうです。そして、その閣議は全閣僚の全員一致でしか決議が出来ず、決められたことを「閣議決定事項」と呼ばれて、政府としての統一見解ということになります。
米国やフランスのように大統領がいない日本では、この閣議決定が非常に重要になります。しかし、日本の大臣の多くが無知無能なので、よく安倍首相が国会で口にする「この案件は重要なので、閣議に持ち帰って議論して回答します」というのは、「自分にはよくわからないので、各大臣の下にいる官僚の判断に任せます」と言っているのと同じことなのです。

「非公開の密室」で決められている閣議決定

「非公開の密室」で決められている閣議決定 出典:withnews.jp

国会で法律ができるまでの流れは?

通常、法律ができるまでのプロセスは、簡単に書くと以下のようになっています。

各担当省庁原案を作る
自分たちに都合のいい法案!
 ↓
内閣法制局で審査・修正する
(現在ある法律との整合性チェック!)
 ↓
法案を国会へ提出するため閣議決定する
閣僚に知識がないので素通り!
 ↓
衆院か参院のどちらかに法案が提出される
 ↓
提出された国会で、適切な委員会で審議される
(いくら審議するだけで決定権はない!
 ↓
院で可決される
結局は過半数を持つ与党が可決!
 ↓
もう一方の院(先に審議・可決した院でない方)に回付される
 ↓
もう一方の院で審議される
 ↓
もう一方の院でも可決される
 ↓
天皇が内閣の助言のもと、法律を公布

現在の自民党は、衆議院で単独過半数の議席を持っているため、密室である内閣の閣議で決定された法案は、国会で野党がいくら反対しても、結局のところ可決され法律になってしまうということです。
こうして官僚たちは安倍政権をうまく使いながら、自分たちの好きなように様々な法律を作っているのが現実です。

日本の今の政治って、最低の政治だと思いませんか?
次はそんな最低の政治から、日本を救う唯一の方法である内閣不信任決議案についてです。

内閣不信任決議案とは?

内閣不信任決議案は、国の最高機関として議会が、行政府である内閣に対して信任しないこと(=退陣を求めること)を内容として行う決議で、衆議院にだけ認められている権利です。
現在を例にすると、野党が「安倍内閣はダメ、解散しろ!」と言ってこの内閣不信任決議案を衆議院に上げるということです。

その流れは簡単に書くと以下のとおりです。

衆議院議員50人以上の賛成者が連署すれば発議開始

衆議院本会議で、出席議員の過半数によって決議

否決 ⇒ 何も変わらず!
可決

10日以内に衆議院解散 or 内閣総辞職

ということです。

日本の最高機関である国会の衆議院本会議場

日本の最高機関である国会の衆議院本会議場

ご存知の通り今の衆議院は、全体の465議席のうち、自民党が単独で過半数以上の284議席を占めています。そのため、仮に民進党から内閣不信任決議案が提出され、発議されたとしても自民党が分裂でもしない限り、絶対に可決されることはないのです。

実は、この内閣不信任決議案は、国会の会期末が近づくと、毎年のように野党から提出されているのです。しかし、与党が過半数を占めているため可決されることはほとんどありません
戦後70年以上の長い国会の歴史の中で、内閣不信任決議案可決されたのは次の4件だけで、ここ25年以内はゼロなのです。

  ・1948年12月:自民党吉田茂内閣で可決 →衆議院解散
  ・1953年3月:自民党吉田茂内閣で可決 →衆議院解散
  ・1980年5月:自民党大平正芳内閣で可決 →衆議院解散
  ・1993年0月:自民党宮沢喜一内閣で可決 →衆議院解散

完全に茶番劇とわかっていても、毎年やるしか無い野党はみじめなものですね。

安倍政権は日本を食いつぶしているだけ?
阿部政権は、「景気は良くなってきている」「アベノミクスは順調に推移」と言っていますが、自分には全くその実感がありません。デフレも治るどころか悪化しているとしか思えません。 20...
安倍総理の外遊は税金の無駄遣いでは?
安倍総理は、また外遊しているようです。 今回は、エストニア、ラトビア、リトアニアのバルト3国とブルガリア、セルビア、ルーマニアの東欧3カ国。6カ国とも日本の首相が訪問するのは初...
弾劾裁判でアメリカ大統領を本当に途中解任することはできるの?
米国では遂に、ウクライナ疑惑でのトランプ大統領の弾劾(だんがい)訴追が始まるようです。米メディアは、下院では過半数以上議席を民主党が持っているため、下院本会議で弾劾訴追決議案は可決...
フランスの大統領の任期中の解任はできない?
現在のフランスの大統領は、2017年大統領選挙に勝ち39歳という若さで第25代大統領に就任したエマニュエル・マクロンですが、彼は史上最年少のフランス大統領にも関わらず、これまでのと...
韓国の大統領中心の政治システムはどうなっているの?
何かと騒がしいお隣国の韓国。自分も仕事で何回か行ったことがありますが、中国出張のついでに立ち寄った程度なので、韓国についての詳しいことはほとんど知りません。 そこで今回は、お隣...
世襲でない天皇的存在のドイツ大統領の役割は何?
今年の2月12日は、ドイツの大統領選挙です。 なのに、マスコミでも全然報道されません。 だいたい、ドイツに大統領がいるなんて、自分はつい最近まで知りませんでした。 ・・・とい...
タイトルとURLをコピーしました